オピニオン

オピニオン「トランプ氏がいまでも共和党のリーダーである3つの理由」

写真は、2021年10月30日、ジョージア州アトランタで開催されたヒューストン・アストロズとアトランタ・ブレーブスのワールドシリーズ第4戦(トゥルイスト・パーク)の前に手を振るドナルド・トランプ元大統領。(Photo by Michael Zarrilli/Getty Images) 出典元

オピニオン記事;

By コリン・プルート
Collin Pruett
The American Conservativeのオペレーション担当兼ライター/トランプ政権の最年少政治任用者の一人。広範な草の根活動の経歴を持つ。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

「トランプ氏がいまでも共和党のリーダーである3つの理由」

グレン・ヤングキン氏がバージニア州で圧勝し、ニュージャージー州での接戦の後、保守派の専門家たちは、トランプ前大統領を捨てて、新しい保守派の旗手にまとまる時が来たと言い始めました。

その声は、もはやネオコン知識人の一人、ビル・クリストルのような「ネバー・トランプ」の売名奴だけではなく、マイク・サーノビッチウィル・チェンバレンマット・ウォルシュのような新右派の識者も含まれていました。

これは重要な進展であり、歴史的な移行となる可能性の初期の前兆かも知れません。

「トランプからの脱却」陣営があらゆる面で勢いを増している中、問題は「何」に、あるいは「誰」に向かって動いているのかということです。

ほとんどの支持者は名前を提示する準備ができています。フロリダ州知事のロン・デサンティスは、後継者として人気があるようです。

共和党のジョシュ・ホーリー議員(ミズーリ州)、トム・コットン(アーカンソー州)、マルコ・ルビオ(フロリダ州)、テッド・クルーズ(テキサス州)は、新右派の間では一般的によく知られています。

エスタブリッシュメントの間では、ニッキー・ヘイリー元国連大使やティム・スコット(サウスカロライナ州)上院議員がまだ注目されています。

一方、アーカンソー州知事のエイサ・ハッチンソンは、2024年の招致に向けて資金調達をしているとの噂もあると報道されています。

個人的には、これらの候補者の名前が気に入っています。彼らは、「アメリカ・ファースト」運動における私の信念の多くを共有しています。

しかし、決定的なのは、どの候補者もトランプ大統領を見捨てるに足る経歴や実績を持っていないということです。

先に断っておきますが、今はまだ2021年後半であり、2024年の選挙の議論を始めるのは2022年の中間選挙が終わってからであるべきです。

状況や政治はめまぐるしく変化し、2024年にはこの話は全く無意味なものになっているかもしれません。とはいえ、この議論の基調と、前大統領を傍観しようとする奇妙に早い取り組みは、議論するに値するものです。

そのために、新右派が安心してトランプ大統領に代わる候補者を探すために、答えなければならない3つの重要な質問を紹介します。

第一に、どの候補者が「アメリカ・ファースト」の全体像を受け入れるのか?

トランプ大統領の後継者を目指す候補者にとって、トランプ大統領の政策を受け入れることは、最も明白な角度となっています。

デサンティス州知事は、2020年に「コロナ」の乱発を阻止するために活動し、全国的なスターダムにのし上がったことで、このカテゴリーで早くもリードしています。

この地位に就いてからは、批判的人種理論の禁止、法執行機関への支援、一般的な経済改革の全面的な受け入れなど、自分の経歴を熱心に増やしてきました。

左翼資本家へのさらなる抵抗と、ビッグテック新興財閥との戦いを厭わない姿勢は、知事を成功へと導いています。しかし、彼にはまだ問われていない問題があります。

移民問題はどう考えているのでしょうか?

他の共和党員と同様に、彼は不法移民に対して厳しい姿勢を貫いています。

しかし、トランプ大統領に代わる適切な人材には、大量の合法的移民という悪質な問題にも取り組む姿勢が必要です。

この点について、彼の記録は曖昧です。

彼は議会でビザ許可の拡大に賛成し、知事になってからはこの問題をほとんど完全に避けています。

アメリカ・ファースト運動は、この重要な問題に対するコミットメントを得る前に、候補者を全面的に支持することはできません。これまで何度も失望させられてきたからです。

他の新右派の候補者については、その欠点は多岐にわたります。

コットン上院議員は、社会政策、犯罪問題、移民問題に優れています。また、コストのかかる海外での戦争を嫌うトランプ大統領を見捨てる可能性が最も高い候補者でもあります。

クルーズ上院議員は、リバタリアン的なティーパーティー傾向が残っており、アメリカ・ファーストの貿易や製造業の政策とは対立します。

ルビオ上院議員は、アメリカ・ファーストの経済改革を唱えていますが、移民制限については最低の態度を維持しています。

上院議員になってまだ日が浅いホーリー上院議員は、今後数年間で実績を積み上げていく必要があります。

現段階では、それぞれの後継者候補に未解決の問題があることを考えると、保守派は、実績のある政策立案者が就任する前にトランプ大統領を追い出すことは控えるべきでしょう。

第二に、別の候補者がトランプ大統領よりも巧みに様々な層とコミュニケーションできるかどうか?

すべての家庭的な主婦にとってトランプ大統領は悪夢です。

エスタブリッシュメントは富裕層の党になりたがり、貧困な人々と党を共有することを嫌います。

どちらかが譲歩しなければなりません。エスタブリッシュメントにとっての問題は?

大衆的な人たちは、富裕層の党にはできないようなことをします。

正しいアピールをする候補者がラストベルトの労働者階級とアトランタ郊外を獲得できるという希望があり、私もそれが正しいことを願っていますが、2022年まではテストケースがないのです。

これらの候補者の特徴を考えると、トランプ大統領は、依然として型破りで歴史的なコミュニケーターです。

トランプ氏のスタイルの欠点は明らかですが、保守派は彼のユニークな魅力と、それがもたらす変革の力を忘れてはいけません。

トランプ大統領は、人種や信条を問わず、労働者階級の人々を彼の「アメリカ・ファースト」運動に引き込みましたが、これは共和党の既成概念が何度も失敗してきたことでした。

トランプ大統領の当選が示唆する「再編」は、トランプ大統領なしではまだ実現できないかもしれません。

歴史上、かつてなく不人気のバイデン政権を打倒する絶好のチャンスを、トランプ後の選挙理論を試すために無駄にしてしまうのは、致命的な誤算と言えるでしょう。

第三に、トランプ以外の候補者が「左翼的な政権」にとって脅威となるのか?

2016年の選挙後、民主党が狂ってしまったのには理由があります。

ロシア詐欺、2度の弾劾、暴動と革命の夏は、左派がトランプがもたらした実存的な脅威と理解していたことへの対応でした。

トランプ大統領は、支配者層と対立する立場に身を置き、アメリカの中間層との約束をほぼ実現しました。

トランプ氏が執務室から政策を実行するのが難しかったことは認めます。

スタッフの配置や制度的な知識、そして根拠のない間違いが彼の1期目の多くを苦しめました。

しかし、これらのミスがあったとしても、トランプ氏がワシントンに繰り返しショックを与える可能性が最も高い人物であることに変わりはありません。

中国、貿易、製造業、移民管理は、彼が国民に認識させた問題であり、さらに重要なことに、アメリカが勝者であることを証明しました。

彼のポピュリストとしての血統は、彼に取って代わろうとしている知事や上院議員、そして多くの志願者の中でも比類のないものです。

2016年以降、共和党が「アメリカ・ファースト」の原則を主張するのは簡単です。結局のところ、それは勝つための原則であり、政治家は何よりも勝つことを好むからです。しかし、保守派は「口先だけで行動しない」政治家を選ぶことの代償を忘れてはならないのです。

早まった愛称は、しばしば愛称をつけた人に噛みつくことになります

保守派の活動家や選挙で選ばれた人たちは、トランプ氏を早々に党から追い出そうとする前に、よくその事を考えるべきだと思います。

彼ら(主に共和党を支持するエスタブリッシュメント)はトランプ後の新右派の可能性が高いと信じているかもしれないが、その可能性は上にも下にもあることを忘れてはならないのです。

決断する前に、トランプ氏の言葉を思い出してみてはどうだろうか。

「たまに来る最高の投資の機会を、あなたは無視するものです。」

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です