フォックス・ビジネス

フォックス・ビジネス「メラニア・トランプ、『NFTベンチャー』を発表」収益の一部を身寄りのない子供たちに寄付

写真は、2021年1月20日(水)、ワシントンのホワイトハウス南芝生で、ドナルド・トランプ大統領がマリーン・ワンに乗り込むために歩いている間、ファーストレディのメラニア・トランプが記者たちと話をを聞いている様子。元ファーストレディは今週、販売するベンチャー企業を立ち上げました。

Photo 出典元

米国時間12月18日FOX BUSINESS
by マット・オット AP
MATT OTT

日本語解説:WAU

「メラニア・トランプが『NFTベンチャー』を発表」収益の一部を身寄りのない子供たちに寄付

マット・オット氏によると、元大統領夫人は今週、自身のウェブサイトで「NFT(ノンファンジブル・トークン)」を販売するベンチャーを立ち上げ、現在1コイン180ドル程度の価値がある「ソラン・トークン」と交換したと伝えています。

ニュースリリースによると、メラニア・トランプ氏は自身のウェブサイトで、

「一定の間隔でNFTをリリースし、収益の一部を身寄りのない子供たちに寄付します」

と発表しています。

売り上げの何パーセントが寄付されるのか、また、特定の里子関連の慈善団体に寄付されるのかは不明です。

これに対し、「全米責任ある慈善団体委員会」のアーロン・ドーフマン会長兼CEOは、企業が具体的な金額を示さずに「収益の一部」を慈善団体に寄付すると言った場合、「それは大きな赤信号だ」として、

「それは、慈善活動がその企業の計画の中で真剣に取り組まれていないことを意味します。「それはマーケティングの策略です」

などと述べています。

トランプ家はかつてチャリティに関して問題のある歴史を持っていますが、メラニア・トランプは一族がニューヨークで運営していたチャリティをめぐる衝突には直接関与していないことが分かっています。

当時、ドナルド・トランプ氏は、大統領在任中に、自身の慈善財団を個人的な貯金箱として使用していたことを認め、裁判所から命じられた200万ドルの罰金を支払いました。この罰金は、8つの慈善団体に分配されることが命じられ、その後、トランプ氏は財団を解散しています。


写真は、2020年2月24日(月)、インドのアグラで、タージ・マハルを見学するドナルド・トランプ大統領とメラニア・トランプ夫人。(APフォト/アレックス・ブランドン)

Photo 出典元

トランプ氏は、新たな慈善団体や財団を設立する場合の制限に同意し、ニューヨーク州では、トランプ財団に関わる子供たち、ドナルド・トランプ・ジュニア、イヴァンカ・トランプ、エリック・トランプに強制的なトレーニングを義務付けていました。

「ノンファンジブル・トークン」(NFT)とは、基本的に、美術品や音楽、その他の種類のデジタルファイルに添付することができるデジタル証明書です。「NFT」は、インターネット上のコンピュータに保存されているブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳に詳細を記録することで、アイテムの所有権を確認するもので、紛失や破壊は事実上不可能です。

Beeple」と名乗るデジタルアーティストの「NFT」は、今年の初めに約7,000万ドルで落札されています。

この作品は、数年前から存在していたデジタル技術に大きな関心を呼び起こし、ブロックチェーンを一般的な言葉にしたビットコインのブームに便乗しました。

デジタルの猫のキャラクターは、2017年の時点で6桁の金額で販売されていましたが、今日では、デジタルの「レブロン・ジェームズ」のバスケットボールのハイライト「NFT」を、数ドルから25万ドル近くで購入することができます。

マット・オット氏は、

「『NFT』は価値が変動するため、コレクターズアイテムのような楽しい趣味として扱われることが多いですが、多くの人は投資として扱っています。暗号通貨と同様に、『NFT』はほとんど政府に規制されておらず、多くの専門家は『NFT』に資金を投入することに警告を発しています」

と、述べています。

以上。

スポンサー広告
業界最狭水準のスプレッドで提供中!

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。