デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「バイデン、ローマG20会議で記者の『あなたは支持率が低い』との指摘に、私はアメリカ大統領としての仕事を実行している」

Photo 出典元Chip Somodevilla/Getty Images

米国時間11月1日Daily Wire News

日本語解説:WAU

バイデン、ローマG20会議で記者の『あなたは支持率が低い』との指摘に、私はアメリカ大統領としての仕事を実行している

ABCニュース、「バイデン大統領は世論調査の低下を軽視」とツイート

ジョー・バイデン大統領は20日、ローマで開催されたG20で世界の指導者たちが気候変動について話し合った際、

「みんなが私を求めたからアメリカが戻ってきた」

と主張しました。

それを受け、AP通信ジーク・ミラー記者は次のように質問しました。

「ここローマで、あなたはアメリカが戻ってきたことをアピールしようとしましたが、国内ではあなたの支持率は落ちています。バージニア州知事選の民主党候補は、予想以上に厳しい戦いを強いられています。

あなたの党は、国内の立法政策について、何ヶ月もかけて交渉していますが、あなたが『アメリカが戻ってきた』と言うとき、それが本当にここに留まることだと、なぜ世界が信じなければならないのですか?」

ジーク・ミラー氏

Photo 出典元

バイデン氏は次のように主張しました。

「なぜなら、彼らの求めがあったからです。あなたもそこにいましたよ。彼らは耳を傾けてくれたでしょう?みんなが私を求めてくれた。彼らは私たちの意見を知りたがった。

そして私たちは、ここで起きたことを導く手助けをした。非常に単純なことだ。あなたが素直であれば、つまりあなたは素直であり、あなたが素直でないと言っているのではなく、私たちが素直であれば、私たちはここで大きな支持を得たのです。

大きなサポートです。私たちは、このアジェンダ全体の中で最も重要な役割を担っており、そして、私たちはそれを成し遂げたのです」

「ところで、世論調査は上がったり下がったりを繰り返しています。初期には高かったが、中程度になり、また上がって、今は低い。しかし、私は世論調査のために出馬したのではない」


ABCニュース 政治
ABCCPolitics
バイデン大統領:世論調査の低下を軽視。 「他の大統領を見ても、同じようなことが起きています。それは私が立候補した理由ではありません。

以下は動画の内容:

バイデン氏:

それでは、質問をお受けします。 まずはAPのジーク・ミラーから始めましょう。 ジークさん、質問はありますか?

ジーク・ミラー記者:

ありがとうございます、大統領。

バイデン氏:

マスクをしているからあなたに気がつきませんでした。 申し訳ない。

ジーク・ミラー記者:

ありがとうございます、大統領。 ここローマで、あなたはアメリカが戻ってきたことをアピールしました。 しかし、国内ではあなたの支持率は下がっていて、バージニア州知事選の候補者は予想以上に厳しい戦いを強いられています。 あなたの民主党の目玉である国内の立法政策の交渉に数ヶ月を費やしています。

あなたの当選から1年が経ちましたが、この1年間、あなたは前政権との関係を断ち切ろうと多くのことをしてきました。 しかし、私たちが目にしたのは、次から次へと素早く方針を変えることでした。 あなたが「アメリカが戻ってきた」と言っても、世界はなぜそれを信じてくれるのでしょうか?

バイデン氏:

彼らの反応を見たでしょう?あなたはそこにいましたよね。 彼らは耳を傾けてくれました。 みんなが私を求めてくれました。 私たちの見解を知りたがったのです。 そして私たちは、ここでのことを導く手助けをしたのです。

とても単純なことです。あなたが素直ならば、あなたが素直ではないという意味ではありませんが、私たちが素直だったからこそ、ここで大きな支持を得ることができたのです。 大きなサポートです。 私たちは、アメリカはこのアジェンダ全体の中で最も重要な部分であり、私たちはそれを成し遂げたのです。

ところで、世論調査は上がったり下がったりを繰り返しています。 序盤は高かったのですが、中盤になって、また上がって、今は下がっています。

これは、他の大統領を見ても同じことが起こっています。 しかし、それは私が立候補した理由ではありません。 私は、世論調査の結果を見るために出馬したのではありません。 私が出馬したのは、アメリカ大統領としてやると言ったことを確実に実行するためです。

私は、気候変動に対処し、米国の労働者が良い仕事と良い賃金を得られる見通しを大幅に改善する方向に進み、さらにコロナによって引き起こされた危機に対処することを確実にすると言いました。 私たちはこれらすべてを実行してきましたし、これからも実行していきます。

そして、何が起こるかはわかりませんが、私は世論調査のために出馬したわけではありません。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です