デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「『自殺リスク』CBSのジャーナリスト、コロナ対策がティーンエイジャーに与える影響を批判

Photo 出典元 Jena Ardell via Getty Images

米国時間12月28日DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ベン・ジョンソン
Ben Johnson
ベン・ジョンソンは、The Daily Wireのメディアレポーター。それ以前は、Acton Institute、FrontPage Magazine、LifeSiteNewsに勤務していました。Party of Defeat」(2008年、デビッド・ホロウィッツとの共著)を含む3冊の本の著者です。彼の個人的なウェブサイトは therightswriter.com です。彼への情報提供は bjohnson@dailywire.com で受け付けています。

日本語解説:WAU

「『自殺リスク』CBSのジャーナリスト、コロナ対策がティーンエイジャーに与える影響を批判

ベン・ジョンソン氏の記事によると、CBS Newsのレポーター、ジャン・クロフォード(Jan Crawford)氏は、10代の若者の間で「自殺リスク」が大幅に上昇していることを含め、厳しすぎるコロナのロックダウンが子供たちに与える「圧迫的な影響」は、「この1年で最も大きく報道されなかったストーリー」だと同ネットワークの番組「フェイス・ザ・ネイション:Face The Nation」 に語ったと伝えています。

「私の子供たちは毎日この話を聞いているので、皆さんにもお伝えしたいと思います。それは、我々のコロナ対策が、若い子供たちや(深刻な病気のリスクが最も少ない)子供たちに与えた圧倒的な影響です」

「健康なティーンエイジャーがコロナに感染して死亡する確率は100万分の1であり、ドライブ中に車の事故で死亡するよりもはるかに低いのですが、彼らは最も苦しみ、犠牲になっています。また、『外科医が子供たちの精神衛生上の危機』を指摘しています。女子の自殺未遂率は今年に入ってから51%も上昇し、黒人の子供が自殺で亡くなる確率は白人の子供の約2倍です」

とクロフォード氏は日曜日の「フェイス・ザ・ネイション」で語っています。

ヤン・クロフォード・グリーンバーグ(Jan Crawford Greenburg)氏

:テレビジャーナリスト、作家、弁護士。CBSニュースの政治特派員および主任法律特派員を務めており、以前はABCニュースにも所属していました。現在、「CBS Evening News」、「Face the Nation」、「CBS This Morning」、「CBS News Sunday Morning」にレギュラー出演しています。

2012年の大統領選挙では、CBSニュースの報道を指揮しました。また、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家でもあり、著書「Supreme Conflict: The Inside Story of the Struggle for Control of the United States Supreme Court」があります。ニューヨーク州弁護士会のメンバー。詳細

Photo 出典元

アメリカ疾病予防管理センター:(CDC)によると、全米でコロナのロックダウンが始まって3ヶ月目の2020年5月までに、12~17歳のすべての若者の自殺率が上昇し始めており、「特に女の子が多い」といいます。

2021年2月21日~3月20日の間、12~17歳の少女の自殺企図疑いの「救急外来患者数」は、2019年の同時期に比べて50.6%高く、自殺者は増加し続け、2021年の初期には2020年に比べて39.1%高かったことが報告されています。

クロフォード氏は、若者のメンタルヘルス危機を促進している要因として、「学校閉鎖、ロックダウン、(スポーツの)中止」を挙げ、

「ワシントンDCでは、警察が子供たちを追い払うため、遊び場に行くこともできません。子供たちには多大な悪影響がありますが、それは後回しにされてきました。彼らの夢、将来の学習、喪失感、虐待のリスク、精神的な健康が損なわれているのです」

と述べています。

The Daily Wire」が以前に以下のように報じたとおり、自殺で亡くなった人の多くは、人気者で順応性が高いと見られていました。

ブランズウィック高校2年生のスペンサー・スミスは、通信教育の結果、ますます孤独を感じるようになりました。彼は、ブランズウィック高校のフットボールチームでラインマンとして活躍することを夢見ていましたが、その夢はフラッグフットボールに取って代わられたことで打ち砕かれました。

「スペンサーの母親のアンジェラさんは、Facebookに『息子が友達と一緒にいられなくなって、息子を失ってしまいました。彼は家の中に閉じ込められていました。彼は友達を失ったような気がして、学校の勉強にも苦労していました』と書いています」

メンタルヘルスの問題が、米社会全体で増加しています。

米国国勢調査局によると、不安やうつの症状に悩まされていると報告するアメリカ人の数は、2020年中に前年の約4倍(11%に対して42%)になったといいます。

クロフォード氏は、パンデミックによる児童虐待率の上昇も当然のように挙げています。

今年の秋に発表された調査によると、2020年3月〜9月の児童虐待は、前年に比べて3倍に増加していたことが分かっています。

クロフォード氏は、

「私たち政府の政策が、子どもたちのために、より慎重で合理的なアプローチを反映していなければ、子どもたちは、私たちの世代の決断の代償を、残りの人生で支払うことになるでしょう。それこそが、この1年で最も大きく報道されなかったことだと思います」

と述べています。

司会のマーガレット・ブレナン氏は、

「よく言ってくれました、そして恐ろしいことです」

と答えています。

番組のパネリスト達も同意し、

「私の場合は、それに比べると非常に些細なことだと思います」

とデビッド・マーティンは言い、

ウェイジア・ジャング:Weijia Jiang氏は、

「私もジャンに同意します。親としては、子供の成長に与える長期的な影響を常に考えています。それが、この問題があまり報道されない理由のひとつだと思います」

と述べています。

しかし、これに対して、何人かのジャーナリストは否定的でした。

シニア・ホワイトハウス・政治特派員である、エド・オキーフ氏は、最も報道されていない記事は、バイデン政権がアメリカに住む不法移民に何らかの恩赦を与えなかったことだと述べました。

エール大学の研究によると、現在、米国には2,200万人もの不法移民が住んでいるといいます。民主党は、大統領の署名入り「ビルド・バック・ベター:Build Back Better」法計画の中で、推定650万人の不法移民に対する恩赦を追加しようとしたと言います。

にコール・キリオン:Nikole Killion氏は、最大の問題は、

「女性に対する暴力防止法への支持が低迷していること」

だと述べています。

アメリカン・ジャーナル・オブ・エマージェンシー・メディスン誌に掲載された研究によると、パンデミックの初期には、家庭内暴力が世界的に25%から33%増加したとのことです。

クロフォード氏は、27日に以下のようにツイートを投稿し、番組の様子を伝えています。

ツイート
新しいツイートを見る
カンバセーション
ジャン・クロフォード
@JanCBS
オン フェイス・ザ・ネーション

今日は、私が選ぶ2021年最大の過小報道されたストーリーを紹介します。
引用元ツイート
フェイス・ザ・ネイション
– 12月27日
「彼らは私たちの世代の決断の代償を一生払うことになるでしょう」。2021年の最大の過小報道は、コロナ対策が子どもたちに与える壊滅的な影響だと考える理由を、@JanCBSが説明します。

7:25 AM – Dec 27, 2021 from Virginia, USA-Twitter for iPhone

National Suicide Prevention Lifeline(全米自殺防止ライフライン)は、危機や苦悩にある人や、誰かを助けたいと思っている人のための無料ホットラインです。24時間365日、1-800-273-8255で受け付けていますと、伝えています。

以上。

スポンサー広告
不眠社会に生きるあなたへの贈り物

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。