フォックス・ビジネス

フォックス・ビジネス「パイロットたちがノースカロライナ州の空港でバイデンのワクチン義務化に抗議。「もう十分だ!いい加減にしろ!」

Photo 出典元

米国時11月08日FOX Business
by ダニエル・ウォレス
Marie Jackson
Breaking Newsと政治担当記者
BBCニュースのジャーナリスト

Photo 出典元

日本語解説:WAU

パイロットたちがノースカロライナ州の空港でバイデンのワクチン義務化に抗議。「もういい十分だ!いい加減にしろ!」

ノースカロライナ州の主要空港では、土曜日にパイロットがバイデン大統領のワクチン義務化に抗議する姿が見られました。政府が予防接種を推進する中で、航空業界ではすでに大幅な人員不足に悩まされています。

Foxが報じたところによると、USフリーダム・フライヤーと呼ばれる団体は、土曜日にシャーロット・ダグラス国際空港の外で集会を開き、主要航空会社のパイロットやその他の業種に従事する支持者が、バイデン大統領の「従業員100人以上のすべての民間企業に1月4日からワクチン接種を義務付ける」という最新の指令に抗議しました。

ルイジアナ州では、土曜日、州の「第5巡回控訴裁判所」が連邦労働安全衛生局によるワクチン義務化の緊急停止を申し渡しています。

「USフリーダムフライヤー」は、市民による医療の自由の権利を奪う、連邦および州の命令と戦うために集まった運輸業界の従業員のグループです。Health Freedom Defense FundやThe Davillier Law Groupと協力して、個人と医者との同意の維持と憲法上の権利の擁護を目指しています。

「飛行機、船、列車、タクシー、自家用車など、どのような手段で移動しても、私たちの使命は同じです。それは、ワクチン接種の状況に応じて政府に妨害されることなく、自由に移動するという奪いがたい自由を守ることです。 今こそ、私たち全員が、政策立案者に憲法を守る義務を思い出させる時です。」

と彼らのサイトで謳っています。詳細

大手航空会社のパイロットであるアルテミス・コバーン氏は、FOXのインタビューに答えて次のように述べています。

「私たちが今日ここにいるのは、義務化にうんざりしているからです。もう十分だと思うし、私たちは立ち上がるつもりだし、これが私たちの立ち位置なんだ」

もしこの義務指令が発効すれば、8,400万人の民間企業の労働者が、コロナの予防接種を受けるか、毎週の検査を受けることを雇用主から要求される可能性があります。

「USフリーダムフライヤー」の共同設立者であるジョシュア・ヨーダー氏は、

「もし実際にそうなったら、航空業界は壊滅的な打撃を受けることになるでしょう。会社側は10%の社員を失う余裕はありませんし、ましてや様々なワークグループで20〜30%を失う余裕もありません」

この割合は、医学的・宗教的理由やその他の理由でワクチン接種を拒否している航空業界の従業員の数を推定したものだとヨーダー氏は言います。

「USフリーダムフライヤー」の共同設立者であるロバート・スーダー氏は、

「政府も会社も組合も、そして多くの従業員でさえ、自由を守っていないのですから、私たちがその穴を埋めなければなりません」

と語っています。

スポンサーリンク
ログイン不要のスムーズな予約フロー【NAVITIME Travel】

これは、アメリカン航空が、ダラス・フォートワース空港での強風のために次のフライトに間に合わない従業員がいたことから、人員不足を理由に、ハロウィーンの週末に約2,000便のフライトをキャンセルしたことによるものです。

また、サウスウエスト航空も、10月のコロンバス・デーの週末には、数百便のフライトをキャンセルしたことについて、ワクチン接種の義務化に抗議して従業員が欠勤したのではないかと推測されていますが、サウスウエスト航空のパイロット組合はこれを断固として否定しています。

当日便も申込OK!【NAVITIME Travel】

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です