ニューズマックス

ニューズマックス「連邦控訴裁判所、1月6日に行われたパネル調査から記録を保護するというトランプ大統領の要求を却下」

Photo 出典元 via Getty

米国時間12月09日Newsmax
by ジェフ・ルービン via Reuters
Jeff Rubin

日本語解説:WAU

「連邦控訴裁判所、1月6日に行われたパネル調査から記録を保護するというトランプ大統領の要求を却下」

ジェフ・ルービン氏によると、「米連邦控訴裁判所」は9日、ドナルド・トランプ前大統領が1月6日の国会議事堂襲撃事件を調査する下院特別委員会から記録を差し控えるよう要請したことについて、「何の根拠もない」として拒否しました。

NBCニュースは、今後、トランプ氏の弁護士が文書公開を阻止しようと、最高裁に緊急上告する可能性が高いと推測しています。

下院の弁護士によると、

「委員会は、前大統領とその顧問、その他の政府関係者の行動が、大統領権限の平和的移行を妨げるための議会攻撃にどのように寄与したかについて、徹底的な調査を完了するために記録を必要としている」

と述べています。

また、下院調査委員会は、情報漏洩の状況とそれに至るまでの経緯を調査しており、「トランプ政権」への批判者は、元大統領とその同盟者が、大統領選挙が不正によって盗まれたとして暴動を煽ったと主張しています。

トランプ氏、スティーブ・バノン氏をはじめとするアドバイザー、マーク・メドウズ首席補佐官は、大統領特権を正当化する理由として、コンプライアンス違反を主張しています。

バノン氏は委員会に出頭しなかったことで侮辱罪に問われており、メドウズ氏もおそらく来週初めには同じ処置を取られるものと思われます。

メドウズ氏は「Newsmax」に対し、委員会がその召喚権を濫用していると考えていると語っています。

マーク・メドウズ首席補佐官

Photo 出典元

メドウズ氏は今週次のように述べています。

「我々は非常に広範な範囲の召喚状を受け取った。すべての電話記録、位置情報、いくら名前を付けても、召喚状の広範な範囲はまさに息を呑むようなものだった。私が議会にいた頃は、召喚状は非常に限られた範囲でしか使われていませんでした。しかし、1月6日の委員会は明らかに異なるアプローチをとっています。率直に言って、これは権力の乱用だと思います」

以上。

スポンサー広告
粗利90%以上の婚活ビジネス【日本結婚相談所連盟】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です