ニューズマックス

ニューズマックス「トランプ・ジュニア氏、ファウチ博士とコリンズ遺伝学者の「嘘」を非難。国立衛生研究所副所長が証言か。」

Photo 出典元 (Getty/Scott Olson)

米国時間10月21日07:39 PMニューズマックス
by ジャック・グールネル
Jack Gournell

日本語解説:WAU

トランプ・ジュニア氏、ファウチ博士とコリンズ遺伝学者の「嘘」を非難。国立衛生研究所副所長が証言か。

記事によると、ドナルド・トランプ・ジュニア氏は木曜日にニュースマックスの「アメリカン・アジェンダ」で、米国国立アレルギー・感染症研究所の所長であり、ジョー・バイデン大統領の首席医療顧問であるアンソニー・ファウチ博士は、マスコミが彼らを保護しているので、アメリカ国立衛生研究所:NIHが武漢ウイルス研究所での機能獲得研究に資金を提供しているという議会での嘘から逃れることができるだろうと語りました。

トランプ・ジュニア氏は、「彼らはもはや責任を負えない人物を選び、例えば最近死んだ人のせいにするだろう。彼らはどんな種類の責任も回避するために何でもするだろうし、そのことを考えてみてほしい」と、トラファウチ博士と、退任する国立衛生研究所所長のフランシス・コリンズ博士について語りました。

アンソニー・ファウチ博士

Photo 出典元

ランシス・コリンズ博士

Photo 出典元

フェデラリスト誌は木曜日、アメリカ国立衛生研究所のローレンス・タバック主席副所長が、下院の監視・改革委員会に宛てた手紙の中で、機能獲得型研究はアメリカ国立衛生研究所から資金提供されたことはないというファウチの上院証言に異議を唱えたと報じました。

ローレンス・タバック主席副所長

Photo 出典元

ドナルド・トランプ前大統領の長男であるドナルド・トランプ・ジュニア氏は、ファウチ氏の証言を、同氏が議会で30時間以上かけて行った証言と比較しました。

「そこには何もなかったが、彼らは私が少しでも間違ったことを言えば、それだけで偽証罪の罠にはまることを期待していたのです。世界中で何百万人もの命を奪ったパンデミックの起源という重大なことについて、ファウチ博士は何度も偽証していたように思えますが。」

ランド・ポール上院議員(共和党)は、調査審議会で何度もファウチ博士の主張を突き詰めましたが、ファウチ氏はポール氏が 「完全に間違っている」と主張していました。

トランプ・ジュニア氏は言います。「彼らが嘘をつくたびに、メディアが隠蔽するたびに、民主党のソーシャルメディアが、主流メディアが、ファウチ博士をかばい、われわれが『嘘だ』と言おうと、完全な対抗PRモードに入った」

「半年前は、現在事実として報道されていることを言っただけで、ソーシャルメディアから追い出されていたのです」と同氏は言います。

「ファウチ博士は実際に嘘をついていたことが分かりましたが、もちろん、このような嘘に対する説明責任は民主党の政敵にだけ課せられるでしょう」

「そしてまた、ご存知の通り、ファウチ博士はスあっちこっちを駆け巡り、おそらくファウチ博士を神であるかのように扱うトークショーで多くのテレビ時間を得るでしょう。」

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です