フォックス・ニュース

フォックス・ニュース 論説「バイデン政権、台湾オプション、中国を抑止する5つの重要なステップ。 台湾は独立した国でなければならない」

写真は、環太平洋演習(リムパック)に参加しながら太平洋を通過する誘導ミサイル駆逐艦USS Dewey(DDG 105)。2018年7月10日撮影(Mass Communication Specialist 2nd Class Devin M. Langer/U.S. Navy/Handout via )REUTERS

Photo 出典元

米国時間10月17日フォックス・ニュース
by レベッカ・グラント
Rebecca Grant
ワシントンD.C.を拠点とする国家安全保障アナリスト

Photo 出典元

日本語解説:WAU

バイデン政権、台湾オプション、中国を抑止する5つの重要なステップ。 台湾は独立した国でなければならない

レベッカ・グラント氏の論説によると、10月9日(土)、中国の習近平国家主席は、台湾との統一を 「実現しなければならない、そしてそれは実現する」 と発言したことについて、ジョー・バイデンは、アフガニスタンのように台湾を放棄すかもしれないという懸念から、今やらなければならない、中国抑止のための5つの重要なステップを具体的に説明しています。

今月は中国と台湾にとって厳しい月でした。4日間で150機の中国の戦闘機が台湾の領空に飛来し、その中には戦時中の空襲を想定した38機の「ゴリラパック」も含まれていました。

アメリカはすでに巻き込まれているということです。 10月7日、ウォール・ストリート・ジャーナル紙とポリティコ紙は、米国の海兵隊と特殊作戦部隊の小規模なチームが、訓練のために台湾に滞在していることを報じました。

中国国営の『環球時報』は、「中国人民解放軍が、米国の侵略者を排除するために標的を絞った空爆を行うかどうかを見てみよう」と吠えています。

台湾の海兵隊は良いスタートを切ったが、中国の軍事活動のエスカレートは、太平洋でのリスク戦争を示唆しています。

そして、それはアメリカを苦境に立たせるかもしれません。

米軍が実施している演習では、米軍や同盟国がすでに現場にいない限り、中国による大規模な水陸両用の侵攻を阻止するのはほぼ不可能だとされています。また、バイデンがアフガニスタンを放棄した後、中国が迅速な空襲や、空港に軍隊を上陸させて台湾の中国への再統一を宣言することを考えていても、驚きではありません。

キーン元帥:中国の台湾買収の可能性は差し迫ってはいないが、「近づいている」

ビデオ 出典元

中国を抑止し、太平洋での戦いを防ぐ5つの重要なステップ

1. 海兵隊、陸軍、空軍の人員を増やし、台湾軍との訓練を行う。

米軍を台湾に派遣して演習を行うことは、中国を抑止する最良の方法である。 ヨーロッパでは効果があった。 トリップワイヤー部隊には2つの効果がある。台湾と同盟国がより早く対応できるように準備することと、その存在が戦争を始めるためのコストを引き上げることだ。 習近平は、クーデターで台北を占領するために米軍の海兵隊を轢き殺したくはない。それが抑止力です。 中国は最近の戦闘経験がゼロなので、米国の抑止力の動きは明確でなければなりません。

エリック・ショーン氏:中国よ、台湾に手を出すな!

ビデオ 出典元

2. 台湾を認める。

10月6日、米国の4人の議員が台湾を完全に承認することを求めました。 彼らの考えは正しい。 台湾には2,300万人の人口があり、世界第21位の経済規模がありますが、1970年代に中国を優遇するために、台湾は国連から捨てられてしまいました。 「台湾を独立した主権国家として公然と承認する主要国はないだろう」と、10月10日に口伝えで環球時報が嘲笑した。 バイデン氏にとっては、国際的な尊敬を回復する絶好の機会である。 米国は台湾を承認し、中国に黙らせるべきだ。

3. 武器販売を加速する。

台湾は新型のF-16V戦闘機エイブラムス戦車MQ-9リーパー偵察・攻撃用無人機、そしてもちろんパトリオット防空ミサイルを購入している。 台湾は、超高性能のF-35も欲しいと思っている。 トランプ大統領は販売を承認し、バイデン大統領は販売を継続していますが、製造には時間がかかります。 台湾がすべての飛行機を手に入れるのは2026年です。 台湾は列の先頭に立つべきだ。

4. 中国の無謀な核開発を非難する。

中国は、核兵器の数を2倍、3倍にしようとしている。 これは驚くべきことです。 米戦略軍司令官のチャールズ・リチャード提督によれば、中国は兵器級のプルトニウムを大量に生産できる高速増殖炉の原子力発電所を新たに建設しているという。

中国は、冷戦時代には小さな核ミサイル部隊しか持っていませんでしたから、今回の増強は大きな不安定な変化です。 バイデンは、特に中国が核軍備管理への参加を拒否していることから、中国を世界に訴えるべきだ。

キーン元帥:中国の軍事活動後、米国の台湾へのコミットメントが「確固たるもの」であるかどうか「確信が持てない」

ビデオ 出典元

5. 太平洋上の米軍の足枷となっている緩慢な宥和政策を放棄せよ。

10月6日、ジェイク・サリバン国家安全保障顧問は、中国側の担当者に、アメリカは「責任ある競争」と「開かれたコミュニケーションライン」を望んでいると語った。

これは、チーム・バイデンの典型的な言葉だが、これではあまりにも弱い。 裏では、中国を刺激しないように、日常的な軍の動きを控えめにするように軍司令官に働きかけている。 これでは抑止力を高めることはできない。 言葉は重要です。 チーム・バイデンには、はっきりとした強気の姿勢が必要です。

バイデンがこれらの措置をとれば、中国は激怒するだろう。 現実に、中国はアメリカのやることなすことに、常に怒っている。 これは一つの怒りの政権です。

中国の脅威を後退させ、アメリカを維持するには、時間が残されていません。

そして、アメリカの同盟国である日本も、いよいよ正念場がやってきます。

アメリカがアジア太平洋を放棄する日は意外に近いかもしれません。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です