ニューズマックス

Newsmax 米国の教育施設選択プログラム 希望の芽を摘むな!

5月28日、Newsmaxはカリスタ・ギングリッチ(Callista Gingrich)氏のオピニオン記事、

親たちに選ばせる学校選択プログラム

を報じました。

オピニオン記事寄稿者:
カリスタ・ギングリッチ

Callista Gingrich
米国下院議長
バチカンの米国大使(2017-2021)
実業家、作家、ドキュメンタリー映画プロデューサー

Photo出典元

Newsmax公式記事はこちら

翻訳に関する注意事項

親たちに選ばせる学校選択プログラム

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)による学校の休校が広範囲に及ぶ中、学校選択プログラムに関する議論が再び注目を集めています。

過去 7 年間、アメリカ人の約 3 分の 2 が一貫して学校選択プログラムを支援してきました。加えて、支援者の大部分が超党派であり、共和党員が 82 パーセント、無所属の支援者が 69 パーセント、民主党55 パーセントが学校選択プログラムを支持しています。

質の高い教育の利用のプラスの影響は明らかです。ドナルド トランプ大統領は、2020 年 2 月 4 日の一般教書演説で次のように述べました。「包括的な社会を構築するための次のステップは、すべてのアメリカ人の若者が素晴らしい教育を受け、アメリカン ドリームを達成する機会を確実に享受することです。」

それには、最初に、学生は学校を辞めずに留まるよう促進される必要があります。

多くの研究は、学校選択プログラムが参加学生の卒業率を高めることを示しています。たとえば、低所得家庭の学生に私立学校の奨学金を提供するプログラムである D.C. オポチュニティ奨学金プログラムの学生は、卒業率を 21% 向上させました。

ウィスコンシン州での同様のプログラムであるミルウォーキー保護者選択プログラムは、卒業と大学への入学の可能性を 4 ~ 7% 高めました。

教育貯蓄口座( education savings accounts )学校の補助券 税額控除奨学金プログラムなどの取り組みにより、低所得および中所得の親は、子供に最適な学校を選択する機会が得られます。

ベック リサーチが 2021 年 1 月に行った、アメリカ子供連盟の調査によると、回答者の 74% が、低所得層および中所得層の家族が自分の子供を好きな学校に通わせることを可能にする学校の補助券 を支持しています。

加えて、公立学校に子供がいる回答者の 55% は、子供のために別の学校を希望するとしています。

親たちは、自分の子供にとってどのような教育が最適かをよく知っていますが、多くの親は子供を私立学校に行かせる経済的手段を持っていません。

学校選択プログラムは、さまざまな背景を持つ子供たちに、彼らのニーズを満たし、彼らの価値観と一致する学校で学び、成長し、成功する機会を与えることにより、学校コミュニティ内の社会経済的および人種的統合をサポートします。

親子のとっておきの時間【Baby English Labo】
「スポンサー広告」

たとえば、フロリダ州では、学校選択プログラムで大きな成功を収めています。

最近、ロン・デサンティス知事はフロリダ州の学生の学校選択プログラムの機会を大幅に拡大する改革法案に署名しました。 「この法律は、何百万もの低所得世帯とユニークな能力を持つ学生の家族のために、学校教育と教育サービスの両方で歴史的なレベルの柔軟性を生み出しています」とデサンティス州知事は言いました. 「20年以上見てきたように、これらの奨学金プログラムは非常に多くの子供たちと家族を増やしてきました。」

ロン・デサンティス知事
Governor Ron DeSantis
第46代フロリダ州知事
弁護士
元米国海軍司法長官補佐軍団 (JAG) 士官

Photo出典元

フロリダには、100,000 人以上の低所得家庭の学生が自分の選んだ学校に通うのを支援する、全米最大の税額控除奨学金プログラムもあります。これらの生徒の 67% は黒人またはヒスパニックです。

フロリダの税額控除奨学金プログラムの大半の親にとって、人格形成は子供の学校を選択する際の重要な要素です。

英語絵本と歌遊びでおやこのスキンシップ【Baby English Labo】
「スポンサー広告」

調査では、保護者に学校の選択に影響を与えた上位 3 つの要因を挙げるように求められました。親の 66% が、宗教教育と指導が自分の決定に影響を与えたと答え、道徳、性格、価値観が決定に影響したと答えたのは 52% でした。

米国には 30,000 以上の私立学校があります。これらの学校の 67% は、宗教的提携または宗教的指向を持っています。

学校選択プログラムに反対する人は、学生が宗教関連の学校に通えるようにするプログラムは憲法違反であり、憲法修正第 1 条の規定および自由行使条項に違反すると主張することがよくあります。

2020 年、米国最高裁判所は、Espinoza 対モンタナ州歳入局の裁判に対して有利な判決を下しました。これは、学校選択プログラムに参加している家族が、子供の宗教教育を選択する権利を保護する歴史的な決定でした。

元米国教育長官のベッツィ・デヴォスが述べたように、「この決定は、アメリカの教育の悲しくて静的な歴史における転換点であり、最初に学生とそのニーズに焦点を当てた教育の新たな始まりの火付け役となるでしょう。」

ベッツィ・デヴォス
Betsy DeVos
元米国教育長官

Photo出典元

学校選択プログラムは、学生が希望する教育を受ける機会を増やします。しかし、より重要なことは、これらのプログラムにより、家族は子供にとって最適な教育の種類を選択する自由が得られ、最終的には成功に必要な知識、スキル、価値観を得ることができる事です。

以上。

Newsmax公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です