フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「米10州の医療従事者に対するバイデン政権のワクチン義務化を連邦判事が阻止」

Photo 出典元

米国時間11月30日FOX NEWS
by マイケル・リー
Michael Lee

日本語解説:WAU

「米10州の医療従事者に対するバイデン政権のワクチン義務化を連邦判事が阻止」

各州がバイデン政権を提訴していた。

記事によると、連邦裁判所は、バイデン大統領が10州で医療従事者へ義務付けたコロナワクチン接種を中止しました。

米国連邦地方裁判所マシュー・シェルプ判事は、月曜日に出された32ページの命令書の中で、

「標準以下の医療を提供するか、医療を全く提供しないかという2つの望ましくない選択を医療施設に要求することによる迅速で取り返しのつかない影響よりも、ワクチンを接種していない従業員、スタッフ、研修生、学生、ボランティア、契約者がいる医療施設が運営される方が明らかに有利である」

と述べています。

マシュー・シェルプ判事

Photo 出典元

今回の判決で影響を受けるのは、バイデン政権下でこの規則をめぐって訴訟を起こした、アラスカ州、アーカンソー州、アイオワ州、カンザス州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ニューハンプシャー州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、ワイオミング州です。

バイデン政権が11月5日に出した「ワクチン接種命令」は、低所得者や妊婦のためのメディケイドや、高齢者及び障碍者のためのメディケアを通じて連邦政府から資金援助を受けている病院の医療従事者に適用され、バイデン政権は、国内の医療従事者の間でコロナが蔓延するのを遅らせるためにこの規則が必要だと主張していました。

しかし、シェルプ判事は、この命令はバイデン氏の権限を超えている可能性が高いと判断し、10州に一時的な勝利を与えましたが、この訴訟は今後もシステムを介して行われる予定ですが、判決文には次のように書かれています。

「議会は、メディケア・メディケイド・サービスセンター社に対して、この政治的・経済的に巨大で、連邦制度を変え、境界を押し広げるような命令を制定する権限を明確に与えていない」

これらの10州は、この命令が州の権利を侵害し、医療従事者不足を悪化させると主張して、命令が発行された直後に政権を訴えていました。

今回の判決は、米労働安全衛生局が従業員100人以上の民間企業に対するバイデン氏のワクチン接種義務化について、連邦裁判所の判決を受けて執行を停止すると発表した数日後に出されたものです。

判決後、米労働安全衛生局の担当者は次のように述べています。、

「労働安全衛生局は第5巡回区判事の停止を遵守している。我々はこの規制を施行していないし、実施もしていないので、コンプライアンスの支援もしていない」

以上。

スポンサー広告
コミコミ価格!1万円から新車に乗れる!【カーリース館】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。