ニューズマックス

ニューズマックス「フロリダ州のデサンティス氏、バイデン氏を非難し、ワクチン義務化阻止のための特別会議を設定。バイデンを落選させるために。」

Photo 出典元

米国時間10月29日ニューズマックス
この引用記事にはロイターとAP通信の資料が使用されています。

日本語解説:WAU

フロリダ州のデサンティス氏、バイデン氏を非難し、ワクチン義務化阻止のための特別記者会見を設定。バイデンを落選させるために。

フロリダ州知事のロン・デサンティス氏は、11月15日に企業が制定したワクチン義務化を阻止するための法案を審議するために、国会議員を特別会議に召集し、ジョー・バイデン大統領を批判しました。

デサンティス氏とバイデン政権は、コロナウイルスのパンデミックへの対応について、ほぼ全面的に対立しており、デサンティス氏は、大統領が大企業や政府の請負業者にワクチン接種を強制しようとすることで、権限を逸脱していると指摘しています。

「バイデン政権は、健康、妊娠、宗教上の理由(心から抱いている道徳的、倫理的な信念を含む)、過去の感染などの理由でワクチンを受けたくないアメリカ人に、ワクチンを強要する異常なことを行っている、あるいは行うと脅している」

と、知事の宣言は述べています。

2024年の大統領選を視野に入れているデサンティス氏は、ホワイトハウスやフロリダ州の地方自治体に対して、ワクチン接種の義務化やその他のパンデミック対策を厳しく批判しています。

デサンティス氏は、

「アメリカ人への強制的なワクチン接種は、政府やアメリカ企業への不信感をさらに募らせることになる」

「親の反対を押し切って健康な学童を強制的にマスクさせたり、不必要に隔離したりすることは、親が子供の健康管理や教育について決定する能力を侵害し、フロリダ州の学童が受けるべき質の高い教育を受ける能力を損なうものである」

と宣言しています。

民主党の州議会議員エバン・ジェンヌ氏は、デサンティス氏がパンデミックを政治問題化しているのは悲しいことだと述べ、特に臨時議会の公式な呼びかけの中でバイデン氏を何度も呼び捨てにしていることを指摘しました。

「しかし、驚くことではありません。今、彼はそのような相手と戦っているのですから。現職を落選させるために出馬しているのであれば、現職について語り、その仕事ぶりを批判するものです」

とジェンヌ氏は言います。

エバン・ジェンヌ氏

Photo 出典元

デサンティス氏は来年の再選を目指していますが、彼を落選させようとしている3人の民主党議員よりも、バイデン政権への政治的攻撃を主に行っています。

木曜日、デサンティス氏は、連邦政府の請負業者にワクチンを義務付けることについて、ホワイトハウスを相手に訴訟を起こすことを発表しました。

また、デサンティス氏は、教室でのマスク着用を禁止している州の方針に反した地方の教育委員会に罰金を科し、州の罰金を軽減するために、連邦政府の補助金を受けた地区の資金援助を差し控えています。

特別会議では、地元の教育委員会が生徒にマスクを義務付けることなく、保護者に選択を委ねることを明確にするよう、議員に要請しています。

この会議は11月19日までに終了する予定で、上院議長のウィルトン・シンプソン氏と、下院議長のクリス・スプロールズ氏は、デサンティス氏を支持する共同声明を発表しました。

「この2年間、フロリダ州民は、他州の友人や親戚の自由が次々と奪われていくのを見てきました。バイデン政権が、アメリカ国民から労働の尊厳を奪うような、違法・違憲なワクチンの全国的な強制接種を行うのを、私たちは黙って見過ごすことはできません」

と述べています。

ウィルトン・シンプソン氏

Photo 出典元

クリス・スプロールズ氏

Photo 出典元

他の多くの州でも、ワクチン義務化反対の法案が検討されています。

テキサス州のグレッグ・アボット知事は最近、いかなる団体にもワクチンを義務付けることを禁止する州令を出しました。

グレッグ・アボット氏

Photo 出典元

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です