フォックス・ビジネス

フォックス・ビジネス「フェイスブック、顔認識プログラムを今後数週間のうちに停止する予定」

Photo 出典元

米国時間11月03日フォックス・ビジネス の記事より

by ルーカス・マンフレディ
Lucas Manfredi
Fox Business Networkデジタル・アソシエイト・プロデューサー/ライター

日本語解説:WAU

フェイスブック、顔認識プログラムを今後数週間のうちに停止する予定

その他、顔認証に依存しているサービスも、今後数週間のうちに削除される

同社によると、Facebookのデイリー・アクティブ・ユーザーのうち、顔認識の設定を選択している3分の1以上のユーザーが、今後、写真や動画で自動的に認識されなくなり、10億人以上を識別するために使用していた顔認識テンプレートが削除されるとのことです。

また、高度なAIを使用して、目の不自由なユーザーのために画像の説明文を生成したり、顔認識機能を使用して自分や友人が画像に写っていることを知らせたりする、自動alt-text(ATT)システムは、写真で認識された人の名前が含まれなくなりますが、それ以外は通常通り機能します。

この変更に伴い、Facebookの顔認証に依存しているサービスも今後数週間のうちに削除される予定です。

フェイスブックは、顔認証が本人確認や詐欺・なりすましの防止など、特定のケースでは有用であると考えていますが、その特定のケースについては、

「この技術の使用全体に対する懸念の高まりと照らし合わせる必要がある」

とし、火曜日の同社のブログ記事で認めています。

フェイスブックの人工知能担当副社長であるジェローム・ペセンティ氏は、

「顔認識技術が社会の中でどのような位置を占めているかについては多くの懸念があり、規制当局はその使用について明確なルールを提供する段階にあります。

このような不確実性が続く中で、顔認証の利用を狭い範囲のユースケースに限定することは適切であると考えています。

これには、ロックされたアカウントへのアクセス、金融商品での本人確認、個人のデバイスのロック解除を支援するサービスが含まれます。」

と述べています。

ジェローム・ペセンティ氏

Photo 出典元

Facebook社は、顔認証技術の将来的な利用方法について、

「利用目的や、人々がこれらのシステムや個人データをどのようにコントロールできるかについて、今後も公開していく」

ことを強調し、

「すべての新しい技術は、利益と懸念の両方をもたらす可能性があり、私たちは適切なバランスを見つけたいと考えています。顔認証の場合、社会におけるその長期的な役割については、オープンな場で、最も影響を受ける人々の間で議論する必要があります。

私たちは、この議論に引き続き参加し、この議論をリードする市民社会グループや規制当局と協力していきます」

と述べています。

今回の動きは、Facebookが2020年7月に、ユーザーの同意を得ずに生体データを「違法に収集、入手、保管、使用、所持、利益を得た」として訴えられ、6億5,000万ドルの和解に合意した後のことです。

また、元Facebookプロダクトマネージャーで内部告発者となったフランシス・ハウゲン氏が、米英の議員への証言で、同社製品がユーザーの安全性よりも利益を優先していると主張し、ウォール・ストリート・ジャーナルやFOXビジネスなど米国の17の報道機関のコンソーシアムに提供した大量の内部文書や証券取引委員会の開示内容も踏襲されています。

同社は、ハウゲン氏の疑惑を受けて、「メタバース」の構築に注力するため、ブランド名を「Meta」に変更することを発表しました。

メタバースとは、ユーザーがコンピュータで生成された環境の中で互いに交流できる仮想現実空間のことです。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です