ニューズマックス

ニューズマックス「トランプ氏の2024年の出馬を阻止しようとする民主党:本当に恐ろしい」

Photo 出典元 (Getty Images)

米国時間01月07日Newsmax
by マリサ・ハーマン
Marisa Herman
出版業界での勤務経験を持つ、経験豊富なアソシエイト・エディター。ジャーナリズム、インタビュー、新聞、APスタイルブックに精通しています。フロリダ大学でジャーナリズムを専攻し、メディアとコミュニケーションのプロとして活躍。

日本語解説:WAU

「トランプ氏の2024年の出馬を阻止しようとする民主党:本当に恐ろしい」

マリサ・ハーマン氏の記事によると、米国民主党は、ドナルド・トランプ前大統領がホワイトハウスに戻るのを阻止するために熱心に取り組んでおり、一部の議員は、南北戦争後の憲法改正を利用してトランプ氏の政権復帰の道を阻もうとしていると報じられていますが、政治アナリストは、これらの取り組みは民主党の盲目的な夢に過ぎず、2024年の選挙戦に実質的な影響を与えることはないだろうと述べていると伝えています。

The Hillによると、約10名の民主党議員のグループは、2020年1月6日の連邦議会議事堂の乱入はトランプ氏に責任があると主張し、トランプ氏の再出馬を禁止するために修正第14条の第3節を使う可能性を公私ともに提起していると言います。

この修正条項は、

「暴動や反乱に関与した役職者は、将来の役職に就く資格を失う」

としていますが、事件から1年を迎えた今週、既成メディアでは1月6日のドラマチックな回想が繰り広げられている中、民主党には次の要因が立ちはだかっていると伝えています。

1.トランプ氏は、1月6日の事件を扇動した容疑で弾劾された後、最終的に上院で無罪となった。
2.トランプ氏は、複数のツイッターメッセージとビデオを送り、国会議事堂での平和的な行動を群衆に促している。
3.この事件に関連して逮捕された700人以上の人々の中に、暴動の罪で起訴された者はいない。

これらを総合すると、左派が憲法修正第14条を使ってトランプ氏を不適格とすべきだと主張するのは難しいだろうと複数の政治家は言います。

尚、トランプ氏は、2024年の大統領選への出馬を検討していることを何度もほのめかしていますが、大統領執務室への復帰を求めているという公式な宣言はまだしていません。

ヒューストン在住の政治アナリスト、ヴラド・ダヴィデュク氏は、

「左派とその民主党の盟友が、トランプ氏の大統領復帰の可能性さえも阻止しようとする様は、実に恐ろしく、馬鹿げている」

と称し、

「左派がアメリカに抱く全体主義的なビジョンにとって、トランプ氏の存在は脅威であるため、民主党はトランプ氏の可能性を終わらせることに執着しており、トランプを失脚させるために憲法修正第14条の一部を追求しているほどだ」

「当時の南部連合の指導者たちが公職に就けないようにするために成立した修正条項を、2020年の選挙結果を受け入れることを拒否したトランプ氏などを出入り禁止にするために利用することはできません。左派は、トランプ氏が二度と公職に就けないようにするために、あらゆる手段を使おうとしているのでしょう」

と述べています。

ヴラド・ダヴィデュク氏

Photo 出典元

ロサンゼルスを拠点とする共和党戦略家のアンソニー・アンジェリーニ氏は、

「民主党が何らかの形で修正第14条を行使しようとするのは間違いない」

と同意していますが、そのための法的な道筋が不確かで、幅広い支持を得られそうにないとしてもですと言います。

アンジェリーニ氏は、ギリシャ神話に登場するタンタロス王を、現代の民主党に当てはまる寓話として取り上げ、議会のリベラル派について次のように述べています。

「遠い道のりではありますが、確実に試みるでしょう」

しかし、成功の可能性がどうであれ、政府機関が誰かの大統領選への出馬を禁止する方法は、技術的にはいくつかあるとアンジェリーニ氏は言います。

ひとつは、トランプ氏が立候補を申請するまで待って、司法機関で問題を解決するというもので、アンジェリーニ氏はこれを「最もわかりやすい方法」と考えています。

また、議員が独自に行動したい場合には、議会法によってトランプ氏の出馬を禁止することも考えられると言いますが、これは非常に難しく、前例のないことだとアンジェリーニ氏は述べています。

民主党は、「トランプ氏が選挙の正当性を疑う雰囲気を作り、公然と反乱を助長した」と主張する一方で、

「共和党の行動は、デモ隊が連邦政府の建物に侵入して破壊行為を行った例を含め、多くの主要都市で起きたブラック・ライブズ・マターの暴動の際の多くの民主党員の行動と変わらない」

と主張しており、「反乱」の定義を巡って議論が紛糾するだろうと予測しています。

また、1月6日の暴動後、感情が最も高ぶっていた数週間の間に、上院がトランプ氏を有罪にするのに十分な票を集めることができなかったことを考えると、同じ問題で過半数の票を集めることは、再び失敗する可能性が高いと述べています。

アンソニー・アンジェリーニ氏

Photo 出典元

3つ目の選択肢は、各州に任せるというものです。

「連邦政府は、州が投票用紙に記載するための要件を決定し、実施することを可能にしています」

と彼は言います。

ニューヨークやカリフォルニアなどのリベラルな州では、トランプ氏の名前を投票用紙に載せないようにする動きが活発化するかもしれませんが、トランプ氏が「競争力のある州」では、トランプ氏の出馬を禁止する法案が可決される可能性は低いだろうと彼は言います。

最終的には、憲法修正第14条の発議が「大きな力を得る」とは予測できないと述べました。

しかし、「(民主党が)少なくとも試みないとしたら、私はショックを受けるだろう」と付け加えています。

以上。

スポンサー広告
最短距離で目標達成へ「スピークバディ パーソナルコーチング」

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です