フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「バイデンxプーチンビデオ会議、プーチンは全てのカードとレバレッジを握った」

写真は、 2021年3月10日、ロシア・モスクワで行われたトルコのアックユ原子力発電所の3号機の基礎工事の式典にビデオリンクで出席し、親指を立てるロシアのプーチン大統領。(Sputnik/Alexei Druzhinin/Kremlin via REUTERS ATTENTION EDITORS – THIS IMAGE WAS PROVIDED BY A THIRD PARTY./File Photo)

Photo 出典元

米国時間12月08日FOX NEWS
by ハンナ・グロスマン
Hannah Grossman

日本語解説:WAU

「バイデンxプーチンビデオ会議、プーチンは全てのカードとレバレッジを握った」

ハンナ・グロスマン氏によると、FOX NEWS火曜日放送の「The Five」は、ウクライナとの軍事的緊張が高まる中、バイデン大統領がロシアのプーチン大統領と仮想的に会談したことについて、最高司令官の下でまた外交政策の失敗が迫っているのではないかという懸念について議論しました。

「アフガニスタンでの大失敗の後、バイデン大統領はすぐに別の外交政策の危機に直面する可能性がある」

と「The Five」の共同司会者ケイティー・パブリッチ氏は言います。

ケイティー・パブリッチ(1988年7月10日生まれ)は、アメリカの保守派コメンテーター、作家、ブロガー、ポッドキャスターです。

ワシントンD.C.在住、Townhall.comのニュースエディター、Townhall Magazineのコントリビューティングエディター、Fox Newsのコントリビューターなどを務めている。パブリッチは、Fox News、CNN、MSNBC、CNBC、Fox Businessなどのチャンネルで、多くの国や地域のラジオ番組に出演しています。2018年からは、元ホワイトハウス報道官のショーン・スパイサーとポッドキャスト「Everything’s Going to Be All Right」の共同司会を務めています。

Photo 出典元

保守的政治活動会議(CPAC)は、彼女を「2013年のブロガー・オブ・ザ・イヤー」に選出ししています。 「クレア・ブーテ・ルース・ポリシー・インスティテュート」は、彼女に「2014年のウーマン・オブ・ザ・イヤー賞」、「2013年の保守党リーダーシップ賞」を与えています。詳細

ホワイトハウスの発表によると、バイデン氏はロシアがウクライナとの国境付近に軍隊を集結させていることに「深い懸念」を表明し、「軍事的にエスカレートした場合」には制裁だけでなく「その他の措置」も検討していると述べたとしています。

この件についてプーチン大統領は次のようにと述べています。

「我々は、NATOのさらなる東進や、我々を脅かす兵器システムのロシア領土への近接配備を排除するような、具体的な協定を結ぶことを主張する」

10月、ロシアはウクライナが「NATO」に加盟した場合、それは「極めて危険な一歩」であり、ウクライナを「強制的に」行動させることになると警告していました。


写真は、2021年6月14日(月)、ベルギーのブリュッセルにあるNATO本部で開催されたNATO首脳会議で、ジョー・バイデン大統領をはじめとするNATOの各国・政府首脳。(Kevin Lamarque/Pool via AP)
Photo 出典元

同じく共同司会者のダナ・ペリーノ氏は、

「プーチンは非常に忍耐強い人物であり、ウクライナをNATO(米国と欧州28カ国などが加盟する政府間軍事同盟)から離脱させるために緊張を高めている。プーチンが本当に望んでいるのはウクライナの返還ですが、ウクライナをNATOに加盟させないことで解決するかもしれません。そうなると、他に何が残っているのか、と問わざるを得ません」

ダナ・マリー・ペリーノ(1972年5月9日生まれ)は、アメリカの政治評論家、作家であり、2007年9月14日から2009年1月20日までジョージ・W・ブッシュ大統領の下で第26代ホワイトハウス報道官を務めた。

クリントン政権時代に務めたディー・ディー・マイヤーズに次いで2人目の女性ホワイトハウス報道官です。現在、フォックス・ニュースの政治コメンテーターを務める一方で、同ネットワークのトークショー「The Five」の共同ホストを務め、ランダムハウスの書籍出版担当重役でもあります。

Photo 出典元

ペリーノ氏によると、ホワイトハウスの影響力の問題は、ロシアからバルト海を経由してヨーロッパに至るパイプライン「ノルドストリーム2」の建設によってさらに深刻化しているといいます。


写真は、2021年11月16日、メクレンブルク・西ポメラニア州、ルブミン:バルト海パイプライン「ノルドストリーム2」のガス受入ステーションのパイプシステムと遮断装置の様子。(Photo by Stefan Sauer/picture alliance via Getty Images)

Photo 出典元

ロイターの報道によると、米政府高官は、ロシアがウクライナに侵攻した場合、パイプラインが危険にさらされる可能性があると議会に警告したと言います。その報告書によると、ロシアがウクライナに侵攻した場合、米政府は「ドイツとの間でパイプラインを停止することについて合意している」とのことです。

バイデンの国家安全保障顧問であるジェイク・サリバンは、ホワイトハウスは「ガスプロム」というロシア企業が所有するパイプラインを利用することを望んでいると記者団に述べました。

「もし、ウラジーミル・プーチンがそのパイプラインにガスが流れることを望んでいるのであれば、彼はウクライナに侵攻するリスクを取りたくないのかもしれません」

とサリバン氏は述べていますが、

ペリーノ氏は、

「パイプラインは何年もかけて建設されており、政権が “取り上げる”ことのできる単なる “おもちゃ”ではありません。ウクライナでのモスクワの拡張主義的な関心に対する唯一の『本当の抑止力は力の誇示』です。バイデンがそれをするとは思えません。プーチンは全てのカードと全てのレバレッジを握っています」

と締めくくりました。

以上。

スポンサー広告
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です