フォックス・ニュース

FOXニュース ジョン・ケリーの犯した重大な裏切りーイランに秘密情報漏洩?

4月27日、FOXニュースフレデリックH.フライツ(Frederick H. Fleitz)氏のオピニオン記事、

米国気候変動問題担当第1代特使ジョン・ケリーによるイラン外務大臣への秘密情報漏洩門題

を報じました。

オピニオン記事執筆者:
フレデリック H.フライツ

Frederick H. Fleitz
元米国政府高官
国家安全保障会議(NSC)の参謀長および事務局長を歴任。
米国中央情報局(CIA)、国防情報局(DIA)、国務省(DOS)、および米国下院情報委員会のスタッフとともに、米国政府国家安全保障職に25年間勤務した。
セキュリティポリシーセンター(通称CSP:極右・抗イスラム教徒のワシントンD.C.ベースのシンクタンク)の社長兼CEO。

Photo出典元

FOXニュース公式記事はこちら

翻訳に関する注意事項

米国気候変動問題担当第1代特使ジョン・ケリーによるイラン外務大臣への秘密情報漏洩門題

米国気候変動問題担当第1代特使ジョン・ケリー氏によるイラン外務大臣への秘密情報漏洩問題について、イラン側の報告が真実である場合、バイデン大統領はケリー氏を解雇しなければなりません。

2018年、当時国務長官だったジョン・ケリー氏がイランのジャバド・ザリフ外相に、イスラエルによるシリア内のイラン施設に対する200件以上に登る秘密裡の軍事攻撃について情報を漏らしていたことが大々的に報道されています。

米国気候変動問題担当第1代特使
ジョン・ケリー
John Forbes Kerry

ジャバド・ザリフ外相
Mohammad Javad Zarif

この申し立ては、先月(3月)イラン人ジャーナリストに対してザリフ外相が語ったコメントの録音テープが、ニューヨークタイムズとイランインターナショナル(英国ロンドン本社のペルシャTV局)へリークされたことから起こりました。

このレポートが真実である場合、それはケリー氏がアメリカの敵に機密情報を明らかにしただけでなく、アメリカの最も近い同盟国の1つであるイスラエルの敏感な秘密軍事行動情報を敵国に与えていたことを意味します。さらに悪いことに、ケリー氏はトランプ大統領のイラン政策を弱体化させるためにザリフ外相との個人的な会合でこれを行った可能性があるのです。

ケリー氏は昨日のツイートで、「明確な誤りである。私が国務長官だった時、またそれ以来こんな事は決して起こらなかった」と言って、そのレポート内容を否定しました。

ケリー氏が機密情報をイランに渡したことを否定したのは当然でしょう。なぜなら、彼はこの非常に有害な話を反証するか、辞任するかの2つの選択肢しかないことを知っているからです。 しかし、ザリフ外相がイラン人ジャーナリストに対して嘘をつくとは信じがたいので、この内容を反証することは難しいでしょう。

これが真実であることが証明されるかどうかにかかわらず、バイデン政権は現在の米国とイスラエルとの重要な関係を悪化させ損害を与えることになるでしょう。

シリアへのイスラエル軍秘密作戦の種類と範囲についてイラン側に洞察の機会を与えることは、イスラエル兵士と代理人の命を危険にさらすことになるため、イスラエル政府としては激怒する必要があるのです。

深刻な欠陥がある2015年のイランとの核合意に再び参加するため、バイデン大統領の必死の努力は、すでに米国とイスラエルとの関係を傷つけています。

これは、イスラエルのエージェントが4月11日に、米国に事前に通知することなくイランのナタンツウラン遠心分離プラントへの大規模な妨害攻撃は、米国国防長官ロイドオースティンがイスラエル当局者と会うために中東に飛んでいたときに行われたことで明らかでした。 

これは、米国に対するイスラエルの大きな侮辱であり、イスラエル当局がバイデン政権を信頼していないことを明確に示しています。 

言うまでもなく、ケリー氏の漏洩行為は、イスラエルがイランからの脅威について米国と協力したり、重要な情報を共有したりする意欲をさらに低下させ両国の安全を損なうでしょう。 


では、ケリー氏はどこで機密情報を入手したのでしょうか? もしこれが2018年に起きたとしたら、一部の人が信じているように、ケリー氏はオフィスを去った後もトランプ政権中にセキュリティクリアランスを保持し、CIAや他の諜報機関から機密情報を入手し、イスラエルの極秘秘密作戦について知っていた可能性があります。

ケーリー氏の漏洩行為が真実であると証明された場合、バイデン大統領が米国とイスラエルの関係への損害に対処する責任ある行動とは、ジョン・ケリー氏を解雇することです。 しかし残念ながら、バイデン大統領は責任を取ることにも有能では無いうえに、バイデン政権はケリー氏の漏洩行為を軽視して却下する事が予測可能です。

共和党議員は、あらゆる機会に、特に2022年の中間選挙で、ケリー氏がイスラエルの機密情報をイランに与えたとことを問題視する必要があります。

さらに、共和党が2024年にホワイトハウスを取り戻した場合、共和党大統領の外交政策を弱体化させないために、ケリー氏が行ったようなことを実行できないように、全てではないにしてもほとんどのバイデン当局者のセキュリティクリアランスをキャンセルする準備をしなければなりません。

以上。

FOXニュース公式記事より

WAU MEDIAコメント:
ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

アメリカ民主党の先生方の信じれられないような「疑惑行動」の暴露が後を絶ちません。ケリー氏はベトナム戦争兵役中にその功績を認められシルバースターメダルブロンズスターメダルなど多数のメダルを授与されてますが、今回の疑惑が事実だと認められたら、当然、メダルは返還すべきでしょうし、「国家反逆罪」で投獄されることになるでしょう。そうだとしたら、いったいいつケリー氏の堕落が始まったんでしょう?それとも彼だけではなく、人は権力を持つと変えられてしまうのでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です