ブライトバート

ブライトバート・ニュース「米ペンシルバニア州裁判所が郵便投票を違憲と判断、選挙の公平性に勝利」

Photo 出典元 Matt Slocum, File/AP

米国時間01月24日Breitbart News

ブライトバート・ニュース・ネットワーク(Breitbart News Network)は、アメリカ合衆国のオンラインニュースサイトで、ラジオ放送(Breitbart News Daily)も行っています。政治性向は極右であるとして、ニューヨーク・タイムズは同サイトを、虚偽報道、女性嫌悪・外国人嫌悪・人種差別的なサイトと一時批難していましたが、現在では削除しています。彼らを批判しているサイトにもデマは多数ある上、信用に足る根拠が明示されていない場合も多いとされています。同サイトはトランプ大統領の当選に大きな役割を果たしたとされており、アレクサ・インターネットによれば、2014年の時点で世界の報道機関カテゴリーの中で上位50位に入るほどの規模となっています」

by ウェンデル・ハセボ
WENDELL HUSEBO

日本語解説:WAU

「米ペンシルバニア州裁判所が郵便投票を違憲と判断、選挙の公平性に勝利」

ウェンデル・ハセボ氏の記事によると、5つの裁判所に所属する3人の保守派の裁判官は、2020年に250万人(その大部分が民主党員)の郵送による投票を認めたとされるペンシルバニア州の2019年制定「拡大郵便投票法」を取り消したことを伝えています。

「拡大郵便投票法」は、1839年と1923年に成立した選挙法に基づいて、裁判所は立法府の法律を違憲と判断し、ペンシルバニア州の憲法は、当時、郵便投票を認めるために変更する必要があると判断していました。

しかし、今回の裁判で、

「ペンシルバニア憲法は、有資格選挙人が不在者投票の憲法上の例外に該当する場合を除き、選挙日に指定された投票所で直接投票用紙を提示することを求める」

とした判決を読み上げました。

2019年、共和党が支配する議会は、病気や身体障害などの追加的な理由による郵送投票を認めることを決議しましたが、判事はこれを州憲法上の違憲と判断していました。

これを受けて、トム・ウルフ州知事(民主党)は、直ちにこの判決を州の最高裁判所に上訴することを発表し、

「行政はこの判決を直ちに州最高裁判所に上告し、上告への最終決定が出るまでは、今日の下級裁判所の判決が郵便投票に直ちに影響を与えることはない」

と述べています。

トム・ウルフ州知事

Photo 出典元

この判決は、今年11月の選挙に影響を与える可能性があり、ペンシルバニア州の住民が、上院が半々に分かれている中で、新知事と連邦上院議員を熱戦の末に選出することを意味します。

2020年、ペンシルバニア州でバイデン大統領に1.2%の差で敗れたドナルド・トランプ氏は、このニュースを祝して次のように声明を発表しました。

「ペンシルバニアからのビッグニュース、素晴らしい愛国心が誰も考えていなかったレベルで展開されている。アメリカを再び偉大に!」

NBC 10 Philadelphiaによると、2020年に行われた690万票のうち、250万票が郵便投票で、その郵便投票のほとんどが民主党員によって行われたとのことです。

共和党の候補者やトランプの支持者は、2020年後半にこの件を問題視し、選挙日前後に訴訟を起こそうとして失敗していました。

当時彼らは、バイデンや他の民主党候補者が合法ではない投票の恩恵を受けていると主張し、民主党はこれらのペンシルバニア州の投票のいずれかが不適切に行われたという考えを「大きな嘘」の一部と呼んで突き放していました。

今回、選挙の統合性を支持する判決を下したのは、ペンシルバニア州だけではなく、1月には、ウィスコンシン州でも、2020年の大統領選挙で使用された不在者投票投函箱違法とする判決が下されています。

この判決では、いわゆる「超党派」の委員会が、伝統的なルール作りのプロセスを踏まずに、一方的にドロップボックスのガイダンスを地方の選挙管理者に出すべきではなかったと明記されているとのことです。

ウィスコンシン州の政治および政府のニュースを取り上げたオンラインマガジン、WisPolitcs.comによると、事務局は653,236票の期日前投票を受け付けましたが、130万人が不在者投票を投函箱で受け付けたという投票数は記録されていないといいます。

一方、ジョージア州の選挙管理委員会も、2020年の選挙で違法な投票用紙採取の可能性があるとして調査を開始しています。

トランプ前大統領ジョージア州で12,000票の差で敗北した一方で、テキサス州ヒューストンを拠点とする保守派の投票監視団体True the Voteは、11月30日、ジョージア州下院議員、ブラッド・ラフェンスパーガー氏の事務所に訴状を提出しました。

Just the Newsによると、その内容は、242人が郵便投票用紙を投函するためにドロップボックスに訪問し、そのうち約40%が深夜から午前5時の間に行われたというデジタルデータの詳細について書かれたものだと言います。

True the Voteの証拠は、2020年のパンデミック中5,662カ所の投票所で個人が投票用紙を投函している様子を示すビデオと相関した電話データを詳細に報告しています。

この事件は、ペンシルバニア州連邦裁判所の「McLinko v. Pennsylvania, No.293 M.D. 2021」で見ることができます。

ブラッド・ラフェンスパーガー氏は、2020年11月の米国大統領選挙の余波で全国的な注目を集めたジョージア州の下院議員です。

ドナルド・トランプ大統領は、挑戦者のジョー・バイデンに選挙で敗れ、ジョージア州も失った後、トランプ氏は敗北を認めず、不正行為があったと虚偽の主張をしました。その際、トランプ氏は、選挙結果を覆して自らの権力を維持するために、長期にわたるキャンペーンを展開しましたが、最終的には失敗に終わりました。

このキャンペーンの一環として、トランプ氏は2021年1月2日に、ジョージア州の票数をトランプ氏に有利なように変更するようラフェンスペルガー氏に電話をかけ説得しようとしたとして、ラフェンスペルガー氏は、トランプ氏からの圧力に抵抗し、退任する大統領の主張が虚偽に基づいていると証言していました。詳細

ブラッド・ラフェンスパーガー下院議員

Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
10秒で99.9%の強力スピード除菌!【スーパーM】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。