フォックス・ニュース

FOX NEWS「バイデン政権はカブール陥落の数ヶ月前から海外に閉じ込められたアメリカ市民の保護を撤廃する動きを見せていた!」

Photo出典元

8月19日FOX NEWS
by ヒューストン・キーン
Houston Keene
Fox News Digitalレポーター

Photo出典元

by リッチ・エドソン
Rich Edson
FOXニュースチャンネル(FNC)のワシントンDC特派員

Photo出典元

日本語解説:WAU

「バイデン政権はカブール陥落の数ヶ月前から海外に閉じ込められたアメリカ市民の保護を撤廃する動きを見せていた!」

トランプ政権下で創設されていた「有事・危機対応局(CCR)」

バイデン政権は6月、海外に閉じ込められたアメリカ人を保護するためのシステムを撤廃しようとしました。

それは、タリバンがアフガニスタンを制圧し、何千人ものアメリカ人が中央アジアの国に取り残される数ヶ月前のことです。

Fox Newsは、6月11日に国務省に送られたメモを入手しました。このメモには、「有事・危機対応局(CCR)の設立を中止し、終了させる」という許可が書かれていました。

この機密メモは、ブライアン・マッケン国務副長官によって署名されたもので、バイデン政権が失敗に終わった軍の撤退により、アフガニスタンがタリバンの支配下に置かれる数カ月前のことです。

ブライアン・マッケン国務副長官

Photo出典元

「有事・危機対応局(CCR)」は、トランプ時代のマイク・ポンペオ国務長官の下で設立され、「航空、ロジスティックス、医療支援能力を同省の作戦局に提供し、それによって自然災害や人災の後の海外避難に関連して、海外の米国民を保護する長官の能力を強化する」ことを任務としていました。この局は、何千人ものアメリカ市民や同盟国がテロリストの背後に追いやられている、タリバンによるアフガニスタン占領への対応にも任務を果たすはずでした。

マイク・ポンペオ元国務長官

Photo出典元

一方、米国務省の報道官は、フォックス・ニュースに水曜日のメールで、「提案された『有事・危機対応局』は、省内に新しい能力を導入しなかっただけでなく、正式には設立されなかったことに留意することが重要である」 と語りました。

「その設立が一時中断される前に、いくつかの管理上のステップが踏まれましたが、チームの日常業務は変わっていません。」 と広報担当者は述べています。

「昨年、そして局の設立が提案されて以来、同省が提供してきたすべての要件は、適切であれば今日も同じように提供することができます」と続けました。

国務省の関係者は、Fox Newsに対し、同局が提供する機能はいずれもなくなっていないと強調しました。また、アントニー・ブリンケン国務長官が今年初めに同省に着任した直後、同局の見直しを要請したと述べ、同局は当時、初期段階にあったと説明しました。

アントニー・ブリンケン国務長官

Photo 出典元

大統領は水曜日、ABCニュースに対し、「カオスの発生」なしに撤退が可能だったとは思わないと語りました。

「アフガニスタン政府のリーダーが飛行機に乗って離陸し、他国に行ってしまったとき、我々が訓練したアフガニスタン軍が大幅に崩壊し、最大で30万人が装備を残して脱出してしまったのを見たとき、それが起こったのです。」とバイデンは述べています。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です