フォックス・ニュース

フォックスニュース「コットン上院議員、アフガン計画会議でブリンケン国務長官がどこにいたのか知りたいと要求」

Photo 出典元

米国時間10月1日
by
アンドリュー・マーク・ミラー
Andrew Mark Miller
フォックスニュース・ライター

日本語解説:WAU

コットン上院議員、アフガン計画会議でブリンケン国務長官がどこにいたのか知りたいと要求

Cotton demands to know where Blinken was during Afghanistan planning meeting

フォックスニュースによると、トム・コットン上院議員(共和党)は、アントニー・ブリンケン国務長官に対し、5月に行われたアフガニスタン撤退計画に関する会議に出席しなかった理由を説明するよう求めています。

コットン議員は、「バイデン政権は5月にアフガニスタン撤退のリハーサルを行ったが、トニー・ブリンケンは出席しませんでした。この間、彼はどこにいたのか?」と、プレスリリースとともに木曜日にツイートしました。

トム・コットン
@SenTomCotton
バイデン政権は5月にアフガニスタン撤退のリハーサルを行いましたが、トニー・ブリンケンは参加しませんでした。

どこにいたのですか?
ブリンケンはどこにいましたか?

コットン議員は声明の中で、会議中の居場所について以下の回答を求める手紙をブリンケンに送ったと述べています。

「2021年5月8日、バイデン政権は、アフガニスタンからの撤退計画をリハーサルするために、各長官向けの演習を行ったことが私の知るところとなりました。この演習には、アフガニスタン撤退を担当する軍のトップリーダーに加え、ホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安全保障顧問ウィリアム・バーンズCIA長官サマンサ・パワー米国際開発庁長官リンダ・トーマス・グリーンフィールド国連大使が参加したと報じられています」

「特に、ブリンケン氏、あなたはこの演習に参加しなかったと言われています。また、最上位の副官であるウェンディ・シャーマンも派遣しませんでした。その代わりに、国務省の第3位の官僚を派遣したのです」と、コットンは書いています。

コットン氏の書簡は、「2021年5月8日、あなたはどこにいましたか?」という質問で締めくくられています。

この書簡の件に対して国務省は、Fox Newsからのコメント要請にすぐには答えませんでした。

バイデン政権は、カブール空港近くで起きた爆弾テロで13人の米軍兵士の命を奪った、混沌としたアフガニスタンからの撤退について、米議会両院から広く批判されています。

今週、国防総省のトップは、国務省がアフガニスタンから民間人の避難をもっと早く始めなかったことを非難し、この取り組みを「混沌としている」と呼ぶ一方で、水曜日に行われた下院軍事委員会での公聴会では、米軍の「スキルとリーダーシップ」を擁護しました。

米軍は、6,000人の米国市民を含む124,000人以上の人々をカブールから避難させ、8月31日にアフガニスタンからの撤退を完了しました、事前に多数の避難を行うことが出来たにもかかわらず、少なくとも100人の米国市民と数千人の同盟国アフガニスタン人が現地に取り残されました。

ロイド・オースティン国防長官は、なぜもっと早く避難を開始しなかったのかという質問に対して、「国務省の判断でした」と答えました。

オースティン国防長官は、「冒頭で述べたように、我々は国務省に意見を提供している」とした上で、「もしアメリカ市民や特別移民ビザ申請者をあまりにも速いペースで撤退させれば、我々が防ごうとしていたアフガン政府の崩壊を引き起こすだろう」と、ガーニ政権から「注意されていた」と説明しています。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です