ニューズマックス

ニューズマックス 10月17日「中国、極超音速ミサイル発射実験で米国と世界を驚かせた!」

写真:「この実験は、中国が極超音速兵器に関して驚くべき進歩を遂げたことを示しており、米国政府が認識しているよりもはるかに進んでいた」と報告書は述べている。(Getty)
Photo 出典元

米国時間10月17日05:45AMニューズマックス
by © 2021 Thomson/Reuters. All rights reserved.

日本語解説:WAU

中国、極超音速ミサイル発射実験で米国を驚かせた!

China Surprises US With Hypersonic Missile Test

記事によると、中国は8月に核搭載可能な極超音速ミサイルの発射実験を行い、米国の情報機関を驚かせたとフィナンシャル・タイムズ紙が無名の情報筋5人を引用して報じました。

土曜日の報道によると、中国軍は極超音速滑空機を搭載したロケットを発射し、低軌道の宇宙空間を飛行し、地球を一周した後、目標に向かって巡航したが、目標には約10数キロ届かなかったとのことです。

「この実験は、中国が極超音速兵器に関して驚異的な進歩を遂げており、米国政府が認識しているよりもはるかに進んでいることを示している」と、報告書は情報に詳しい人物を引用して述べています。

中国国防省は、日曜日にロイターがファックスで行ったコメントの要請にすぐには答えませんでした。

米国とロシアも極超音速ミサイルを開発しており、先月、北朝鮮が新たに開発した極超音速ミサイルを試験的に発射したと発表しました。

2019年のパレードで、中国はDF-17と呼ばれる極超音速ミサイルを含む先進的な兵器を披露しました。

弾道ミサイルは、宇宙空間に飛び出してから、より高速で急峻な軌道を描いて戻ってきます。極超音速兵器は、低高度で目標に向かって飛ぶが、音速の5倍以上、つまり時速約6,200kmの速度を出すことができるため、防御するのが難しいと言われています。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です