フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「ケイリー・マケナニー:トランプの世界に身を置いていた4年間、私にとって最も意味のあるものでした」

写真は、2020年10月26日、ペンシルバニア州リティッツで開催されたランカスター空港での選挙集会でドナルド・トランプ大統領が演説した後、「YMCA」に合わせて踊るホワイトハウス報道官のケイリー・マケナニー氏。(APフォト/アレックス・ブランドン)

Photo 出典元

米国時間12月08日FOX NEWS
by ケイリー・マケナニー
Kayleigh McEnany
Fox Newsオンエアコントリビューター
第31代 ホワイトハウス報道官(2020年4月7日 – 2021年1月20日)

Photo 出典元

日本語解説:WAU

「ケイリー・マケナニー:トランプの世界に身を置いていた4年間、私にとって最も意味のあるものでした」

共和党全国委員会の全国スポークスマン、トランプ陣営の報道官、そしてホワイトハウスの報道官として、「トランプワールド」で4年近くを過ごした、ケイリー・マケナニー氏は、当時を振り返ってその忘れられない素晴らしい体験を語りました。

「私にとって最も意味があったのは、トランプの集会で、保守運動を構成する男女にインタビューした時間でした」

どのポジションにも、悪評のレベルや「沼」にいることへの期待など、それぞれの状況がありました。私が最も評価された瞬間は、ホワイトハウスの演壇に上がり、敵意に満ちた特派員たちを前にしたときではありませんでした。

そうではなく、私にとって最も意味のある時間は、トランプ氏の集会で、マイクとカメラを持って、保守運動を構成する、疎外され、悪者にされた人たちにインタビューした時間です。

ケイリー・マケナニー氏

(1988年4月18日生まれ)は、アメリカの保守系政治評論家、作家であり、2020年4月から2021年1月までトランプ政権の第33代ホワイトハウス報道官を務めた。現在はFox Newsのオンエアコントリビューターを務めている。

彼女のメディアキャリアは、フォックスニュースのハッカビーのプロデューサーとして始まり、その後、CNNでコメンテーターとして活躍しました。2016年の共和党大統領予備選の初期には、ドナルド・トランプ氏を批判していたが、時が経つにつれ、彼の最も忠実な擁護者の一人として知られるようになった。2017年、彼女は共和党全国委員会の全国スポークスマンに任命された。

トランプ氏の2020年の大統領選挙キャンペーンでは、2019年から2020年までナショナル・プレス・セクレタリーとして働き、2020年10月から2021年1月までは再びシニア・アドバイザーとして働いた。2020年4月7日、彼女はトランプ政権のホワイトハウス報道官に任命され、ジョー・バイデンが第46代大統領に就任するまでその職に就いた。 トランプ政権後、マケナニはフォックス・ニュースにオンエア・コメンテーターとして採用されている。詳細


Photo 出典元

マケナニー氏は続けます。

ヒラリー・クリントンは私たち(トランプ陣営とその支持者)を「嘆かわしい、救いようのない」と呼びました。

元FBIエージェントのピーター・ストルゾックは、私たちを 「匂いでわかる田舎者」と表現しました。

CNNの専門家たちは、私たちが地図上で国の位置を確認できないと主張し、「馬鹿正直な連中」と表現しました。

そして、ジョー・バイデン大統領は、開国を望む人々を「ネアンデルタール人」と呼びました。

違います。

私が出会ったトランプ氏の支持者たちは、そのような存在ではありませんでした。

トランプ・キャンペーンに参加していたとき、私は娘のブレイクを妊娠していました。妊娠中、私は集会の群衆の中に飛び込んでいきました。私が出会った人たちは、信じられないような素晴らしい人たちでした。


写真は、2021年9月25日、ジョージア州ペリーで開催されたセーブ・アメリカ集会で支持者に挨拶するドナルド・トランプ前大統領。(AP Photo/Ben Gray)
Photo 出典元

トランプ大統領に文字通り命を救われたと話してくれた退役軍人がいました。自殺寸前だった彼は、退役軍人のことを本当に考えてくれる大統領に希望と機会を見出しました。

下院民主党がトランプ大統領を弾劾した日の夜、私は、トランプ大統領によって人生が永遠に変わったと語る若者に会いました。

彼は、非暴力の犯罪に対して不当に厳しい判決を受けましたが、トランプ大統領の「ファーストステップ法」により、クリスマスに家族と一緒に過ごすことができました。

そして、妊娠9カ月の私のお腹に駆け寄って祈ってくれた女性がいました。トランプの旗を身につけた彼女は、私のお腹にそっと手を当て、頭を下げて祈りを捧げました。

そう、これらは私が知っている、そして愛している人たちなのです。

「キャンプしているのかな?」と思った。

インタビューが終わると、一人の女性が私のところに来て、彼らが皆、外で寝ていることを教えてくれました。トランプの集会はいつも満員で、あふれんばかりの人が集まることが多く、彼らは場所を確保したかったのです。

「キャンプをしている友人に会ってくれませんか?」と頼まれました。

「勿論、喜んで!喜んで!」

キャンプ場の人たちに近づいてみると、その光景に驚かされました。アメリカの国旗を持ち、コートを着て、一晩寝る準備をしているのです。私はその人たちと一緒に短いビデオを撮影した後、最初に会いに行ったは、バージニアの病院に入院している退役軍人でした。

彼は、不十分なケアを受けているときに、トランプ大統領が退役軍人のために設置した退役軍人ホットラインに電話したことを話してくれました。彼は、返事が来るとは思っていなかったのですが、返事が来たと言いました。

実際、彼はトランプ大統領の娘婿であるララ・トランプ氏から直接電話を受けたのです。彼は、彼女の個人的な働きかけと思いやりのある態度に唖然としたと話してくれました。


写真は、2020年5月22日、ホワイトハウスでコロナウイルスについて記者団と話すために、ケイリー・マケナニー報道官と一緒に到着したドナルド・トランプ大統領。(APフォト/アレックス・ブランド
Photo 出典元

「私が今生きているのは、素晴らしいケアを受けたからです」と、その男性は私に語り、バージニアを好転させたトランプ氏を高く評価しました。私は彼にカメラで自分の話をしてくれるように頼んだが、彼は最後に 「このような話はたくさんある」と言いました。

彼は正しかったのです。私はこのような話を聞き、このグループのような熱意を全国で目にしました。妊娠した後、私は娘を連れて選挙活動を行いました。私の母がホテルの部屋で娘の子守をし、私はいつもこのような「街頭インタビュー」に出かけたのです。

アイオワ州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州、そして共和党の大統領がよく無視するニュージャージー州など、あらゆるところに出かけました。私は、ニュージャージー州のワイルドウッドで行われる集会がどのようなものなのか興味がありました。青色の州だから、支持率はもっと低いのではないかと思ったのです。しかし、私は間違っていました。

カメラマンの一人が私に電話をかけてきて、「今すぐここに来てください」と言って、「1000人以上の人が外で寝ているんです。気温4度の中、100人どころか1000人が寝泊まりしているんです」と。


写真は、2020年2月19日、アリゾナ州フェニックスのアリゾナ・ベテランズ・メモリアル・コロシアムで開催された集会で、ドナルド・トランプ大統領が演説すると支持者が歓声を上げる。(Caitlin O’Hara/Getty Images)
Photo 出典元

娘のブレイクと母をホテルの部屋に残して、寒空の下に飛び出しました。モーテルの向かいにある会場に到着したのは午前0時頃だった。モーテルのほとんどの窓にはトランプのバナーが貼られ、アメリカの国旗も掲げられていました。この寒さの中、大勢の人が寝ているのを見て、私はただ呆然としました。その理由を探るために、私はマイクを持って出かけたので。

「私の兄は、この国に合法的に入国するために7年間も列に並んで待っていなければならないのに、たった今日、合法的に入国できるという手紙を受け取ったのよ」

と、ある女性が話してくれました。

「弟は7年間も待っていたのよ……それなのに、他の人たちは列に飛び込んで来て、何もかも間違ったことをして、働くことも何もせずにすべてを無料で手に入れようとしている……私はそのために働いてお金を払わなければならない。私はそれは間違ってると思うわ」

私はその女性を抱きしめ、兄の素晴らしいニュースを祝福しました。

彼女は最後に「トランプ頑張れ!」と言いました。

大勢の人が集まる集会や、大統領の車列に並ぶ大勢の支持者の間で、トランプ大統領は政治現象を起こしていました。

私はトランプ大統領の選挙報道官として、これらのイベントでトランプ大統領がどのように群衆とつながっているかを見てきました。また、ホワイトハウスの報道官として、彼の有権者への忠誠心が単なる演技ではないことを目の当たりにしました。

集会の前夜にキャンプをしたり、当日にとんでもなく長い列に並んだりするトランプ支持者は、トランプ大統領の大胆さを認識していましたが、同時に信憑性も感じていました。彼は明らかに政治家ではなく、真実を語り、それを貫こうとする人だったのです。彼の支持者の忠誠心は、最高司令官の忠誠心と呼応していました。

私が忘れられないのは、2020年6月22日にホワイトハウスのキャビネットルームで行われた会議です。巨大なマホガニーのテーブルの中央に大統領が座っていました。テーブルの周りの椅子には、それぞれが代表する部署を示すプラカードが置かれていました。しかし、この会議は閣僚会議ではないのです。

この会議は閣議ではなく、大統領と司法長官ビル・バーをはじめとするアドバイザーとの間で行われたもので、医療保険制度(オバマケア)の合法性に異議を唱えている州を支援するための準備書面を提出するかどうかを決めるためのものだったのです。

ホワイトハウスの補佐官で、国内政策審議会のディレクターになる予定のブルック・ロリンズは、大統領が法廷でオバマケアと戦い続けることを強く主張しましたが、そうでない人もいました。


写真は、2020年5月26日、ホワイトハウスで行われたプレスブリーフィングで話すケイリー・マケナニー報道官。(AP Photo/Evan Vucci)
Photo 出典元

ビル・バー司法長官は、ケリーアン・コンウェイと同様に、訴訟からの脱却を強く主張しました。

今は「コロナ」が発生している最中であり、いくらオバマケアが長期的にはコスト高で逆効果になるとはいえ、医療制度を標的にするタイミングではないと考えたのです。さらに、民主党が私たちの訴訟参加を政治的な武器として利用することは間違いありませんでした。選挙期間中に口頭弁論が予定されており、民主党はこれを武器にしてくるでしょう。

そんなやり取りを聞いていた大統領は、側近たちに詰め寄りました。そして、私に向かって「ケイリー、君はどう思う?」と言いました。

私はこう言いました。

「大統領、私は、ケリーアンや司法長官に同意しなければなりませんが、ここには多くのリスクがあると思います」

彼は私の話に耳を傾け、そして私が忘れられないあの感情を口にしました。トランプ大統領は、次のような趣旨のことを言いました。

「構わない」

「私は自分の基盤の彼らと交わした約束を守る」

約束を反故にするくらいなら支持を失う方がマシだという意味のことを言ったのです。

その瞬間、私は大統領の信憑性を実感しました。これは、私にとっては政治的な自殺行為のように感じられました。しかし、自分をそこに置いてくれた有権者への揺るぎない忠誠心、そして何よりも「約束したことは守る」という態度が、彼にとって最も重要なことなのです。

以上。

スポンサー広告
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です