フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「連邦判事は1月6日の調査委員会で、一部のトランプ文書へのアクセスを許可」トランプ氏は、資料は行政特権の対象であると主張していた。

Photo 出典元

米国時間11月10日|Fox News
by マイケル・リー
Michael Lee

日本語解説:WAU

「連邦判事は1月6日の調査委員会で、一部のトランプ文書へのアクセスを許可」トランプ氏は、資料は行政特権の対象であると主張していた。

記事によると、連邦判事は、ドナルド・トランプ元大統領が、1月6日の国会議事堂での抗議行動を調査する議会委員会がホワイトハウスの記録文書にアクセスするのを阻止しようとした訴訟を一部否定しました。

トランプ氏は先月提出した訴訟で、委員会が求める資料は行政特権の対象であると主張していました。

前大統領は月曜日遅くに提出した緊急動議の中で、米連邦地裁のターニャ・S・チュトカン判事に上告までの間、訴訟の停止を認めるよう求めましたが、チュトカン判事は火曜日に「時期尚早」と述べていました。

ターニャ・S・チュトカン判事

Photo 出典元

トランプ氏が保護を求めていたのは、電話記録、訪問者記録など、現在国立公文書館が保有している文書が含まれます。

国立公文書館は金曜日に委員会に文書を引き渡す予定ですが、これを受けて、トランプ氏の顧問弁護士ジェシー・ビナール氏緊急動議で、

「司法審査が完了する前であり、トランプ大統領が完全かつ公正に聴取される機会を得る前である。委員会には調査権がない。本件は 時間との戦いではなく、本法廷でも控訴でも、アメリカの司法審査プロセスに従って徹底的に、しかし迅速な検討を経て決定されるべき。裁判官が仮処分を認めない場合には『速やかに控訴する』」

と宣言しています。

ジェシー・ビナール氏

Photo 出典元

ホワイトハウスのダナ・リーマス弁護士は、

「委員会が要求した文書は、1月6日前後のホワイトハウス内での出来事を明らかにし、南北戦争以来の連邦政府の運営に対する最も深刻な攻撃の根底にある事実を理解するという特別委員会の必要性に応えるものである」

と主張しています。

大統領特権とは

米国大統領およびその他の行政府のメンバーが、一定の状況下で行政府内の機密通信を維持し、それらの機密通信に関連する特定の情報や人員を求めて立法府や司法府が行う一部の召喚状やその他の監視に抵抗する権利である。

この権利は、情報を公開することで政府の機能が損なわれる場合に発動する。アメリカ合衆国憲法には、行政特権も議会の監視権も明記されていませんが、アメリカ合衆国最高裁判所は、行政特権と議会の監視権はそれぞれ、憲法上の活動領域において各部門が優位に立つことに由来する、三権分立の原則の帰結であると判断しています。詳細

以上。

スポンサー広告
豊富な栄養素をもつ2大健康素材配合【マカ+クラチャイダム】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です