フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「『ターニングポイントUSA』会議で若き保守派に行動を呼びかけるリーダーたち:『国はほっといても救えない』」

写真は、タッカー・カールソン氏、「ターニングポイントUSA」2021フェスの観衆に向けて挨拶、「アメリカでは今、『説明のつかない』ことが起きています」

Photo 出典元

米国時間12月23日FOX NEWS
by カイル・モリス
Kyle Morris
フォックス・ニュースで政治を担当。アラバマ大学を卒業。ツイッター:@RealKyleMorris

日本語解説:WAU

「『ターニングポイントUSA』会議で若き保守派に行動を呼びかけるリーダーたち:『国はほっといても救えない』」

カイル・モリス氏の記事によると、アリゾナ州フェニックスで開催された「ターニングポイントUSA」のアメリカファースト会議のためにフェニックスを訪れた保守派の思想家や政治家たちは、若き参加者たちに、「自分たちが立ち上がり、国を左派から救う必要がある」と語ったと伝えています。

ターニングポイントUSA(TPUSA)

とは、高校、大学、および大学のキャンパスで保守的な価値観を支持するアメリカの非営利団体です。2012年にチャーリー・カークとビル・モンゴメリーによって設立され、姉妹団体には、「スチューデント・フォー・トランプ」など複数があります。「クロニクル・ハイヤー・オブ・エジケーション」紙によると、TPUSAは「キャンパス保守主義において、今や圧倒的な力を持っている」とのことです。

この組織は、「保守的な学生を差別し、教室で左派のプロパガンダを進めている」とする教授を暴露すると主張するサイト、「プロフェッサー・ウォッチリスト」で知られており、「大学のキャンパスにおけるリベラリズムと闘う」ために、学生自治会の選挙に影響を与えようとしています。

また、「教育委員会ウォッチリスト」を発行し、「批判的人種理論」、「1619プロジェクト」、「性的/ジェンダーのイデオロギー」、「マスクの義務化」、「COVID-19ワクチン接種の義務化」などに抗議しており、共和党の政治家を含む保守的な寄付者や財団から資金提供を受けている団体です。詳細

12月18日土曜日から火曜日までの4日間、全米から何千人もの若い保守派を迎えて開催されたこのイベントは、楽観的な雰囲気に包まれていたものの、講演者たちは、「勝利は自分で勝ち取らなければならない」と警告しました。

「ターニングポイントUSA」の創設者兼会長のチャーリー・カーク氏は、

「この国はほっといたら救うことはできない。私たちは、ノルマンディービーチを襲撃した世代の犠牲の上に生きているのです」

語っています。


写真は、2019年2月28日、米国メリーランド州オクソンヒルで開催されたCPACで講演する「ターニングポイントUSA」の創設者兼社長のチャーリー・カーク(REUTERS/Kevin Lamarque)

Photo 出典元

カーク氏によると、共和党は左派の人々に対して「驚くべき優位性」を持っていると述べ、

「左派のアイデアはひどいもので、彼らはいつも非常に怒っていて、苦々しい人々である傾向があります。彼らは常に破壊しようとしていて、これまでの人生で何かを築いたことがありません」

と主張しています。

演壇に上がった、ドナルド・トランプJr.は、

「あなたの国のために戦ってください。それだけの価値があり、私たちはそれを愛していますから」

そう訴えました。

ジム・ジョーダン議員(オハイオ州選出)は、

「アメリカの精神は強い」

と述べています。


写真は、2020年8月24日(月)、Rayburn House Office Buildingで行われた下院監視改革委員会の公聴会に出席したジム・ジョーダン議員(共和党オハイオ州選出)(Tom Williams/CQ-Roll Call, Inc via Getty Images/Pool)

Photo 出典元

ジョーダン氏は聴衆に次のように語っています。

「私はずっと前に、人生における良いことはただ起こるわけではないと学びました。 何かを成し遂げようとするなら、永続的な価値を持つ重要なものを、現実的で目に見えるものを、それには時間、仕事、努力、犠牲が必要ですが、最も重要なのは、価値あることをしようとするときにリスクを引き受ける意志なのです」

中間選挙を前にして、テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員は、

「保守派の当選者を増やすために、バイデンやペロシ、シューマーがやっている馬鹿げたことを阻止する戦いを率先して行うことで、自分の役割を果たしています。私は2022年に勝利すること、下院を奪還すること、上院を奪還することに昼夜を問わず集中してきました」

とクルーズ氏は壇上で語りました。


写真のテッド・クルーズ上院議員は、2021年11月5日(金)にラスベガスで開催された共和党ユダヤ人連合(RJC)の年次リーダーシップ会議で講演を行いました。(Bridget Bennett/Bloomberg via Getty Images)

Photo 出典元

ユタ州選出のバージェス・オーウェンズ議員は、バイデンの民主党が支配している国の状況がいかに悪いかを示しているとし、共和党が 「バイデン政権が行っているそれらのことを強調する」ことで、「我々国民は勝つ」と主張しました。


写真は、2021年3月17日(水)、ワシントンで行われた移民問題に関する他の下院共和党議員との記者会見で発言するバージェス・オーウェンズ議員(ユタ州選出)。(Caroline Brehman/CQ-Roll Call, Inc via Getty Images)

Photo 出典元

オーウェンズ氏は登壇後に「FOX NEWS」に次のように語っています。

「極左指導者の下ではどのような事が起こるのかを知るために、バイデンは我が国が久しぶりに迎える最高の大統領であり、警察の資金援助がどのようなものか、インフレーションがどのようなものかを理解することは、もはや仮定の話ではありません」

「私たちがすべきことは、バイデン政権が行っていることを強調することです。人々はそれを理解するでしょうし、人々はそれを感じています。共和党員として、共和党として、我々は違いを生み出すものに焦点を当て続けなければならず、そうすれば我々国民は勝つことができるのです」

以上。

スポンサー広告
【未経験&初心者OK】ハンドメイドチャンネル「ブログライター体験募集」

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です