デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「ホワイトハウスは正気を失っている」民主党の戦略家と議員等がバイデン政権に怒りをぶつける

Photo 出典元 Andrew Harrer / Bloomberg via Getty Images

米国時間12月21日DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ライアン・サーヴェドラ
Ryan Saavedra
The Daily Wireレポーター、メディアバイアス、政治、政治と文化の融合などを中心にさまざまなテーマを扱っている。

日本語解説:WAU

「ホワイトハウスは正気を失っている」民主党の戦略家と議員等がバイデン政権に怒りをぶつける

ライアン・サーヴェドラ氏の記事によると、米民主党議員らは、バイデン政権が看板政策である「ビルド・バック・ベター法」(1兆ドル規模の党派左派的歳出法案)の成立に失敗したことや、ジョー・マンチン上院議員が週末に同法案を支持できないと発言したことへの対応をめぐり、バイデン政権に怒りをぶつけていると伝えています。

匿名の民主党議員の一人は、ザ・ヒル紙に寄せた声明の中で、バイデン政権を非難し、度重なる災害に対して誰も責任を取らないと次のように述べまています。

「これは、ホワイトハウスの上級指導者に対する告発です。最悪なのは、この件に関して誰も責任を取らないということです。アメリカ国民は結果を求めているのであって、ドラマやレトリックを求めているわけではないことを彼らは理解していません。誰もが無関心でいられます。この時点で、民主党の弱者たちが皆、丘に向かって逃げるのが目に見えています」

「それはアフガニスタンから始まったのです。アフガニスタンからの撤退がもたらした混乱に対して、誰も責任を取らなかったのです。誰もが許しを得ることができたのです。大統領はあなた達の味方だから、何をしてもいいというメッセージを送ったのです。2022年を救うチャンスがあるのなら、(バイデンは)ホワイトハウスを一掃する必要があると思います。結果を出さなければなりません」

民主党の戦略家は、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官がマンチン議員を攻撃する発言をしたことに対し、

「彼らは正気を失っている」

と述べています。

サキ氏は、日曜日の声明でマンチン議員について次のように述べています。

「今朝のFOXでのマンチン議員のコメントは、今週の大統領やホワイトハウスのスタッフとの話し合いや、彼自身の公の発言とは相反するものです。

数週間前、マンチン議員はウィルミントンの自宅で、大統領がその後発表した「ビルド・バック・ベター法」の枠組みを支持することを大統領に約束しました。マンチン議員は、その枠組みを最終的に仕上げるために「誠意を持って」交渉することを何度も約束しました。

今週火曜日、マンチン議員はホワイトハウスを訪れ、大統領の枠組みと同じ規模と範囲で、同じ優先事項の多くを網羅した「ビルド・バック・ベター」法案の概要を、直接、大統領に提出しました。

この骨子は、大統領の枠組みと同じ大きさと範囲で、同じ優先事項を多く含んでいます。マンチン上院議員は、今後も話し合いを続け、共通の認識を得るために協力することを約束しました。

今回のFOXでの発言や声明文が、その努力をやめたことを意味するのであれば、それはマンチン議員の立場を突然、不可解にも反転させ、大統領や上下両院の上院議員に対する約束を破ったことになります。

マンチン議員は、このような立場の変化はインフレに関係していると主張しているが、彼が「ビルド・バック・ベター」についてよく引用しているシンクタンク(ペン・ウォートン予算研究所)は、48時間も前に報告書を発表し、「ビルド・バック・ベター法」は短期的にはインフレにほとんど影響を与えず、長期的には「ビルド・バック・ベター法」に含まれる政策がインフレ圧力を緩和すると述べています。

マンチン議員が頻繁に相談している著名な経済学者の多くも、「ビルド・バック・ベター」を支持しています。

「ビルド・バック・ベター」は、家庭が負担するコストを削減します。これにより、家族が支払う育児費用が削減されます。処方薬への支払いも減ります。医療保険料も下がります。そして、子供のいる家庭のポケットには減税効果があります。医療費の高騰が家族に与える影響を心配している人がいれば、この法案はその人たちを救うことになるでしょう。

マンチン議員は声明の中で、赤字の懸念を挙げています。しかし、この法案は全額負担で、議会がここ数年で検討した中で最も財政的責任のある主要法案であり、長期的には赤字を削減することができます。

上院議員が引用した米国議会予算局の報告書では、「ビルド・バック・ベター」の延長分の予算がないと分析しています。これは、大統領が提案したものではなく、上院が投票する法案でもなく、大統領が支持するものでもありません。

マンチン議員はそのことを知っています。大統領は、今週を含め、何度もマンチン上院議員にそのことを伝えています。

同様に、「ビルド・バック・ベター」の気候条項に関するマンチン議員の発言も間違っています。「ビルド・バック・ベター」は、ウェストバージニア州を含むこの国に、雇用を創出するクリーンエネルギーの未来をもたらすものです。

マンチン議員が今朝、「ビルド・バック・ベター」に対する立場を変えたように、私たちは、マンチン議員が再び立場を変え、以前の公約を守り、約束に忠実であるかどうかを確認するために、彼に圧力をかけ続けます。

その間、マンチン議員は、インシュリンに毎月1,000ドルを支払っている家庭に対して、なぜ重要な薬を35ドルではなく、1,000ドル払い続けなければならないのかを説明しなければなりません。

また、職場復帰に必要な手頃な価格のデイケアを受けられる約200万人の女性に対しても、必要な支援を得るための計画に反対する理由を説明しなければならないでしょう。

マンチン議員は、子ども税控除のおかげで貧困から抜け出した何百万人もの子どもたちに、なぜこのマイルストーンを達成するためのプログラムを廃止しようとしているのかを説明できる訳が無いのです。

私たちは、2021年に成し遂げたことを誇りに思っています。「アメリカン・レスキュー・プラン」、米国史上最速での失業率の低下、超党派インフラストラクチャー法、2億人以上のアメリカ人へのワクチン接種、学校の再開、世界最速での子どもたちへのワクチンの配布、連邦司法機関への歴史的な人事などです。

しかし、私たちは、アメリカ人の育児、医療、処方薬費用、高齢者介護を支援し、気候変動との戦いでは、決して諦めません。「ビルド・バック・ベター」の戦いは、あきらめるにはあまりにも重要です。来年も引き続き前進するための方法を見つけます。」

ライアン・サーヴェドラ氏は最後に、マンチン議員がホワイトハウスに対して述べた言葉で締めくくっています。、

「バイデン政権は、神に誓って、私たちは国民を動かすことができると考えました。国民を怒らせたり、殴らせたりすることができるはずだと。国民を不快にさせて、『よし、何にでも投票しよう』と言わせるだけのデモ参加者を集めることもできるだろうと」

「私はウェストバージニア出身です。彼らはそうではありません。また、彼らは国民を殴って従わせることができると思っているのです」

以上。

スポンサー広告
【スキルアップで収入アップ!】「ブログライター体験募集」

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。