ニューズマックス

ニューズマックス「ドナルド・トランプJr.とイヴァンカ・トランプ、ニューヨーク州検事総長の召喚に応じず」

写真は、2020年11月2日(月)、父親であるドナルド・トランプ大統領がウィスコンシン州のケノーシャ・リージョナル空港で選挙集会を開催するのを聞いているイヴァンカとドナルド・トランプ・ジュニア(AP)

Photo 出典元

米国時間01月03日Newsmax
by エリック・マック
Eric Mack

日本語解説:WAU

「ドナルド・トランプJr.とイヴァンカ・トランプ、ニューヨーク州検事総長の召喚に応じず」

エリック・マック氏によると、ドナルド・トランプ前大統領の金融取引に関するニューヨーク州検事総長レティシア・ジェームズ氏の調査が進む中、長男のドナルド・トランプJrと娘のイヴァンカ・トランプがジェームズ氏からの召喚状を拒否する申し立てを行ったと言います。

ABCニュースが報じたところによると、トランプ2兄妹の代理人であるアラン・フュータファス弁護士は、申し立てに次のように書いています。

「召喚令状の目的はあまりにも明確です。ジェームズ検事総長は、検事総長官室とニューヨーク郡地区検事が共同で大陪審の調査を行う際に、免疫を受けていない証言を検事総長室に提供するよう要求することで、大陪審のプロセス全体を回避し、当事者の最も基本的な憲法上および法律上の権利を無効にしようとしている」

アラン・フュータファス氏は、ジェームズ検事総長の事務所がマンハッタン地方検事によるトランプ・オーガニゼーションの捜査にも関与していることから、召喚状が刑事訴訟規則に違反していると申立てています。

アラン・フュータファス弁護士

Photo 出典元

ABCニュースによると、月曜日に提出された申立書には、

「召喚状に関して検事総長室と個々のトランプ関係者の間で紛争が生じている」

と書かれており、ジェームズ氏は、召喚状を拒否する申し立てに応じ、次のようにツイートしています。

「ドナルド・トランプ氏、ドナルド・トランプ・ジュニア氏、イヴァンカ・トランプ氏は、トランプ・オーガニゼーションとトランプ氏に関する調査の一環として、私の事務所が彼らに宣誓の下でインタビューすることを止めようとしています。2年以上の遅延戦術でも我々の調査を止めることはできません。なぜなら誰も法の上に立てないからです」

レティシア・ジェームズ氏

Photo 出典元

前大統領は不正行為を否定しており、検事総長が自分やビジネス上の取引の調査を続けようとすることは政治的な攻撃だと非難しています。

これまでのところ、トランプ・オーガナイゼーションやその幹部に対する起訴は、長年の最高財務責任者であるアレン・ワイゼルバーグ氏の税金に関するものだけです。

ABCニュースによると、ワイゼルバーグ氏の家賃、生活費、私立学校の授業料、車のリース料などの利益を税務申告で適切に報告しなかったとされていますが、同氏は、疑惑の容疑に対して無罪を主張しています。

以上。

スポンサー広告
今日から男の自信復活!

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。