ニューズマックス

ニューズマックス(オピニオン)「アメリカと中国。衝突か協力か?」第三次世界大戦を回避するために

Photo 出典元

米国時間11月12日Newsmax
by パトリック・ブキャナン
Patrick Buchanan
パトリック・J・ブキャナンは、3人の大統領の上級顧問、2度の共和党大統領候補、そして2000年には改革党の大統領候補を務めました。「Nixon’s White House Wars: The Battles That Made and Broke a President and Divided America Forever(ニクソンのホワイトハウス戦争:大統領とアメリカを永遠に分断する戦い)」の著者。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

「アメリカと中国。衝突か協力か?」第三次世界大戦を回避するために

グラスゴーで行われた「COP26」サミットでのサプライズ発表として、米国の気候問題担当者であるジョン・ケリー氏と中国の担当者は、中国の指導者である習氏の「いかなる決定も経済的現実を考慮に入れなければならない」と述べた上で、両国が協力して地球温暖化を抑制することを約束したと宣言しました。

しかし、その前日にフィリピンのクラーク基地から米議会代表団を乗せた米海軍機が台湾に到着したことで、北京からは次にように別の反応があったという。

「中国人民解放軍は、外部勢力によるいかなる干渉や『台湾独立』の分離主義者の企てを断固として粉砕するために、必要なあらゆる手段を講じる」

この事件は、現代の大きな問題の一つに触れている。

世界有数の大国である中国と米国は、衝突に向かっているのか、それとも熱戦や第二次冷戦を回避できるような関わり方をしているのか。

ジョー・バイデンが大統領に就任してからの10ヶ月間で、悲観論者の考えがほぼ正しかったことが証明されたようだ。

バイデン大統領になってわずか6週間で、米国は年次人権報告書の中で次のように宣言した。

「新疆ウイグル自治区において、主にイスラム教徒であるウイグル人やその他の民族的・宗教的少数派に対して、ジェノサイドや人道に対する罪がこの1年間に発生した」

米国は、中国の行動を、ニュルンベルクでナチスが絞首刑に処された戦争犯罪と同一視したことで、その後の展開が決まった。

1)バイデン新政権に対する中国の行動は、ほぼ一様に米国の抗議を敵視し、侮辱するものであった。

2)バイデン大統領就任後の10カ月間、中国はウイグル人への迫害を続け、香港の民主化デモの残骸を組織的に粉砕した。

3)この夏、中国は、米軍が保有していない、米国内のどこにでも到達可能な極超音速巡航ミサイルの発射実験を行った。

マーク・ミリー統合参謀本部議長は、この極超音速ミサイルの実験は、今の世代にとって「スプートニクの瞬間」になるかもしれないと述べ、1957年10月、ニキータ・フルシチョフ率いるソ連が宇宙開発競争で主導権を握ったことを知って目を覚ましたあの日を思い起こさせた。

最近では、中国がロサンゼルスからワシントンD.C.までのアメリカの都市を危険にさらすミサイルを格納するために、何百ものサイロを建設していることがわかっている。

10月の4日間で、中国は149機の戦闘機と爆撃機を台湾の防空識別圏に送り込んだ。

また、10月には、ロシアと中国の軍艦5隻ずつの艦隊が、日本の北海道と本州の間にある津軽海峡を通過して西太平洋に出て、日本列島を通って日本海に戻ってきている。

中国はミサイル実験、軍艦、軍用機でアメリカに向けてメッセージを発信した。

「我々もモンロー主義を持っている」

「南シナ海は我々のものであり、その中にある南沙諸島や西沙諸島、そして我々が占領して要塞化したすべての岩や岩礁も同様である。台湾海峡は我々のものであり、台湾島とその国民も我々のものである。台北の政権とその米国の同盟国が独立を宣言しようとすれば、中国はそれを戦争行為とみなす。近くにある尖閣諸島は、日本が主張し占領しているが、我々のものでもある」

北京から日本、韓国、フィリピンへのメッセージは次のように発信している。

「太平洋における20世紀がアメリカの世紀であったように、東アジアと西太平洋における21世紀は中国の世紀になるだろう」

中国の狙いは何なのか?

それは、第二次世界大戦で勝者と敗者の多くが経験したように、急速にエスカレートして両者にとって大きな災害となる可能性のある米国との戦争ではないことはほぼ確実である。

中国の戦略的目標は、米国と韓国、日本、フィリピン、オーストラリアとの同盟関係を解消し、東アジア・西太平洋諸国が中立または親中の立場をとり、米軍をこの地域からグアムやハワイに追放し、この地域を米国ではなく中国の軌道に乗せることである。

中国は、米国に代わって、東・南アジアと西太平洋の新たな覇権国になることを目指している。

これはそれほど荒唐無稽な夢ではない。

中国海軍は、今日では空母戦闘群を擁するアメリカ海軍には及ばないものの、中国海軍と陸軍は我々よりも大きく、世界最大であり、いかなる紛争においても、他人の国ではなく自分の国のために、そして自分の国から戦うことになるでしょう。

木曜日は米国の退役軍人の日でした。1918年の11月11日、近代史上最大の戦争が何百万人もの戦死者と民間人の死を経て休戦協定で終結したことを記念する日です。

この戦争は、オットー・フォン・ビスマルク首相が言っていたように、

「バルカン半島で起きた愚かな出来事」つまりオーストリアのフランツ・フェルディナンド大公サラエボで暗殺されたことが原因で始まったのです。

もし中国とアメリカの間で大きな戦争が起こるとしたら、それはおそらく台湾海峡での何か馬鹿げたことが原因になるでしょう。

その戦争を回避することは、中国共産党とアメリカの民主的な資本家の両方にとって、最優先すべきことである。

以上。

スポンサー広告
赤ちゃんやペットに安心の日本製暖房機【ケノンヒーター】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です