フォックス・ニュース

FOX News アメリカ人を標的にする情報機関 – 私に対するFBIの「査定」から私が学んだこと

7月18日、FOX NEWSはペニー・ヤング・ナンス(Penny Young Nance)氏のオピニオン記事を掲載しました。

オピニオン記事寄稿者:
ペニー・ヤング・ナンス

Penny Young Nance
全米最大の女性の公共政策団体であるConcerned Women for Americaの社長兼CEO。
著書に「Feisty and Feminine」がある。A Rallying Cry for Conservative Women」(Zondervan 2016)を執筆しています。

Photo出典元

FOX NEWS公式記事

翻訳に関する注意事項

以下はペニー・ヤング・ナンス氏のオピニオン記事の日本語訳です。

アメリカ人を標的にする情報機関 – 私と私の組織に対するFBIの「査定」から私が学んだこと

Intel community targets Americans – what I learned from FBI’s ‘assessment’ of me, my organization

政府が市民や国内の市民団体に対して兵器化されるとどうなるのか?

レーガン大統領の有名な言葉に、「英語で最も恐ろしい9つの言葉は、『私は政府から来ました、助けに来ました』です。」というものがあります。

思わず笑ってしまいますが、このジョークの裏にはもっと暗い問題が潜んでいます。 

政治的な目的のために、政府が市民や国内の市民団体や企業に対して武器化されたらどうなるのでしょうか? 

 CATO研究所情報公開法(FOIA)の要請を通じてまさにその問題を調べていたことが判明しました。

そして衝撃的なことに、Concerned Women for America(CWA) (そしてその会長である私)は、2016年にオバマとコミーの連邦捜査局(FBI)によって “査定””の対象とされていました。

Concerned Women for America (CWA)の背景としては、全米最大の保守系公共政策女性組織で、各州に数十万人の熱心なクリスチャン女性活動家を擁しています。 

私たちは、急速に成長しているYoung Women for Americaの大学支部を含む、強固なボランティア基盤を誇っています。 

私たちの公共政策は、生命の尊厳を守ること、結婚と家族を支援すること、親による教育の管理を支援すること、宗教の自由を守ること、国の主権を守ること、女性と子どもの性的搾取と闘うこと、イスラエル国家を支援すること、という7つの中核的な課題を含んでいます。 

1979年の設立時に創設者がロナルド・レーガンを支持したのを皮切りに、すべての米国大統領を含む権力に対して真実を語ってきた歴史があります。 

私たちの女性たちは、地域、州、国レベルで活動しており、祈りを捧げ、仲間やリーダーたちに教育を行っています。 

メンバーの多くは、現役または元軍人の家族です。 

私の息子は現在ROTCの奨学生で、大学卒業後は陸軍の将校として最低6年間勤務する予定です。 

私たちは、その歴史の中で、敬意を持った市民活動を支援してきましたし、法執行機関を全面的に支持しています。

だからこそ、CWAに対するFBIの秘密の「査定」が明らかになったことは、より一層残念なことです。 

私は法治国家の女性として、FBIが誰かを調査する場合、正当な理由があると考えてきました。

しかし残念なことに、2008年に共和党の司法長官のマイケル・ムケイシーが「国内FBI活動に関するガイドライン」を書き換えたことにより、それはもはや事実ではなくなったのです。 

この規則により、政府は犯罪の前提や申し立てなしにアメリカ市民を監視することができるようになりました。

ブレナンセンターのファクトシートによると、「査定」は「調査」ではありませんが、政府は正当な理由がなくても、「対象者を監視するために情報提供者を募集し、エージェントの身元を明かさずに人々に質問し、商業および政府のデータベースを検索し、対象者の公共の動きを物理的に監視する」ことができるのです。 

ニューヨーク大学ロースクールのブレナンセンターは、一般的にはリベラル、または進歩的な政策ポジションや見解を持つと考えられている非営利の法律・公共政策機関です。

組織の名前は、最高裁判所のウィリアム・J・ブレナン判事にちなんで付けられています。

ブレナンセンターは、最低賃金の引き上げ、有権者ID法への反対、選挙への公的資金の提供など、多くの進歩的な公共政策を提唱しています。

同センターは、連邦最高裁が下した「シチズンズ・ユナイテッド対FEC裁判」の判決に反対しました。

同センターは、「民主主義と万人のための平等な正義というアメリカの双子の理想に対して、政治機関と法律が責任を持つよう働きかける」ことを使命としています。

会長は、ビル・クリントン大統領のスピーチライティングを担当したマイケル・ウォルドマンです。詳細

さて、これで終わりでしょうか? 

CWAの「査定」の理由としてFBIが文書化したのは、「チャリティ・ナビゲーター」の評価が2つ星で掲載されていたことでした。 

マジですか?

チャリティ・ナビゲーターは、無料の501(c)(3) 団体として運営されている、米国に拠点を置く数十万の慈善団体を評価する慈善団体評価機関です。

非営利団体の財務の安定性、説明責任と透明性の両方に関するベストプラクティスの遵守についての洞察を提供しています[。

米国で最大かつ最も利用されている慈善団体評価機関です。

評価対象となる団体から広告や寄付を一切受けていません。詳細

ニューヨーク・タイムズ紙によると、2009年から2011年の間に、FBIは82,325件の査定を行い、最終的に正式な捜査に移行したのは3,315件に過ぎないという事実をCWAは知りました。 

もちろん、そのほとんど、あるいはすべてが有罪判決を受けていません。

FBIはCATO研究所に最新の数字を提供することを拒否しています。

この10年間で、アメリカ人が標的にされていることを知らずに行われた査定はどれほどあるのでしょうか。

今回の政策変更は、テロリストを監視するために行われたと言われています。 

では、なぜ神を敬い、自由を愛し、勤勉で納税者である女性の組織が監視されたのでしょうか? 

CWAの「査定」の理由としてFBIは、「チャリティ・ナビゲーター」の評価が2つ星だったというのです。 マジですか?これがほんとの理由なのでしょうか?

ちなみに、CWAはチャリティ・ナビゲーターでは3つ星、ECFA(Evangelical Council for Financial Accountability)では無傷の記録を持ち、設立以来、毎年クリーンな監査を受けています。私たちの財務記録は完璧です。 

ECFA(Evangelical Council for Financial Accountability)は、米国の財務基準協会であり、非課税の非営利団体である福音主義キリスト教団体や教会を代表する組織です。1979年に設立されたECFAは、その財務基準に準拠していることを証明した2,200以上の加盟団体を認定しています。

2015年時点で、ECFA加盟団体の年間総収入は約250億ドルと報告されています。

ECFAは設立以来、ワシントンD.C.を拠点とし、現在はバージニア州のウィンチェスターにオフィスを構えています。詳細

なぜこのようなことが起こったのか、おそらく知ることはできませんが、2016年6月というタイミングは、当時の大統領候補であるドナルド・トランプ氏を私が個人的に支持していたことと関係があるのではないかと思われます。

FBIがトランプ大統領の情報を得ようと躍起になって法律を回避したのは紛れもない事実です。

最終的に、そして当然のことながら、CWAの「査定」は不正行為の認定を受けずに終了しましたが、それは問題ではありません。 

そもそも私たちは狙われるべきではなかったのです。 

私たちは皆、政治化したFBIがアメリカ市民や権力者の意に沿わない組織に侵入して標的にする能力と思い上がりを心配すべきです。

市民が政治活動に参加したり、大統領候補を支持したり、トランプタワーに行ったりすることが、FBIの怒りを買うことがあってはならないのです。 

私たちは議会に対し、おそらく善意ではあるが過度に寛大な規則を用いて市民の自由を踏みにじる行為を取り締まるよう求めます。

アメリカ国民はもっと良いものを手に入れることができます。

私たちはより良いものを求めます。 

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です