デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「テキサス州知事、学校での女子スポーツに生物学的男性を参加させることを禁止する法案に署名」

Photo 出典元 Tim Warner/Getty Images

米国時間10月26日デイリーワイヤー
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by デイリーワイヤー
Ryan Saavedra
レポーターとしてメディアバイアス、政治、政治と文化の融合などを中心にさまざまなテーマを扱っています。

日本語解説:WAU

テキサス州知事、学校での女子スポーツに生物学的男性を参加させることを禁止する法案に署名

Texas Governor Greg Abbott Signs Bill Into Law Banning Biological Males From Female Sports In Schools

テキサス州のグレッグ・アボット知事(共和党)は月曜日、公立学校で生物学的男性が生物学的女性とスポーツ競争することを事実上禁止する法案に署名しました。

幼稚園から高校までのスポーツに影響を与えるこの法案は、来年1月中旬に施行される予定で、反対派が言うような「不公平な競争上の優位性」を排除することで、スポーツの公平性を守ることを目的としています。

無党派で非営利メディアのテキサス・トリビューン紙は以下のように報じています。

テキサス州スプリング選出のヴァロリー・スワンソン下院議員が提出した下院法案25号は、学校対抗の競技に出場する学生アスリートに、出生時またはそれに近い時期に出生証明書に記載された性別に対応するスポーツチームでプレーすることを義務付けるもので、来年の1月18日から施行される予定です。

ヴァロリー・スワンソン下院議員

Photo 出典元:Bob Daemmrich

ロイター通信は、

「2020年3月にアイダホ州が、出生時に男性の性別を割り当てられた選手が、公立学校や大学で女性の性別を割り当てられた選手とスポーツチームで対戦することを禁止して以来、共和党が主導する全国的なキャンペーンの一環として、他の7つの州が今年、同様の法律を可決した」

と報じています。

「アイダホ州に議会が追随した他の州には、アラバマ州、アーカンソー州、フロリダ州、ミシシッピ州、モンタナ州、テネシー州、ウェストバージニア州があり、サウスダコタ州の知事は行政命令で行動しました」

法案の全文は次のようになっています。

公立学校の生徒が生物学的性別に基づいて学校対抗スポーツ競技会に参加することを義務付けることに関する法律

テキサス州議会により制定

第1項

立法府は次のことを認める。

(1) 歴史的に見て、男子は女子よりも高い確率で学校間競技に参加しており、テキサス州の公立小学校および中学校のほとんどすべての運動、音楽、および学術コンテストのルールを作成し管理する世界最大の組織、ユニバーシティ・インタースクール・リーグ加盟校の女子生徒と男子生徒の競技参加率の間には顕著な格差がある。

(2) 裁判所は、連邦公民権法である1972年教育改正第9章(20 U.S.C. Section 1681 et seq.)に基づき、性別を理由とした女子に対する過去の差別を是正し、男女間の運動機会の平等を促進することに正当かつ重要な政府の利益を認めている。

(3) 裁判所は、女子に学校間の運動機会を提供するという政府の利益を促進するためには、性別による分類が唯一実行可能な分類であることを認識している。

第2項

本法の目的は、性別による過去の差別を是正するために、女子に十分な学校間の運動機会を確保するという政府の利益を促進することである。

第3項

教育法典第 33 章 D サブチャプターは、第 33.0834 項を追加して以下のように改正される。

条項 33.0834. 第 33.0834 条

生物学的性別に基づく学内競技会 (a) 第(b)項で規定されている場合を除き、学区または学校選択制度がスポンサーとなり、または認可した学区または学校がスポンサーとなり、または認可した学内運動競技チームは、生徒が以下に正しく記載された生徒の生物学的性別と反対の生物学的性別に指定された競技に参加することを許可してはならない。

(1) 第(c)項に記載されているように、生徒の公式出生証明書。

(2) 第(1)項に記載された生徒の公式出生証明書が入手できない場合、他の政府記録。

(b) 第(a)項に記載された学校間競技チームは、女子学生に指定された対応す学校間競技大会が提供されていない、または利用できない場合、女子学生が男子学生に指定された学校間競技大会に出場することを認めることができる。

(c) 本節では、生徒の公式出生証明書に記載された生徒の生物学的性別の記述は、以下の場合に限り、正しく記述されているとみなされる。

(1) 生徒の出生時またはそれに近い時期に記入された場合。

(2) 学生の生物学的性別に関するあらゆる種類の書記または事務的な誤りを修正するために修正された場合。

(d) 大学対抗リーグは、本項を実施するための規則を採択しなければならないが、その規則は、第33.083条(b)に従い、コミッショナーの承認を得なければならない。 規則は、学生の医療情報の機密性に関する州法および連邦法(Health and Safety Code第181章、Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996 (42 U.S.C. Section 1320d et seq.)を含む)を確実に遵守しなければならない。

第4項

本法は、本法の発効日以降に開催される、学区または学校選択制度がスポンサーとなり、または承認した学校間のスポーツ競技会に適用される。

第5項

本法は、テキサス州憲法第3条第39項の規定により、各議院に選出された全議員の3分の2の投票を受ければ、直ちに発効する。 本法が即時発効に必要な票を得られなかった場合、本法は立法会期の最終日から91日目に発効する。

======

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です