フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「マンチン上院議員(民主党):本物のインフレが米国を襲う中、バイデンの『ビルド・バック・ベター法』を否決」

写真は、2021年11月1日(月)、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われた記者会見で、記者と話すジョー・マンチン上院議員(民主党)。(AP Photo/Alex Brandon)

Photo 出典元

米国時間12月19日FOX NEWS
by ロン・ブリッツァー
Ronn Blitzer
FOX NEWS政治記者

日本語解説:WAU

「マンチン上院議員(民主党):本物のインフレが米国を襲う中、バイデンの『ビルド・バック・ベター法』を否決」

ロン・ブリッツァー氏の記事によると、ジョー・マンチン上院議員(ウェストバージニア州選出)は日曜日、数ヶ月にわたる交渉の結果、「ビルド・バック・ベター法案」として知られる「巨大な社会支出法案」を支持することはできないと判断したと宣言したと言います。

マンチン議員は「フォックス・ニュース・サンデー」の番組インタビューで、バイデン大統領、ナンシー・ペロシ下院議長、チャック・シューマー上院院内総務と話し合ったが、法案について合意に達することができなかったと述べています。

ジョセフ・マンチン3世

(1947年8月24日生まれ)は、アメリカの政治家・実業家であり、2010年よりウェストバージニア州選出の上院議員を務めています。民主党に所属し、2005年から2010年まで第34代ウェストバージニア州知事、2001年から2005年まで第27代ウェストバージニア州長官を務めました。

マンチン議員は自らを「中道で穏健な保守派の民主党員」と称し、上院で最も保守的な民主党員として挙げられることも多いことで知られています。議員としてのマンチン氏は、中絶や銃の所有権などの問題で共和党の同僚と協力する超党派的な姿勢を示しています。

また、石炭採掘の削減・制限を含むバラク・オバマ大統領のエネルギー政策に反対し、2010年の「Don’t Ask, Don’t Tell Repeal Act」の締切に反対票を投じ(法案自体には投票していない)、2015年には家族計画連盟への連邦資金援助の廃止に賛成し、ドナルド・トランプ大統領の移民政策を支持し、ブレット・カバノー准判事をはじめとする同大統領の閣僚や司法関係者のほとんどの任命を承認する票を投じています。

「ビルド・バック・ベター法」は、ジョー・バイデン大統領の「ビルド・バック・ベター計画」を実現するために第117議会に提出された法案です。この法案は、「インフラ投資と雇用に関する法律」と並んで、「アメリカ雇用計画」から派生したもので、気候変動や社会政策に関する条項を含む3.5兆ドルの民主党和解案として提出されました。

交渉の結果、約2.2兆ドルに値下げされ、法案は、2021年11月19日に下院で220対213で可決されていますが、その後、上院民主党は法案の修正をめぐって交渉を続けていた中、穏健派民主党のジョー・マンチン氏が法案に反対することを表明したため、上院での可決は見送られました。

詳細

Photo 出典元

しかし最終的には、進行中の本物のインフレがアメリカを襲う中、国家負債、「地政学的不安」、コロナパンデミックの間で、仲間の民主党が推し進めている法案は多すぎるとして、マンチン氏は、

「人として可能なことはすべてやりました」

と述べ、法案の受け入れに可能な妥協点を見つけようと努力した点について次のように語っています。

「このような状況下では、この法案に賛成することはできません。民主党議員たちが法案の成立に向けて努力してきたにもかかわらず、法案に賛成する理由を有権者に説明できないのであれば、賛成することはできません。私は知っている限りのことをすべて試しましたが、これは受け入れられません」

マンチン氏は、この法案には賛成できる部分もあると認めましたが、賛成するにはあまりにも重すぎる内容でしたと述べています。

同氏は、この法案が通常の法案のように採決されるのではなく、予算調整によって進められていることを指摘し、

「良いところもたくさんあるが、あの法案はマンモス級の予算法案だ。このような大規模な支出法案を通過させるよりも、議会は感染者数の増加につながっているコロナのオミクロン変異株への取り組みに集中すべきです。また、多くのアメリカ人に害を与えているインフレに対処すべきです。インフレは現実であり、すぐにはなくならないです」

と述べています。


写真は、2021年12月11日(土)、デル州ウィルミントンのチェイス・センターでスピーチするジョー・バイデン大統領。(AP Photo/Carolyn Kaster)

Photo 出典元

最後に、マンチン氏は以前、1.7兆ドルの歳出パッケージを提案していましたが、民主党の同僚たちは必要な妥協をしなかったと述べ、

「私たちがすべきことは、財務体質を整えることですが、やるべきことにお金を払うことができるようにすることです」

と伝えています。

以上。

スポンサー広告
【アース司法書士事務所】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です