ニューズマックス

ニューズマックス「プーチン大統領、マクロン大統領とのウクライナ問題に関する会談後、妥協の用意があると発言」

写真は、プーチンが共同記者会見で、マクロンが研究に値するいくつかのアイデアを提示したと述べた。ロシア大統領報道局 / TASS

Photo 出典元

米国時間02月07日Newsmax via AFP

日本語解説:WAU

「プーチン大統領、マクロン大統領とのウクライナ問題に関する会談後、妥協の用意があると発言」

ニューズマックスの記事によると、ロシアのプーチン大統領は、月曜日に行われた会談で、妥協する用意があり、フランスのエマニュエル・マクロン大統領の提案を検討すると述べましたが、ウクライナ問題で緊張を高めた西側諸国を非難したと伝えています。

クレムリンで行われた5時間以上に及ぶ会談で、両首脳は、冷戦終結後のロシアと西洋の間の最悪の危機に解決策を見出すことができると期待を表明したと言います。

モスクワはウクライナとの国境に数万人の軍隊を駐留させており、親欧米派の隣国への侵攻を準備しているのではないかとの懸念が高まっている中、欧米諸国は、ロシアが侵攻した場合には「深刻な結果」になると繰り返し警告しており、マクロン大統領は、12月に危機が始まって以来、欧米の主要指導者として初めてプーチン大統領と会談しました。

プーチン氏は共同記者会見で、マクロン大統領は検討に値するいくつかのアイデアを提示したと述べ、

「彼のいくつかのアイデアや提案は、さらなるステップの基礎として可能だ。我々は、すべての人に適した妥協点を見つけるためにあらゆる努力をする」

と述べ、詳細は明らかにしなかったものの、マクロン大統領が火曜日にキエフでウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領と会談した後、両首脳は電話で話すことになるだろうと述べたと言われています。


写真は、2月7日、エマニュエル・マクロン仏大統領とウラジーミル・プーチン露大統領 © AP Photo/Thibault Camus, Pool

Photo 出典元

-プーチン大統領は「関与する準備ができている」-

マクロン大統領は、ロシアと西洋の双方の懸念に対処するための具体的な提案を行ったと次のように述べたとされています。

「プーチン大統領は、私に関与する用意があることを保証してくれた。ロシアの安全保障がなければ、ヨーロッパ人の安全保障もないと」

フランス大統領府によると、この提案には、

新たな軍事行動をとらないことを双方が約束すること、

新たな戦略的対話を開始すること、

キエフとモスクワが支援する東部の分離独立派との紛争の和平プロセスを復活させる努力

が含まれているといいます。

プーチン大統領は、ロシアのせいで緊張が高まっていることを改めて否定し、

「ロシアが攻撃的に行動していると言うのは非論理的だ。NATOの国境に向かって動いているのは我々ではない」

と、東欧におけるNATOの展開に言及しました。

今回のモスクワでの会談は、ウクライナ危機をめぐる1週間の激しい外交の始まりであり、ジョー・バイデン米大統領は月曜日にドイツのオラフ・ショルツ首相をワシントンに招いていると伝えています。

-バイデン、ガスパイプラインを脅かす-

バイデンは今回の会談で、2014年のクリミア併合時のように、モスクワがウクライナ国境を越えて軍隊を派遣した場合には、ロシアから欧州への物議を醸しているガスパイプライン「ノ-ド・ストリーム 2」を閉鎖すると断言していました。

バイデンは、ホワイトハウスでのショルツ首相との共同記者会見で、

「もしロシアが侵攻すれば、それは戦車や軍隊が再びウクライナの国境を越えることを意味するが、そうなればもはやノ-ド・ストリーム 2は存在しないだろう」

と述べていました。

「私は約束します、我々はそれに終止符を打ちます」

と。

米国政府によると、モスクワはウクライナとの国境付近に11万人の軍隊を集結させており、2月中旬までには本格的な侵攻に十分な規模の部隊(約15万人)を集めることができると言います。

マクロン大統領は月曜日に12万5千人という数字を挙げていました。

ロシアは、以前から攻撃の計画はないと主張し、代わりに安全保障に関する独自の要求を提示していました。

ロシアは、旧ソ連のウクライナが米国主導の同盟に参加することを永久に禁止し、欧州連合が東欧での軍事的プレゼンスを縮小することを当初から要求しています。

現在、欧州連合(EU)のトップに立つマクロン大統領は、ロシアとの交渉において、EUの中心人物としての地位を確立しようとしています。

– 英国とドイツの軍隊が配備へ-

ドイツの新政権は、ウクライナに対するロシアの軍事的圧力を押しとどめるための米国主導の取り組みに十分に関与していないという非難を、ウクライナや米国の一部から受けていおり、ショルツ首相は、バイデンとは対ロシア制裁について「絶対的に一致している」と述べましたが、「ノルドストリーム2」パイプラインについての言及は繰り返し避けています。

バイデンは、ロシア軍の増強に対抗して、NATOの東側を強化するために3,000人の米軍を提供し、そのうちの一団が日曜日にポーランドに到着しています。

英国は月曜日に、ポーランドの国境にさらに350人の英国軍を派遣すると発表し、ドイツはさらに350人の兵士をリトアニアに派遣すると発表しています。

ショルツ氏がワシントンにいる間、同氏の外務大臣であるアナレーナ・バーボック氏は、チェコ、スロバキア、オーストリアの担当者とともに、2日間の日程でキエフを訪問していました。

ショルツ氏自身は、来週モスクワとキエフを訪れ、プーチン氏やゼレンスキー氏と会談する予定です。

また、今週末には英国の外務大臣と国防大臣のモスクワ訪問も予定されています。

以上。

スポンサー広告
著名人にもご好評を頂いている入浴剤ブランド【FRO(フロー)】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。