デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「中国国営メディアが、台湾が米国で代表事務所名を変更すれば、中国は「軍事的」行動を取るだろうと述べました」

Photo 出典元 Chinese military parade Photo By: AFP/Getty Images

米国時間10月27日デイリーワイヤー
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ライアン・サーヴェドラ
Ryan Saavedra
レポーターとしてメディアバイアス、政治、政治と文化の融合などを中心にさまざまなテーマを扱っています。

日本語解説:WAU

中国国営メディアが、台湾が米国で代表事務所名を変更すれば、中国は「軍事的」行動を取るだろうと述べました

Chinese Media: If Taiwan Changes Name Of Office In U.S., China Will Respond With ‘Military’ Action

中国国営の「環球時報(かんきゅうじほう)」の編集者である中国のプロパガンダ専門家、胡錫進(こ しゃくしん)氏は、米国が台湾の米国における代表事務所の名称を「台北経済文化代表処」から「台湾代表処」に変更した場合、中国は軍事行動で対応するとビデオで警告しました。

胡錫進(こ しゃくしん)氏

Photo 出典元

環球時報は、中国共産党よりも過激な発言をすることが多い、ジンゴイストな出版物として知られています。

国際ニュース機関のクォーツが次のように報じています。

それは正確には間違いではない、と同紙の長年の編集者は言う。人民日報の敷地内にある北京のオフィスで、胡錫進(こ しゃくしん)編集長はクォーツのロングインタビューに答えて、「『環球時報』は党幹部が実際に考えていることを反映していることが多いが、表立って言うことはできない」と説明した。

元陸軍士官で現在は党員である胡氏は、外務省や安全保障部の役人と一緒にいることが多く、彼らは自分が発行する新聞と同じ感情や価値観を共有しているという。「彼らは意志を持って話すことはできないが、私はできる」と彼は言った。

「これは明らかに中国本土の態度を試すためのものだ。私はこのテストは不要だと思う」と胡錦濤氏は続けて語っています。

「米国と台湾がこのようなことをすれば、間違いなく北京は前例のない反応を示すだろう。少なくとも、リトアニアと同じ理由で、北京は駐米大使を召還するだろう。そして、それは単に外交的な報復措置に過ぎないでしょう」

「北京は、アメリカと台湾の横暴に対して、必ず経済的・軍事的行動をとるでしょう」

「現時点では、大陸の戦闘機が台湾島の上空を飛行することは予見できる。本土は長い間、それを計画してきた。アメリカと台湾は、台湾海峡の平和を維持するために、大陸のコストを増やし続けてきたことを指摘したいと思います。」

「中国の外交上のトラブルの半分以上は、台湾問題に関係している。台湾問題を武力で徹底的に解決しようという声が、大陸では一貫して高まっている。台湾問題は転換点に非常に近づいている」

以下、Twitter:中国人ジャーナリスト 胡西鈞氏:米国が台湾駐在員事務所の名称を変更すれば、中国は大使を召還し、経済的、軍事的行動をとるだろうとビデオで語りました。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です