ニューズマックス

ニューズマックス「激震!バージニアで共和党勝利!バイデン陣営が負けた6つの理由」

Photo 出典元

米国時間11月03日ニューズマックス 記事より

日本語解説:WAU

激震!バージニアで共和党勝利!バイデン陣営が負けた6つの理由

ジョー・バイデンは昨年、ニュージャージー州とバージニア州でドナルド・トランプに勝利しましたが、今、この2つの州はジョー・バイデンとその包括的な、そして時に極左的なアジェンダを打ちのめしています。

グレン・ヤングキン氏が前バージニア州知事のテリー・マコーリフ氏に劇的勝利したのには6つの要因があります。

また、共和党のジャック・チャタレリ氏がかつて人気のあったニュージャージー州知事のフィル・マーフィー氏にあと一歩のところまで迫っているのも、この6つの要因によるものです。

グレン・ヤングキン氏

Photo 出典元

ジャック・チャタレリ氏

Photo 出典元

1.

有権者は「マスク強要」と「予防接種の義務化」を拒否。共和党の両候補者は、コロナのマスク着用や予防接種の義務化に反対することを明らかにしましたが、マーフィー氏は2歳以上の子供にマスクをするよう命じましたが、これは有権者には受け入れられませんでした。

2.

黒人の投票率が低かった。マコーリフ氏の勝利に欠かせないと言われていた黒人有権者は、2020年のようには出てきませんでした。なぜか?理由のひとつは、予防接種の義務化かもしれません。黒人はワクチンを受けることをためらっており、受けないと決めたブルーカラー労働者や警察や消防士の解雇が反発を招いているのかもしれません。

3.

バイデンの支持率が崩壊した。アフガニスタンでの大失敗、南部国境の危機、高騰するインフレ、ジョー・バイデンの年齢や精神的能力への疑問など、有権者の間には不満が渦巻いており、支持率調査では大統領に親指を下げるような評価がなされている。

4.

批判的人種理論(CRT)」が裏目に出た。バージニア州のレースでは、CRTやジェンダー・ポリティクスなどの文化的問題が大きな役割を果たしました。マコーリフ氏の「親は子供に何を教えるかについて役割を果たすべきではない」という主張や、最近起きたスカートをはいた男生徒による女生徒への暴行事件など、これらの問題はすべて、文化的なものを受け入れない郊外の有権者を誤った方向に導いた。

5.

民主党のバカな経済政策のせい、大幅な供給不足とインフレの進行は、予想以上に有権者の心に大きな影響を与えているようです。人々はガソリン価格の高騰を目の当たりにしており、その代償を政権与党が払っている。

6.

トランプは共和党を助けた。マコーリフとマーフィーは、共和党の挑戦者をドナルド・トランプの操り人形として描こうとした。しかし、トランプは全く障害にはならず、むしろ助けになったかもしれません。トランプ自身の世論調査の数字が上昇していることからもわかるように、有権者は明らかにバイデンの選出に後悔を感じています。

© 2021 Newsmax. All rights reserved.

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です