デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「ドイツはコロナによるロックダウンが再び導入されるなか、景気後退に向かっている」

Photo 出典元 Hiroshi Higuchi/Getty Images

米国時間12月15日DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ベン・ツァイスロフト
Ben Zeisloft
ペンシルバニア大学ウォートンスクールの学部生。ビジネス経済と公共政策を専攻。言論の自由を追求する独立系新聞「The UPenn Statesman」の編集長。学生主体のキリスト教雑誌「Penn Epistle」の編集者。ベンは、Campus Reformの上級特派員。

日本語解説:WAU

「ドイツはコロナによるロックダウンが再び導入されるなか、景気後退に向かっている」

ベン・ツァイスロフト氏によると、

「コロナによるロックダウンが再び導入されるなか、ドイツは景気後退に向かっている」

と言います。

先週、長く首相を務めたアンゲラ・メルケル氏に代わって、オラフ・ショルツ氏がドイツ政府のトップに就任しました。

就任前の数日間、ショルツ氏はメルケル首相と共同で、ワクチンを接種していない市民を対象とした新たなロックダウンを発表し、一方でショルツ政権はコロナの蔓延に対して強硬策を取る意向を示したのです。

しかし、このような姿勢がもたらす経済的な影響は、手に取るように分かってきています。

CNNビジネスが報じたことによると、

ドイツ最大の経済シンクタンクの一つ、「Ifo経済研究所」が火曜日に発表した予測では、

「欧州最大の経済大国は今年の第4四半期に第3四半期に比べて0.5%縮小し、2022年の最初の3ヵ月間は停滞する」

といいます。

景気後退とは、2四半期連続で経済が縮小することをいいます。

来年の夏には、コロナウイルスの感染者数が減少し、供給のボトルネックが解消されるため、成長は回復すると予想されていますが、年初の遅いスタートは製造業の大国には負担となる見込みです。

「Io社」は、2022年の成長率予測を1.4ポイント引き下げ、3.7%としています。

インフレ率は今年3.1%、2022年には3.3%と、欧州中央銀行の目標である2%を大きく上回ると「Ifo社」は予想しています。

消費者物価が正常に戻るのは、2023年になってからだとIfo社は言います。

他のヨーロッパ諸国も同様に、積極的なロックダウン措置やワクチンの義務化を導入しています。

オーストリアは、2月までにすべての国民(14歳からと言われています)に完全なワクチン接種を義務付け、さもなければ罰金や懲役を科すと発表しました。

これによって、各国民のワクチン接種状況は、電子カルテに記録されることになっています。

イタリアでは、2段階の健康パスが運用されています。

コロナの検査で陰性だった人は、「基本的な」パスを受け取ることができ、公共交通機関の利用やホテルへのチェックインが可能です。

しかし、映画館や屋内での食事、美術館などを利用するためには、コロナの予防接種を受けているか、過去6カ月以内に病気から回復していることを示す「スーパーグリーンパス」が必要となると言います。

東欧の多くの地域でも同じことが言えます。

ラトビアの政治家は、コロナの予防接種を受けているか、回復したことを示す証明書がなければ、法律の投票や法案の審議を直接またはバーチャルで行うことができず、給与を受け取ることもできません。

60歳以上のギリシャ人は、1月までにワクチンを接種しなければならず、接種するまで毎月の年金の7分の1の罰金が科せられます。

ここ数週間、世界各国の政府は「オミクロン株」に関心を移していますが、初期の報告によると、このウイルスは他のウイルスほど致命的ではないと理解されています。

南アフリカ医師会会長のアンジェリーク・クッツェー博士は、テレグラフ紙に次のように述べています。

「この病気は、筋肉痛や1~2日の疲労感などの症状が出て、気分が悪くなる程度の軽い病気です。これまでのところ、感染しても味覚や嗅覚が失われることはありませんでした。感染者は味覚や嗅覚を失うことはなく、わずかに咳をする程度で、顕著な症状はありません。感染者のうち、何人かは現在、自宅で治療を受けています」

「6歳の女の子が熱があり、脈拍も非常に高かったので、入院させるべきかどうか悩みました。しかし、2日後に追跡調査をしたところ、彼女はとても元気になっていました。今、私たちが心配しなければならないのは、ワクチンを接種していない高齢者が新型に感染した場合、重症化する人が続出するかもしれないということです」

ツイッター
スカイニュース
南アフリカ医師会会長のアンジェリーク・クッツィー博士によると、オミクロンの感染性を見ると、現在のところ「デルタと同等だが、それ以上かもしれない」という。

彼女は、より多くのことが判明する前に、この国が「曲線の頂点」に達する必要があると付け加えている。

https://trib.al/iauP4bw

以上。

スポンサー広告
マカ超えの強力パワー!活力サプリメント【クラチャイダムゴールド】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。