フォックス・ニュース

フォックス・ニュース 「ハンター・バイデンの会社が、中国企業に38億ドルの豊かなコバルト鉱山の購入を支援」

Photo 出典元

米国時間11月21日FOX NEWS

by ピーター・エイトケン
Peter Aitken

Photo 出典元

日本語解説:WAU

ハンター・バイデンの会社が、中国企業に38億ドルの豊かなコバルト鉱山の購入を支援

ハンター・バイデン氏のビジネス上のつながりは、父親の大統領就任初期にも続いていた可能性があります。

記事によると、ハンター・バイデンが創業者に名を連ねる投資会社が、中国企業による米国企業からの世界で最も収益性の高いコバルト鉱山の買収を支援していたことが、ニューヨークタイムズの報道により明らかになりました。

ハンター・バイデンは、2013年に他の2人の米国人と一部の中国のパートナーと一緒に、「ボハイ・ハーベストRST(BHR)株式投資ファンド運営会社」という会社を設立しました。アメリカ人メンバーは、上海を拠点とするこの事業の30%を支配し、取締役を務めていました。

同社は2016年に、コンゴのコバルトと銅の鉱山をアメリカのフリーポート・マクモラン社から中国の中国モリブデン社に26.5億ドルで譲渡する取引を完了したことで注目を集めました。


写真は、CNNのアンカーであるジョン・キングは水曜日、ハンター・バイデンは権力者である父親を利用して金儲けをした「沼地の生き物」だと語った。(Photo by Teresa Kroeger/Getty Images) (Photo by Teresa Kroeger/Getty Images)

「BHR」は少数株主として、コンゴ鉱山の一部を所有していたカナダのランディンマイニング社から約11億4,000万ドルの株式を買い取っています。

香港の書類によると、その2年後に「中国モリブデン」が「BHR」の株式を買い取ったということです。この取引により、「中国モリブデン」が同鉱山の80%を所有し、残りの部分はコンゴの国営鉱山会社が所有することになりました。

タイムズ紙は、ハンター・バイデンがワシントンに拠点を置く会社スカネアテルスLLCを通じて「BHR」の10%を支配していると報じました。

ハンター・バイデンの弁護士であるクリス・クラーク氏は、

「BHRとスカネアテルスのいずれにおいても、直接的にも間接的にも、もはやいかなる利害関係も有していない」

と述べており、中国の記録によると、2020年4月の時点でハンター・バイデンは取締役会のメンバーではなかったことになっています。

クリス・クラーク弁護士

Photo 出典元

しかし、Fox Newsが2021年4月に確認した中国のビジネス記録によると、ハンター・バイデン氏は、ハンター氏の会社である「スカネアテルスLLC」を通じて、中国のプライベート・エクイティ企業である「ボハイ・ハーベストRST(BHR)株式投資ファンド運営会社」の株式を10%保有し続けていたと言います。

この点について、ホワイトハウス報道官ジェン・サキ氏は、記者団の質問に、

「彼は投資を解消しようと努力していますが、私はあなたに、彼は民間人であることを指摘します。彼は民間人ですから、最新情報は彼か彼の弁護士に聞いてください」

と述べています。

また、同社のある元取締役は、

「オーナーが関与していない取引から得たお金は運営資金に使われ、オーナーの間で分配されなかった」

と主張し、「中国モリブデン社」のスポークスマンである「ヴィンセント・ゾウ」氏は、

「我々はハンター・バイデンを知らないし、彼がBHRに関与していることも知らない」

と電子メールで述べています。

ハンター・バイデン氏のビジネスとの関係は、依然としてメディアの厳しい監視対象となっており、特に中国での活動が注目されています。

バイデン大統領は特に、コバルトが電気自動車のバッテリーの重要な成分であることから、中国がコバルトの支配を強めていることが、ガソリンから電気自動車への移行を目指すアメリカの試みの障害になると警告しています。

テスラ社」は昨年、電気自動車のバッテリーに使用するコバルトの獲得量を増やすために、カナダの鉱山会社「グレンコア」の買収を進めました。

以上。

スポンサー広告
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です