フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「楽園から煉獄」となったサンフランシスコ、効果的に「警官の仕事を封じ込めた」民主党の市長

Photo 出典元

米国時間10月15日フォックス・ニュース
by チャールズ・クリッツ
Charles Creitz
フォックス・ニュース・リポーター

日本語解説:WAU

「楽園から煉獄」となったサンフランシスコ、効果的に「警官の仕事を封じ込めた」民主党の市長

記事によると、ロンドン・ブリード市長をはじめとするカリフォルニア州の民主党政権は、かつては清潔で安全だったサンフランシスコを「楽園から煉獄へ」と変えてしまいました。そう語るのは、作家で歴史家のビクター・デイビス・ハンソン氏です。

ロンドン・ブリード市長

Photo 出典元

死にゆく市民:The Dying Citizen」の著者であるハンソン氏は、「グリーン・ニューディール」、「アメリカナイズされた社会主義」、「批判的人種理論」、「温室効果」などのアイデアが学者によって発表されて以来、彼らの予想通りに悲惨な影響が出始めるまでどのくらいの時間がかかるのか、長い間疑問に思っていました。ジョー・バイデンは、それが9ヵ月間であることを示してくれました」と述べています。

ハンソン氏の出身地であるカリフォルニア州では1ガロン(3.6リットル)あたり(約3倍の)5ドルでガソリンが販売されていることや、900ドル以下の物品の窃盗に対する罰則を緩和する新しい法律が可決されたことで、盗難が蔓延し、ウォルグリーン(大型小売店)がサンフランシスコ市内の5つの店舗を閉鎖すると発表したことを例として挙げました。

ビクター・デイビス・ハンソン氏

Photo 出典元

「ウォルグリーンでは略奪が行われ、貧しい人々は処方箋を書いてもらうことすらできず、駐車中に窓が叩き割られるので車でサンフランシスコに行く人がいなくなり、1000ドルを超える物品の窃盗は重罪になるため、制限以下の900ドル相当の物品が易々と盗まれるようになりました」とフレズノ地域に住む人は述べています。

フォックス・ニュースの司会のジェシー・ワッターズ氏は、民主党のロンドン・ブリード市長が犯罪に甘い政策を打ち出し、事実上「警察の仕事を封じ込めている」と述べ、ウォルグリーン店の驚くべき撤退を指摘しました。

「先に述べたような理論を実際に現実世界で実行するのは、カリフォルニア州のサンフランシスコのような地域ですが、その結果、街は破壊されることになったのです」とハンソン氏は言います。


動画 出典元

「サンフランシスコの学校区は1億ドル(約120億円)の損失を出しているのに、いったい何をしているんでしょうか? 不潔なトイレや教室を放置して、ジェファーソン、ワシントン、リンカーンといった大統領の名前を変えようとすることに時間を費やしたり、ジョージ・ワシントンの美しい壁画を覆い隠そうとしたり、破壊しようとしたりしていますが、実在する犯罪の問題に対処できないでいます」とハンソン氏は言います。

実際にサンフランシスコ市の諮問委員会が44校もの学校名を変更しようとする計画が進行中だと言います。

サンフランシスコで行われた世論調査では、約半数の人が市外に移住することを希望しており、その人たちはかつて楽園だと思っていた場所から抜け出したいと考えている「非常にリベラルな進歩主義者たち」なのです。

おかしなことですね。自分たち「進歩主義者」が生み出した学術理論を実行した結果、犯罪が多発し街が崩壊状態になると、自分たちはとっとと街を離れたいと言うのは、まったく本末転倒です。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他ご意見などお気軽にお寄せください。お待ちしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です