ブライトバート

ブライトバート・ニュース「国連報告書は、 タリバン政権発足後、旧アフガン政権関係者100名以上が殺害されたと発表」

Photo 出典元 by MOHD RASFAN/AFP via Getty Images

米国時間01月31日Breitbart News
ブライトバート・ニュース・ネットワーク(Breitbart News Network)は、アメリカ合衆国のオンラインニュースサイトで、ラジオ放送(Breitbart News Daily)も行っています。政治性向は極右であるとして、ニューヨーク・タイムズは同サイトを、虚偽報道、女性嫌悪・外国人嫌悪・人種差別的なサイトと一時批難していましたが、現在では削除しています。彼らを批判しているサイトにもデマは多数ある上、信用に足る根拠が明示されていない場合も多いとされています。同サイトはトランプ大統領の当選に大きな役割を果たしたとされており、アレクサ・インターネットによれば、2014年の時点で世界の報道機関カテゴリーの中で上位50位に入るほどの規模となっています」

by フランシス・マーテル
FRANCES MARTEL

日本語解説:WAU

「国連報告書は、 タリバン政権発足後、旧アフガン政権関係者100名以上が殺害されたと発表」

フランシス・マーテル氏の報告によると、AP通信は、国連が入手したとする報告書を引用し、国際機関が、アフガニスタンのジハード主義グループ「タリバン」がアフガニスタンを占領して以来、100人以上の元アフガニスタン政府高官や消滅したアフガニスタン軍のメンバーが死亡したことを示す証拠を持っていると、月曜日に発表したと言います。

このAP通信の報告は、12月に国連のナダ・アルナシフ人権担当副高等弁務官が行ったブリーフィングに沿ったもので、

「アフガニスタンの旧国家治安部隊や旧政府関係者が100人以上殺害され、そのうち少なくとも72人はタリバンによるものである」

ことが確認されたとしています。

タリバンのテロリストの手による数十人の死は、8月にテロリストグループのスポークスマンが約束した、アフガニスタン国家防衛・治安部隊(ANDSF)またはアフガニスタン政府に所属していた者、または20年間の米国の駐留中に米国に協力した者は、ジハード主義者からの「復讐」を受けることはないという約束に続くものだと言います。

ナダ・アルナシフ人権担当副高等弁務官

Photo 出典元

タリバンは、そのような人々が国内に留まり、国内の経済に投資して、タリバンとアフガニスタンを豊かにするよう熱心に勧めてきました。

国連は、アフガニスタンの人道的状況は現在非常に悲惨であり、何千人もの人々を極度の貧困と死に追いやることになると主張し、タリバンへの投資を世界に促しています。

8月15日、アシュラフ・ガーニ前大統領がヘリコプターで国外に脱出し、首都カブールをジハード主義者グループに明け渡して以来、タリバンがアフガニスタンを運営しています。

タリバンは、ジョー・バイデン大統領がアフガン戦争を合意されていた終了日である5月1日から9月まで延長すると発表し、ホワイトハウスがタリバンとの間で交わした取引を破棄した後、政権復帰のための国家的努力を開始しました。

この戦争では、兵士が降伏したり、隣国のタジキスタンに集団で逃亡したりしたため、ANDSFの携帯電話ネットワークは消滅しています。

APは月曜日に、入手した報告書には国連のアントニオ・グテーレス事務総長の署名があり、グテーレス事務総長は、タリバンが政権に復帰して以来、記録されている殺害事件の「3分の2以上」「タリバンによる超法規的殺人」であると述べていると報じました。

また、グテーレス事務総長は、タリバンが「イスラム国」との関係が疑われる人物の処刑をさらに50件記録していることも指摘していると言います。

「イスラム国」のアフガニスタン支部である「イスラム国ホラーサーン州」(ISIS-K)は、イスラム教スンニ派のイデオロギーを共有しているにもかかわらず、特にアヘン栽培地域の支配をめぐってタリバンと長年にわたって戦いを繰り広げています。

8月にカブールの国際空港で起きた爆破事件では、タリバンの支配から逃れようと飛行機に乗ろうとしたアフガニスタンの人々が、米国の軍人13人を含む200人の命を奪ったとして、タリバンはISIS-Kを非難しています。

また、AP通信が入手したグテーレス報告書には、多数の、

「強制失踪、および生命と身体の一体性に対する権利に影響を与えるその他の侵害」

が記録されているとされています。

タリバンによる攻撃の対象となったのは、特にジャーナリストや公人、そして一般的には女性や少女でした。APが発表した8月以降の殺害数は、12月に国連が発表した数字と大きな違いはないようです。


写真は、2021年8月15日、アフガニスタンのカブールで、アシュラフ・ガーニ大統領が国外逃亡した後、タリバンの戦闘員がアフガン大統領府を制圧した様子。

Photo 出典元

報告書は、

「旧政府のために働いた者や旧政府を擁護した者に対する一般的な恩赦が発表されているにもかかわらず、殺害、強制失踪、その他の違反行為が司法によって対処されていないという信憑性の高い申し立てを受け続けています。さらに、政治的敵対者や市民社会の代表者、反対意見を述べる人々を拘束するケースが増えています」

と述べ、アフガニスタンの状況を「長期的には持続不可能」と指摘しています。

タリバンのスポークスマンであるザビフラ・ムジャヒッドは、タリバンによるカブール制圧後の最初の記者会見で、自分たちのグループは敗戦政府に関連する個人を報復殺人することはないと明言していました。

「翻訳者であろうと、軍事活動をしていようと、民間人であろうと、すべての同胞が重要な存在であることを保証したい。誰も報復されることはありません。才能のある若者も、この国で育った若者も、この国出身の若者も、出て行ってほしくないのです。彼らは我々の資産であり、ここに留まって奉仕してもらいたいのです」

とムジャヒッド氏は語っていました。

さらに同氏は、現在、国連などの機関が定期的に記録している状況は起こらないと明言し、

「我々は、誰も彼らのドアをノックして検査したり、誰のために働いているのか、誰のために通訳しているのかを尋ねたり、尋問したりしないことを保証したいと思います」

と述べていました。


写真は、2021年8月19日、アフガニスタンのカブールでパトロール中のタリバン戦闘員が旗を掲げている様子。アフガニスタンでのタリバンの勝利は、隣国パキスタンの過激派を後押しした。TTPとして知られるパキスタンのタリバンは、アフガニスタンとの国境沿いの部族地域で勢力を伸ばしている。(AP Photo/Rahmat Gul, File)

Photo 出典元

タリバンの指導者たちは、復讐の代わりに、アフガニスタンの人々の多様性を代表する「包括的な」政府を作ると言いましたが、タリバンの指導者たちは、自分たちのため、あるいはアルカイダと結びついたハッカニネットワークの同盟者のために、すべての上級職に就いているため、そのような政府はまだ実現していません。

ハッカニネットワーク

はアフガニスタンのイスラム教ゲリラ反政府組織で、同名の一族を中心に構築されており、1980年代にはソ連軍と、21世紀にはアメリカ主導のNATO軍やアフガニスタン・イスラム共和国政府と戦うためにアフガニスタンで非対称戦争を行ってきました。

タリバンの「半自治的」な分派とされています。 アフガニスタン東部とデュランドラインを越えたパキスタン北西部で最も活発に活動しています。(詳細

以上。

スポンサー広告
プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。