ニューズマックス

ニューズマックス「米国議会中国委員会、2022年北京オリンピックの延期と中国選手団の参加禁止をIOCに求める」

Photo 出典元 (Alain Lacroix/Dreamstime.com)

米国時間10月22日08:44 PMニューズマックス
by チャールズ・キム
Charles Kim
ニューズマックス:フリーライター

日本語解説:WAU

米国議会中国委員会、2022年北京オリンピックの延期と中国選手団の参加禁止をIOCに求める

記事によると、中国問題に関する連邦議会・行政府委員会の共和党トップであるマルコ・ルビオ上院議員クリス・スミス下院議員は木曜日、国際オリンピック委員会:IOCに書簡を送り、2022年の北京オリンピックを延期し、中国政府による大量虐殺の報告を受けている同国のチームの参加を禁止するよう求めました。

「中国の大量虐殺に反対することは、政治的な判断ではなく、道徳的な判断であり、その責任に関しては、IOCには何の免除も存在しない。モラル問題に対して中立であることは言葉の上では矛盾しています。あなた方に求められているのは、中国当局が大量虐殺を積極的に行っているにもかかわらず、首都でオリンピックを開催するという名誉を与えることを拒否することです」」として、議員たちは書簡に書いています。

マルコ・ルビオ上院議員

Photo 出典元

クリス・スミス下院議員

Photo 出典元

米国は、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル人に対してジェノサイドを行っていると非難しています。

6月のBBCの記事によると、ウイグル人の人口は約1,200万人で、ほとんどがイスラム教徒で、彼らは独自の言語を持っていますが、現在この地域の人口は半分近くまで減少し、ウイグル人に対する人権侵害の疑惑の中には、中国政府に拘束されているウイグル人が「再教育」キャンプに入れられて虐待やレイプを受けているという報告もあります。

IOCは開幕まであと4ヶ月となって、中国による残虐行為の可能性があるにもかかわらず、これ以上の対応をしないことで、一部のスポンサーから反発を受けています。

IOCのスポークスマンであるマーク・アダムス氏は、7月にAP通信に対し、

「我々の責任は、世界にとって素晴らしいものである大会を提供することです。それが私たちの責任です」

「中国のこの問題に対処するのは、オリンピックを強く支持してきた国連や各国政府など、他の組織の責任であり、我々の責任ではありません。オリンピックへの多様な参加を考えると、IOCは中立でなければなりません。それは明らかです」と述べています。

ルビオ議員とスミス議員の手紙は、この宣言に問題があるとしています。

マーク・アダムス氏

Photo 出典元

「北京がいかにオリンピック憲章とIOC倫理規定の精神を裏切っているかについては、もっと多くのことが言えますが、この点については強調する必要はありません」と書簡には書かれています。

IOCは以前にも同じことをしているので、何をすべきか分かっているはずです。

IOCは、2019年、ドーピングのためにロシアチームを4年間追放しました。

2012年にはインドチームを汚職問題で追放しました。

2000年にアフガニスタンチームを参加禁止にしたのは、タリバンが女性や少女を差別していたことが一因です。

「このような不正行為がオリンピックからチームを追放する理由になるのであれば、大量虐殺も同様の対応を取るべきでしょう」両議員は述べています。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です