ニューズマックス

ニューズマックス「元税関・国境警備署長ロドニー・スコット氏、『バイデン政権は国境の危機についてトランプ前政権から十分に警告されていた』」

Photo 出典元 Represented by ZUMA Press, Inc.

米国時間10月11日ニューズマックス
by チャールズ・キム
Charles Kim
ニューズマックス・ライター

日本語解説:WAU

元税関・国境警備署長ロドニー・スコット氏、『バイデン政権は国境の危機についてトランプ前政権から十分に警告されていた』

記事によると、ジョー・バイデン政権は、ドナルド・トランプ前政権が制定した国境政策を変更した場合の影響について十分に警告されていたと、元税関・国境警備署長のロドニー・スコット氏がニュースマックスに語っています。

スコット氏は月曜日の ニューズマックスTVの番組「スティンチフィールド」で、「私は個人的にいくつかの移行会議に参加し、私のスタッフは国土安全保障省と国境警備に関するすべての移行会議に参加した。その際、バイデン新政権は何度も何度も、我々が実施したプログラムをすべて後退させれば、コントロールできないほどの流入が起こると警告されましたが、それがまさに今日起こっていることです」と語りました。

スコット氏は、バイデン政権が、トランプ政権の政策を覆すことで生じる国境の危険性を認識していなかったと主張し、初期に見られた「急増」は移民の「正常な」変動であったとしていることに対し、「呆れた」と述べています。

ロドニー・スコット氏

Photo 出典元

アメリカ合衆国国土安全保障省長官のアレハンドロ・マヨルカス氏は3月、「メキシコと北の三角地帯の国々における貧困、高レベルの暴力、汚職が、何年も前から南西国境への移民を促してきました。悪条件は悪化の一途をたどっています。ホンジュラスを襲った2つのハリケーンがこの地域を通過したことで、現地の生活環境はさらに悪化し、より多くの子どもたちや家族が逃げ出しました」と述べています。

アレハンドロ・マヨルカス氏

Photo 出典元

バイデン氏は大統領選挙期間中、「メキシコ残留」「安全な第三国協定」「一部の不法移民の迅速な排除」といったトランプ氏の政策を覆すことを約束し、大統領就任初日に実行しました。

それ以来、数ヶ月の間に不法移民は劇的に増加し、国境の人員と資源を圧迫し、毎月の国境横断回数の数十年来の記録を更新しています。

アメリカ合衆国税関・国境警備局によると、7月と8月には20万人以上が国境を越えたと報告されており、バイデン政権の最初の8ヶ月間で100万人以上が国境を越えたと推定されています。

「弁解の余地はありません。現国土安全保障長官は以前の政権時にもスタッフとしての経験がありましたので、こんなことをすればどうなるのか、彼は知っていたはずなのです。政権交代時、彼は我々から言われなくても知っていましたが、我々は彼にそれを強化するように言ったのです。しかし、彼はその提言を無視し、専門家の意見に耳を傾けようとせず、自分たちの道を歩むことにしたのです。」とスコット氏は言います。

スコット氏によると、、バイデンはトランプ氏が推し進めた南部国境の壁の建設を一時停止し、それらの契約をキャンセルしたことで、1日に推定500万ドルの国民の税金がかかっているとのことです。

「すでに支払いが完了している100マイルの国境の鉄の壁があります。これらの契約が打ち切られたために、それが廃棄されることになるのです。」

スコット氏は、トランプ氏の任期中に建設された壁は、不法移民が合法的により開けた場所で国境を越えることを防ぐために機能していたと述べました。

「トランプ大統領の任期中に建設された壁は、不法移民がより開けた場所から国境を越えるのを防ぐために機能していました。バイデン政権はコストや運用面での影響を知らなかったと主張することはできません」

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他ご意見などお気軽にお寄せください。お待ちしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です