フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「ついに、ハンター・バイデンが米議会から調査されることになる?!」

Photo 出典元

米国時間12月06日FOX NEWS
by ニュート・ギングリッチ OPINION
Newt Gingrich
元下院議長
2012年米国大統領共和党候補者

Photo 出典元

日本語解説:WAU

「ついに、ハンター・バイデンが米議会から調査されることになる?!」

ハンター・バイデンのウクライナ、ロシア、中国での活動は、国家安全保障に直結します。

ニュート・ギングリッチ元下院議長によると、バイデン政権、司法省、議会民主党、プロパガンダメディアなどのあらゆる工作にもかかわらず、ハンター・バイデンは結局調査されることになり、ジョー・バイデン大統領とその政権、そして彼の遺産に甚大な影響を与えることになると言います。

ハンター・バイデンがセルビアや中国などの外国人工作員と会っていたという話が続々と出てくれば、深刻な調査は避けられなく、ウクライナ、ロシア、中国での活動が、国家安全保障に直接影響することを示す証拠は圧倒的に多いからです。

バイデン政権の共産主義中国への弱腰が、バイデン一族やその同盟国に対する中国の汚職にどれだけ影響されているのか、私たちにはわかりませんが、ウラジーミル・プーチンが、ハンター・バイデン、そして彼を通じた米国の統治者一族の腐敗を知って、どれほど勇気づけられたかもわかりません。

FBIや司法省には、誠実さや探究心がまったくなかったのです。ハンター・バイデンのノートパソコンの件で、バイデン大統領の息子が一連の驚くべき影響力行使の企てで起訴されていなかったのは驚くべきことです。

信じられないことに、ハンターのノートパソコンが発見されたにもかかわらず、バイデン夫妻が住んでいるデラウェア州の連邦検事は、最高レベルの公的汚職に関わる事件の追及に興味を示していませんでした。

FBIはノートパソコンを入手しましたが、その中に含まれるさまざまな電子メールに示された明らかな汚職を追求するために何もしてこなかったのです。

ハンター・バイデンがオバマ時代に副大統領との「ユニークな関係」を無責任に売り込んだこと(その後は大統領候補と、そして現在は大統領と)は、国家安全保障上、非常に大きな意味を持ちます。

ハンターが、共産主義の中国やプーチン政権下のロシア、ウクライナでのビジネスを積極的に模索していたのは偶然ではありません。これらの国々は、ワシントンへの影響力を高めることに強い関心を持っており、ハンターとその家族を通じて、実際にアクセスして影響力を得ていると感じていたようです。

もしジョー・バイデンがそのことを知っていたとしたら、彼は明らかに外国勢力が関与した汚職に巻き込まれているです。

元米海軍中尉のトニー・ボブリンスキー氏は、ハンター・バイデン氏のノートパソコンから発見された電子メールによって、バイデン氏の汚職に関する彼の主張のほとんどすべてを立証しました。

ボブリンスキー氏の主張は、明らかに大統領とその息子を巻き込んだものであり、バイデン家が最も悪質な汚職にまみれていることを示唆しています。

トニー・ボブリンスキー氏

Photo 出典元

これは、映画「ジェリー・マグワイア」の中で、トム・クルーズが、アメリカン・フットボール選手のクライアントに自分をエージェントとして引き留めるために、何度も「金を見せろ」と叫ばなければならないシーンに似ています。

中国、ロシア、ウクライナの贈収賄者たちが、国の大物政治家の息子がコカインを使い、売春婦を雇い、影響力のために何度も金を払っているのを軽蔑して見ていたであろうことを想像してみてほしいのです。

自問してみましょう。このような外国からの資金やビジネスが、明らかに資格がなく、深い悩みを抱え、まったく準備のできていないブローカーであるハンター・バイデンにもたらされていたにもかかわらず、ジョー・バイデンはそれについて尋ねたり、調べたり、ハンターの行動を監視するようスタッフに依頼したりしなかったというのは、まったくもってありえない話ではないでしょうか。

もしジョー・バイデンが知っていたとしたら、彼は明らかに外国勢力が関与した汚職に巻き込まれています。意図的に知らないようにしていたとしたら、それは親の無関心と断固とした怠慢の表れであり、到底信じられないことです。

議会民主党とバイデン執行部は、ノートパソコンやその他の様々な情報源から明らかになった汚職の調査を拒むかもしれないが、2023年の共和党議会は、潜在的な汚職を徹底的に調査する義務があると考えるべきです。

調査にはハンター・バイデンとその関係者(父親を含む場合も含まない場合もある)を含めることが不可欠です。また、明らかに職務を怠っていた隠蔽関係者のネットワークや、ハンター・バイデンの汚職を意識的に隠蔽したり嘘をついたりしていた従来のメディアやソーシャルメディアの協力者が広く集められていることも調べるべきです。

また、ヒラリー・クリントンが33,000通以上の電子メールを削除した一方で、彼女のスタッフがハンマーを使ってコンピュータのハードディスクを文字通り破壊したとき以来、法執行機関の職員がこれほど故意に真実の知識を避けたことはありませんでした。

クリントン氏とハンター・バイデン氏に対する司法省の温情的な無視と、ドナルド・トランプ大統領を中傷するために作られた全くのインチキなロシアの書類であることが分かっているものを追求した司法省の違法な過剰行為を比較すると、連邦刑事司法制度に重大な病があることは明らかです。

この件については、監視者たちの仕事によって、ハンター・バイデンが議会と刑事司法の両方の監視にさらされることはほぼ確実です。

調査は必ず行われます。

問題は、どのくらいの期間で、誰が行うかです。

以上。

スポンサー広告
副業でも年収600万円以上が可能【日本結婚相談所連盟】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です