ニューズマックス

ニューズマックス「米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシート縮小。その仕組みとは?」

Photo 出典元 Engraving Bureau (AP)

米国時間11月03日Newsmax の記事より
via 2021 Thomson/Reuters.

日本語解説:WAU

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシート縮小。その仕組みとは?

米国連邦準備制度理事会(FRB)は水曜日、資産購入プログラムの縮小を今月から開始すると発表し、コロナのパンデミックから経済を守るために2020年3月に導入された緊急金融政策の緩和策の第一の柱を取り除くことになりました。

ここでは、FRBがなぜ、どのようにしてこの危機時代の支援の重要な要素を削減するのか、そしてそれが今後のバランスシートの規模にどのような意味を持つのかを説明します。

FRBの資産購入プログラムとは?

FRBはパンデミックの発生以来、量的緩和(QE)と呼ばれるプロセスで、長期金利を引き下げ、金融環境を緩く保ち、需要を喚起するために、2007年から2009年の金融危機と景気後退の後に用いられた手法と同様に、何兆ドルもの国債と住宅ローン担保証券(MBS)を大量に買い取ってきました。

現在、FRBは毎月800億ドル(約9兆円)の国債と400億ドル(約3.6兆円)の住宅ローン担保証券を購入しています。このプログラムを開始して以来、FRBのバランスシートは4.4兆ドル(約500兆円)から8.6兆ドル(約980兆円)に拡大しました。

8兆ドルの国債と住宅ローン担保証券が、FRBの総保有額のほとんどを占めています。

なぜ買い入れの縮小を始めるのか?

今年の景気は、1980年代以降で最も速いペースで拡大しており、もはやそのような極端な支援は必要なく、このまま続ければ害になる可能性があります。

例えば、住宅ローンの低金利が住宅価格の高騰をもたらしたが、現在経済を悩ませている問題はほとんどが供給の問題であり、債券購入が最も直接的に影響を与える需要は好調で、衰えを見せていません。

「FRBは、経済が本当に強いからやっているのだ。経済はそれだけで立ち上がることができる。」

元FRBのエコノミストで、経済顧問会社マクロポリシー・パースペクティブスの社長であるジュリア・コロナド氏は、と述べています。

ジュリア・コロナド氏

Photo 出典元

縮小の効果は?

FRBは、11月中旬から12月にかけて、財務省証券の購入額を100億ドル(約1.1兆円)、住宅ローン担保証券の購入額を50億ドル(約5,700億円)削減することを発表しました。

このペースは今後も続くと予想されており、来年6月までには債券購入を完全に終了することになります。

グローバル経済予測をする、オックスフォード・エコノミクスの米国担当チーフエコノミスト、キャシー・ボスティヤンチッチ氏は、

「金融市場を揺さぶり、(市場の)金利が(自然に)高くなるのを避けるために、FRBは一度にすべての債券購入を停止しない」

と述べています。

また、当局は必要に応じて買い入れのペースを速めたり遅めたりすることも可能であるとしています。

予想される8ヶ月間の縮小のペースも前回よりはるかに速く、これは数十年ぶりの急激な回復に対するFRBの自信と、インフレが持続的に高まれば来年にはゼロ付近からの利上げが可能な状態にしておきたいという願望を示していると言います。

キャシー・ボスティヤンチッチ氏

Photo 出典元

FRBのバランスシート政策の今後は?

来年6月までに、FRBのバランスシートは9兆ドル(約1,000兆円)強となり、そのうち約8.4兆ドル(約957兆円)は10年以上前の金融危機に遡る複数回の量的緩和に関連する債券となります。

問題はその後に何をするかです。

前回、FRBは主要な短期金利(FRBファンドレート)を上げ始めた2年後にバランスシートの縮小に着手したが、これは有価証券が満期になっても交換しないことによるものでした。

FRBウォッチャーは、中央銀行は今回も忍耐強く、消極的になるだろうと考えています。

その結果、銀行の準備金需要がFRBの供給量を上回り、短期金融市場の変動を引き起こし、金融市場の機能を改善するためにバランスシートを再び増やさざるを得なくなりました。

この記事の続きを詳しく読む>>>

FRBがUターンしたのです。

しかし、バランスシートを減らすことになりますよね?

「必ずしもそうではありません。前回、FRBがバランスシートの縮小に注力したのは、バランスシートが未検証の政策手段であることに違和感があったからです。

大不況以降、バランスシートを政策の柱として2度使用したことで、当局者は、次の不況ではバランスシートが持ち出され、ツールキットの1つになることを理解しています」

とコロナド氏は言います。

パウエルFRB議長がすでに表明しているオプションの1つは、バランスシートを安定的に維持し、経済がそれに合わせて成長するのを待つというものです。

国内総生産が成長すれば、バランスシートはGDPに占める割合が実質的に縮小し、時間の経過とともに影響力が低下します。

現在、名目GDPに占めるバランスシートの割合は現在36%近くあり、パンデミック前の約2倍となっています。

一方で、恒久的にバランスシートを大きくしすぎると、次の不況時にはその効果が限定され、FRBが再びバランスシートを縮小するようになる可能性があると主張する人もいて、誰も確信が持てないでいるのです。

ドイツ銀行の米国チーフエコノミスト、マシュー・ルゼッティ氏は次のように述べています。

「これらの数字は、どう見ても大きい。これらの政策手段の一部を時間をかけて『正常化』することを考える理由がある。次回の量的緩和の余地が大きくなるという意味で、おそらくFRBはメリットを感じるだろう」

マシュー・ルゼッティ氏

Photo 出典元

連邦政府の政策担当者は何を言っているのか?

これまでのところ、決定的な意見を述べている政策担当者はほとんどいません。

クリストファー・ウォーラーFRB総裁は先月、今後2、3年の間にバランスシートを縮小し、前回と同じように満期を迎えた証券を削除させることを求めました。

カンザスシティ連銀のエスター・ジョージ総裁は9月、

「FRBは大規模なバランスシートを維持することで長期金利を低く保ちつつ、FRBファンドレートの引き上げで刺激策に対抗することを望むかもしれない」

と述べました。

しかし、そうするとイールドカーブが反転するリスクが高まり、バランスシート縮小の論拠となるとジョージ氏は述べており、今後数ヶ月の間に議論を深めていく中で、FRB当局が直面する難問を端的に示しています。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です