オピニオン

時代遅れの 「ウォール・ストリート・ジャーナル保守主義」に頼っていてはいけない。アメリカのマルクス主義を倒すために。

Photo 出典元(By Ersler Dmitry/Shutterstock)

米国時間11月01日掲載のザ・アメリカン・コンサバティブ記事より
「ザ・アメリカン・コンサバティブは、政府や企業の野放図な権力に反対し、活気ある市場と自由な人々によって家族や地域社会の繁栄を促進し、アメリカの国益のために存在しているウェブ&紙媒体のメディアです」

by マルコ・ルビオ共和党上院議員
MARCO RUBIO
マルコ・ルビオ氏は、アメリカ合衆国の政治家、フロリダ州弁護士。共和党所属の上院議員。マイアミ大学法務博士(Juris Doctor)。キューバ系アメリカ人。カトリック教徒です。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

時代遅れの “ウォール・ストリート・ジャーナル保守主義 “に頼っていてはいけない。アメリカのマルクス主義を倒すために。

by マルコ・ルビオ共和党上院議員

米国時間11月01日

チャールズ・ウィルソンの言葉を借りれば、アメリカの大企業にとって良いことは、アメリカにとっても良いことだった時代がありました。しかし今日では、国家に対する義務を感じていない世代のリーダーたちによって、アメリカ企業は反アメリカ的なイデオロギーの道具となっています。

企業の愛国心の崩壊は、これらの企業がニュースや職場で目にする反米イデオロギーに陥るきっかけとなりました。アメリカの経済資源の大部分を支配し、私たちが日常的に見聞きしている情報を管理している企業が、アメリカは人種差別や性差別の国だと言っています。

これらのオリガルヒは、アメリカの存在自体に致命的な欠陥があると考えており、こうした信念を反映した企業プロパガンダを推進するために、何千億ドルもの資金を投入しているのです。彼らの目的は、私たちの社会、文化、そして国を作り変えることです。

そして、アメリカでの良い生活とは何かを再定義することです。

1世紀以上にわたり、これらはマルクス主義者が無数の国や社会を支配するために用いてきた戦術です。もし私たちが反撃しなければ、アメリカを失うことになるでしょう。

これは決して大げさな話ではありません。実際、私がアメリカに来たころ親しかったアメリカ人や、私が今も住んでいる地域の中のそれらのアメリカ人は、マルクス主義革命によって祖国を支配されたことを目の当たりにしてきたので、とても身近に感じられます。

しかし、文化的マルクス主義との戦いは、21世紀の経済において働くアメリカ人が直面している課題に十分に対応していない、時代遅れの「ウォール・ストリート・ジャーナル的保守主義」に頼っていては勝てないのです。

保守主義とは、単に規制や税金を削減することだと定義することは、アメリカに本社を置く無国籍企業にとっては好都合です。しかし、このような企業は、アメリカの家族や地域社会の未来に再投資する気持ちは持ち合わせていません。

今こそ、企業にアメリカに対する義務を果たさせるべきです。

それはどのようなものでしょうか?

国を持たない企業は、米国政府の政策によって企業特権の多くを得ているのだから、強くて豊かな米国を企業意思として促進してもらうよう、インセンティブを与えるべきです。

そのためにはまず、役員から左翼思想を排除させる必要があります。少なくとも、大企業の経営陣が、企業の特権を乱用して、反米的なことを推し進めた場合には、厳しく監視し、法的責任を負うことを義務付けるべきです。

今のところ、反米的な姿勢が株主にとって悪いことだと証明するのは株主の側にあります。そうではなく、企業が株主の利益のために正しい行動していることを証明する責任を負うべきだと思います。

第二に、左翼的な社会工学やグローバリストの利益追求ではなく、親米的な目標に対して企業が責任を負うような株式市場を意味します。私たちは、企業がアメリカの施設への投資、労働者の訓練、海外への雇用移転ではなく、アメリカ人の雇用数、職場の多様性などを投資家に開示し、説明責任を果たすことを求めるべきです。

バイデン政権が推進しているように、企業の取締役会が十分に「多様性」に富んでいることを要求する代わりに、企業の取締役会が中国などの敵対勢力との利益相反がないことを要求すべきです。

株式市場の報酬とアメリカの利益を一致させるためには、金融機関がアメリカ企業を支配している状況を打破する必要があります。

一般の労働者が退職金を貯める際に、中国へのオフショアリングや労働者に対する文化戦争など、労働者自身の利益に反する行為を会社に命じる投資ファンドに、投資のコントロールを委ねるべきではありません。

例えば、アメリカの軍人のための退職基金であるTSPは、中国の軍事会社に投資したり、軍人の貯蓄を使ってアメリカ企業を中国にオフショア化することを禁止すべきです。これは、今すぐにでも議会で解決できることであり、超党派の意見は一致しています。

企業エリートの間で起きているマルクス主義的な文化革命を止める究極の方法は、彼らを、世界市民ではなく自分たちをアメリカ人と考える新世代のビジネスリーダーに置き換えることです。

そうすれば、この有害な文化的マルクス主義を打ち破り、アメリカの大企業がアメリカにとって重要なことに責任を持つような経済を再建することができるのです。

今からでも遅くはありませんが、何世代にもわたってこの国を偉大にしてきたものを取り戻すためには、時間を無駄にすることはできません。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です