ブライトバート

ブライトバート・ニュース「米国弁護士資料:IRSがバイデン家の中国コネクション調査でハンター、ジェームズ・バイデンの銀行記録のためにJPモルガンに大陪審召喚状を出していたことが判明」

Photo 出典元 AP Photo/Carolyn Kaster

米国時間01月30日BREITBART
ブライトバート・ニュース・ネットワーク(Breitbart News Network)は、アメリカ合衆国のオンラインニュースサイトで、ラジオ放送(Breitbart News Daily)も行っています。政治性向は極右であるとして、ニューヨーク・タイムズは同サイトを、虚偽報道、女性嫌悪・外国人嫌悪・人種差別的なサイトと一時批難していましたが、現在では削除しています。彼らを批判しているサイトにもデマは多数ある上、信用に足る根拠が明示されていない場合も多いとされています。同サイトはトランプ大統領の当選に大きな役割を果たしたとされており、アレクサ・インターネットによれば、2014年の時点で世界の報道機関カテゴリーの中で上位50位に入るほどの規模となっています」

by エマ・ジョ・モリス  & マシュー・ボイル
EMMA-JO MORRIS and MATTHEW BOYLE

日本語解説:WAU

「米国弁護士資料:IRSがバイデン家の中国コネクション調査でハンター、ジェームズ・バイデンの銀行記録のためにJPモルガンに大陪審召喚状を出していたことが判明」

記事によると、ハンター・バイデン(バイデン大統領の息子)に対する米国内歳入庁(IRS)の犯罪捜査は、2019年5月の時点で大陪審を招集していたことが、JPモーガン・チェース銀行に出された機密召喚状で明らかになったと言います。

この召喚状は、大統領の弟であるジェームズ・バイデンの銀行記録も求めており、バイデン家の別のメンバーが捜査に関連して浮上するのは初めてのことのようです。

ブライトバート・ニュースが入手した文書では、JPモルガン・チェース銀行を「通信銀行」と呼び、中国銀行を「発信銀行」または「受益銀行」と呼ぶことで、関連する取引の情報を特に要求しています。

この文書は、バイデン大統領が選挙活動を開始した同年春、デラウェア州連邦検事局の連邦検察官が大陪審を設置し、ハンター氏とジェームズ・バイデン氏、そして彼らの仕事仲間であるデボン・アーチャー氏とエリック・シュウェリン氏に関する銀行記録の提出を要求していたことを示すものと思われます。

ハンター・バイデンの犯罪捜査において、連邦捜査官から召喚状が発行されたことは報道されているが、この文書に含まれる詳細な内容はこれまでに報告されていません。

2019年5月20日付で発行されたこの文書は、JPモルガン・チェース銀行にデラウェア州の米国地方裁判所への出頭を命じる召喚状で、

「あなたは、裁判所の大陪審に証言するために、この米国地方裁判所に日時と場所に出頭するよう命じられています」

と書かれています。

加えて、インディアナポリスにあるJPモルガン・チェース銀行の召喚状処理事務所への召喚状にはこう書かれています。

「到着したら、裁判官または裁判所職員が退出を許可するまで、裁判所に留まらなければなりません」

この文書では、JPモルガン・チェース銀行の関係者が2019年6月25日までに出頭して回答を命じることを強制された場所として、デラウェア州ウィルミントンのJ.Caleb Boggs Federal Buildingの法廷を挙げています。

文書は、

「また、以下の文書、電子的に保存された情報、または物を持参しなければなりません」

と続き、メガバンクが裁判所に提供する必要があるものを正確にリストアップした「添付資料A」を指し示しています。

「添付資料A」には、銀行のコンプライアンス担当者に対する以下の指示が記載されています。

「以下のものを提出せよ。以下の名前や口座でのすべての金融/銀行取引に関するすべての記録、文書、および口座。ただし、調査を行う際には、下記の既知の口座のみに範囲を限定せず、未知の口座、関連する口座、署名者、閉鎖された口座も要求されます」

Photo 出典元

召喚状で指定された特定の個人は、ロバート・ハンター・バイデン、ジェームズ・バイデン、デボン・アーチャー、エリック・シュウェリンで、企業名は以下の通りです。

・Owasco
・Skaneateles
・RSP Holdings
・RSP Investments
・RSTP II Alpha
・RSTP II Bravo
・Seneca Global Advisors
・Aqaba International
・Rosemont Seneca
・Burisma Holdings
・Bohai Harvest RST Shanghai Equity
・Robinson Walker
・Hudson West
・European Energy and Infras Group Limited
・Bladen Enterprises Limited

この文書には、複数回にわたって次のような具体的な記述があります。

「この召喚状の存在を本人または第三者に開示してはならない」

デラウェア州連邦検事のデビッド・C・ワイス氏がJPモルガン・チェース銀行の関係者に宛てた書簡には、

「連邦法は「『金融機関の役員』が『直接的または間接的』に…. を通知することは連邦犯罪である」

と次のように明記されています。

「(A)大陪審の召喚状によって記録を求められている金融機関の顧客、または(B)召喚状に記載されているその他の人物に、召喚状の存在や内容、または召喚状に応じて大陪審に提供された情報を通知することは、連邦法上、犯罪となります」

ハンター・バイデンは、大統領選挙直後の2020年12月に、税金詐欺の可能性について連邦政府の調査を受けていることを声明で明らかにしました。当時、Fox NewsやCNNが報じたところによると、捜査は2018年に始まり、ハンターと彼のビジネス関係者が税金やマネーロンダリング法に違反していないかどうかを調べていたといいます。

当時のCNNの報道によると、調査の焦点はハンターの中国やその他の国での関わりや、「防諜上の懸念がある人」との取引でした。この調査は、大統領選の激化に伴って一時中断されていましたが、すべての投票が終了した後に再開されたとされている模様です。

2021年7月にポリティコが報じたところによると、ワイス連邦検事は「大統領選の最中に事件の存在を世間に知らしめない」ために、捜査令状の請求や大陪審召喚状の発行を行わないことを決めて、捜査を一時停止したといいます。

デビッド・C・ワイス検事

Photo 出典元

ハンターの「税金問題」に関する連邦政府の調査は、2021年3月にフォックス・ニュースが進めていると報じ、デラウェア州の連邦検事局は当時、

「ホワイトハウスからの連絡はない」

としていました。

ハンター・バイデンは、2021年4月にCBSとのインタビューで、彼の弁護士がこの件での司法取引に取り組んでいないことを明らかにしました。

「私たちがやっていることは、どんな権威から求められているかわからないが、誰に対しても完全に協力的であることは絶対に確かだ」

とハンターは当時は付け加えています。

この文書を最初に入手したのは、ホワイトハウスのピーター・ナバロの通商・製造業政策室の元アソシエイトディレクターで、2019年から2021年まで勤務していたギャレット・ジーグラー氏がブライトバート・ニュースに提供したものです。

ホワイトハウス勤務の後、ジーグラー氏は「汚職と脅迫を暴く」非営利研究団体マルコポーロを設立し、ハンター・バイデンのノートパソコンについて、独立調査を組み合わせた鑑識綜論を行っているといいます。

「この広範な大陪審の召喚状は、ジョーバイデンの息子と弟が中国銀行の口座から送金を受けたことを示唆しています。疑問なのは、これまでの報道で確認されているように、なぜビル・バー司法長官が直接介入して、デラウェア州の連邦検事によるジョーバイデンの家族に関する調査が、選挙後まで17ヶ月以上も公開されないようにしたのかということです。

デイビッド・ワイス検事とビル・バー司法長官、あるいは司法省内の良心を持った人物が、アメリカ国民のためにこの質問に答えるべきです」

と、ジグラー氏はブライトバート・ニュースに声明を出しました。

前述のポリティコの記事によると、ワイス検事は2019年に、選挙の最中に調査内容が出てくることを嫌って公開しないように手を打ったようで、その後の2020年12月のウォール・ストリート・ジャーナルの記事によると、バー司法長官も同様のことをしたようです。

JPモルガン・チェース銀行がこの召喚令状に協力したかどうかは不明です。

注目すべきは、この召喚令状を受け取った直後に、同銀行の社外弁護士事務所であるポール・ワイス・リフキンド・ウォートン・アンド・ギャリソンLLPが、元米国司法長官のロレッタ・リンチを雇ったと発表したことです。

ロレッタ・リンチ元米国司法長官

Photo 出典元

リンチ氏がこの案件に関与しているかどうかは不明ですが、リンチ氏はJPモルガン・チェース銀行のコンプライアンスに関わる同様の案件を担当したことがあります。

また、現在、この犯罪捜査がどのような状況にあるのかも不明です。

以上。

スポンサー広告
1番安いプロパンガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。