フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「6人の博士がバイデンにコロナ戦略の変更を迫る:シャットダウンではなく、共存するための方法」

Photo 出典元

米国時間01月07日FOX NEWS
by ロン・ブリッツァー
Ronn Blitzer
政治レポーター

日本語解説:WAU

「6人の博士がバイデンにコロナ戦略の変更を迫る:シャットダウンではなく、共存するための方法」

ロン・ブリッツァー氏によると、政権就任前の移行期間にバイデン大統領と一緒に仕事をした諮問委員会のメンバー6人が、コロナ・パンデミックに対して、現在のやり方とは異なるアプローチをとるように呼びかけていると言います。

ジャーナル・オブ・ザ・アメリカン・メディカル・アソシエーション」が掲載した一連の意見記事の中で、

エゼキエル・エマニュエル
マイケル・オスターホルム
セリーヌ・ガウンダー
デビッド・マイケルズ
リック・ブライト
ルチアナ・ボリオ

の各博士は、バイデンに今後の進め方について様々な提案をしていると言います。

「コロナのオミクロン変異体が示すように、コロナはこれからも存在する」

とエマニュエル博士、オスターホルム博士、ガウンダー博士は書いており、バイデンのコロナ対応の国家戦略は「更新」されなければならないと述べています。


写真は、2015年6月15日、フィラデルフィアで開催された「クリック・ヘルス・アイデア・エクスチェンジ」で講演するエゼキエル・エマニュエル博士。(Neilson Barnard/Getty Images for Klick Health)

Photo 出典元

エマニュエル博士は言います。

「コロナによる『新常識』の目標には、根絶や排除、例えば『コロナ・ゼロ』戦略は含まれていない。コロナのワクチン接種も感染も、生涯にわたる免疫を与えるものではないようです。現在のワクチンは、オミクロンに感染に対する不胎化免疫を提供しない。感染やワクチン接種後の長期免疫が限られている場合や、人間以外の感染源がある場合には、感染症を根絶することはできない」

「『新常識』とは、オミクロンがインフルエンザや呼吸器合胞体ウイルス(RSV)などを含むいくつかの循環する呼吸器系ウイルスの一つに過ぎないことを認識することだ。人々はこれらの呼吸器系疾患の脅威に直面しながらも通常の生活を送ってきたが、コロナの脅威も他の呼吸器系疾患と同様に新たな脅威として捉えることを学ばなければならない」

しかし、これは目標ではあり、コロナは現在、入院や死亡の面で他の病気よりも深刻であることを明らかにしています。


写真は、2022年1月4日、ワシントンのホワイトハウスで行われたホワイトハウス・コロナ対策チームのメンバーとの会合で話すバイデン。(REUTERS/Evelyn Hockstein)

Photo 出典元

彼らは言います。

「何が入院や死亡の適切な閾値を構成するのか、どのようなコストで、どのようなトレードオフがあるのかは、まだ決まっていない」

「バイデン政権が行うべきことは、呼吸器系ウイルス感染症、入院、死亡、疾患別転帰、予防接種に関する包括的な情報をリアルタイムで電子的に収集し、社会人口統計学的変数やその他の関連変数と組み合わせるというインフラを整備することである」

このシステムでは、国、州、地域レベルでデータを収集するほか、さまざまな学術機関、研究所、医療システムからもデータを収集できます。

さらに、継続的な問題や緊急事態に対応するために、

「公衆衛生実施のための恒久的な人材が必要である」

としています。

これには、公的機関の職員や、学校の看護師の増加などが含まれます。また、遠隔医療や、医師が異なる州で診療や請求ができるようにするための道筋を作ることも求められました。最後に、

「公衆衛生機関への信頼を回復し、公衆衛生のための集団行動への確信を取り戻す」

ことが必要であると述べています。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、木曜日に記者から質問された際、この記事を読んでいないと答え、バイデン大統領の目標は依然として「ウイルスを倒す」ことであると主張し次のように述べました。

「大統領の焦点と目的は、できるだけ多くの命を救うことです。そして、何が効果的かを知っています。より多くの人にワクチンを接種し、より多くの人にブーストをかけ、マスクの着用を奨励し、学校が安全な方法で授業を続けるために必要なリソースを確保すること、これらが効果的なステップです」

これら3人の博士の記事によると、パンデミックに対する政府の初期対応には「重大な欠陥」があり、問題は今も続いているとして、次のように述べています。

「テストに関する初期のガイダンスは的外れで、テストを受けることは物流上の悪夢であり、実施されたテストの数も少なすぎた。受け入れ可能な、しかし最適ではない検査インフラが確立された後、ワクチンのために必要ないものと考えられ、疎外されました。現在でも、検査結果は社会人口統計学的データ、ワクチン接種状況、臨床結果と確実に結びついておらず、信頼性の高い迅速検査の利用可能性は限られており、価格も高すぎます」

『新常識』な状態になるためには、

「現在は存在していない、検査、監視、緩和策のための包括的で恒久的な資金提供システムを国が構築する必要がある」

と医師は述べています。

ボリオ、エマニュエル、ブライト博士の3人による3つ目の論文は、

「ワクチンと治療薬のより早い開発とより効率的な展開」

に焦点を当てていますが、気になる点としては、

ワクチンに関して、これらの博士たちは義務化を強く支持しており、

「特に、根本的にワクチン接種に反対ではないが、先延ばしにしていたり、混乱していたり、アクセスに障害があったりする人には、効果的であることが示されている」

とし、また、人口の90%を接種するためには義務化が必要であると主張していることです。

つまり、バイデンの義務化アプローチを支持し、

「コロナ以前の平均寿命と社会的・経済的活力を取り戻すためには、十分な数の人々がワクチンを接種することが必要である」

などと述べており、既存のワクチンの最適な投与量や投与方法を決定するためには、さらなる作業が必要であることを訴えています。

治療法については、

レムデセビル
デキサメタゾン
モノクローナル抗体治療
モルヌピラビル
パクスロイド

などの経口治療など、さまざまなレベルの効果が認められています。

また、

「外来治療は広く無料で受けられるようにすること、及び、陽性反応が出たらすぐに治療を受けられるようにすること」

を求めているようです。

以上。

スポンサー広告
【GaahのNMNサプリメントを専門分野の違う5名の医師が実際に使い続けたいと回答。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です