Extra ニュース

Reuters「パワープレーヤーかプードルか?BoJoとJoeの出会いで揺れ動く英米の関係」

写真は、2021年6月10日、英国コーンウォール州カービス・ベイカービス・ベイ・ホテルで、ジョー・バイデン米大統領が英国のボリス・ジョンソン首相と会談した際に、大西洋憲章に関する歴史的文書や工芸品を見ながら話している様子。REUTERS/Toby Melville/Pool/Files

Photo 出典元

米国時間9月21日2:12 PM JSTReuters
by トレバー・ハンニカット
Trevor Hunnicutt
byエリザベス・パイパー
Elizabeth Piper

日本語解説:WAU

パワープレーヤーかプードルか?BoJoとJoeの出会いで揺れ動く英米の関係

Power player or poodle? UK-U.S. relations in flux as BoJo meets Joe

記事によると、 英国のボリス・ジョンソン首相はかつて、民主党のジョー・バイデン氏がホワイトハウスを引き継いだときに、ドナルド・トランプ氏との友好関係が自分を冷遇することになるのではないかと心配していました。

ボリス・ジョンソン首相

Photo 出典元

しかし、10月末に英国が主要な環境会議を開催するのを前に、安全保障、気候、経済規制を中心とした関係を深めるために、大西洋をまたぐ指導者たちが火曜日にワシントンで広範な会談を行うため、ジョンソン首相は温かい歓迎を受けることが期待できます。

ジョンソン氏のチームは、昨年の欧州連合(EU)離脱後、「グローバルな英国」が世界の舞台で活躍できることを証明した勝利の瞬間だと考えています。これは、英国が重要な役割を果たしたEUのライバルであるフランスと米国が対立する中での出来事です。

米国と英国が最近発表したオーストラリアとの潜水艦取引はフランスの犠牲の上に成り立っており、これによりフランスは米国とオーストラリアへの大使を引き揚げ、英国との防衛会議を中止しました。

フランスは、2003年3月のブッシュ大統領によるイラク侵攻を支持したトニー・ブレア元首相が嘲笑された後も、長年続いている「特別な関係」の中で英国をジュニア・パートナーと見なしているとも言われています。

トニー・ブレア元首相

Photo 出典元

この件について、貴族院議員で元駐仏イギリス大使のピーター・リケッツ氏は、「フランス人はこれを非常に戦略的なものだと考えています。特にアフガニスタンでの屈辱的な出来事をきっかけに、アメリカがヨーロッパの同盟国を真剣に相手にせず、中国に目を向け、イギリスがそれに追随し、イギリスがプードルのようになるという変化の一部だと考えています」と語っています。

バイデンにとって、この同盟は、アプローチやスタイルの違いを乗り越えていくための現実的な必要性に焦点を当てています。バイデンは当時、ジョンソン氏が、かつての上司であるバラク・オバマ氏が「ケニア人の血を引いている」という理由で英国のEU離脱に反対していると評したことに怒りを覚えていました。

しかし、2人は6月のG7会議で友好的になり、バイデンは30歳近く年下の3番目の妻と結婚したばかりのジョンソンに対し、「私たちは2人とも立場を分かった上で結婚した」と言いました。

それに対してジョンソンは、「私はそのことで大統領に反対するつもりはありませんし、他のことについてもそうだと思います。それぞれの国には自国の利益を追求する余地があり、両国ともに、混沌としたアフガニスタンからの軍事的撤退をめぐる意見の相違を乗り越えたいと考えています」と述べました。

また、「フランスの懸念にもかかわらず、中国の地域的影響力に対抗することを主な任務とするオーストラリアとの(AUKUS同盟)を構築したいと考えています。また、COVIDへの対応や気候変動問題での協力も検討していま」と述べています。

ジョンソンは、貧困国の二酸化炭素排出量削減と地球温暖化対策のために、富裕国が毎年1,000億ドルを拠出するという期限切れの公約を達成するために、バイデンに拠出金の増額を迫る予定です。

「これは大きな変化をもたらし、世界に大きなシグナルを送ることになると思います」とジョンソンは語りました。

ジョンソン氏とその仲間たちが、ブレグジット後の論理的なステップとして長い間主張してきた米英二国間の貿易協定は、まだ先の話になりそうです。何故なら、バイデン氏は、新たな貿易取引の仲介を優先してないからです。

ジョンソン氏は、月曜日に渡米し、記者団に対し、「現実には、ジョーにはもっとたくさんの大切なことがある」と語りました。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です