Extra ニュース

「ペロシ訪台の可能性が迫る中、なぜ米国は『地球上で最も危険な場所』で中国を挑発するのか?」

Photo 出典元 Sergey Mihailicenko / Anadolu Agency / Getty Images

ロシア時間4月6日 21:15 ロシア・トゥデイ(RT)
by アンドレイ・グービン
ロシア国際問題評議会専門家
Andrey Gubin
Russian International Affairs Council expert

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に解説しています。

「ペロシ訪台の可能性が迫る中、なぜ米国は『地球上で最も危険な場所』で中国を挑発するのか?」

日本語解説:WAU

いま、米国と中国という2大核保有国が激しく対立している。

米国が北京封じ込めを画策する中、事態は悪化の一途をたどっている。

この緊張を高めている最大の争点は、台湾海峡である。

近年、米国は台湾への武器・軍備の供給を増やす一方、台湾政府の独立志向を強力に後押ししている。

台湾は、北はアリューシャン列島から日本、フィリピンを経て南は大スンダ列島に至る「第一列島線」の一部であり、米国と中国にとって地政学的に極めて重要な意味を持つ。

この「太平洋の最前線」こそ、米中両国が自国の防衛線として定義しているものである。

近年、フォルモサ(台湾の別称:ポルトガル語で「美しい」という意味で、20世紀まで西洋の地図に使われていた名称)の政治家は一貫して米国との関係を強化する政策をとっており、これはワシントンの反中国的なレトリックと完全に一致している。

中華人民共和国の指導者は、「一つの中国」政策に反する行動は容認できないことを繰り返し明言している。

これは、両国関係の基礎となっている1972年から1982年までの3回の米中共同声明の規定も同様である。

中国政府は最近、「台湾の祖国への統一」は北京の基本的な国家安全保障上の利益であり、必要であれば軍事力で守ることができるとして、そのレトリックをますます好戦的なものにしてきている。

一方、米国政府は、1979年に制定された台湾関係法の曖昧な文言のおかげで、台湾に対する具体的な支援義務の有無に関する質問には答えたくないと考えている。

同時に、米国の政治体制や専門家の間では、中国との経済的・地政学的な対立から、公然の紛争に移行する準備が全くできていないのである。

中国をめぐるアメリカのエスタブリッシュメントの混沌を示す典型的な例は、8月に予定されているナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問によく表れている。

アメリカ第3の権力者による台湾訪問の可能性が最初に報道されたのは2022年4月のことだった。

しかし、その訪問は、新型コロナの検査で陽性反応が出たためとされ、実現しなかった。

ペロシの事務所は公式な確認や否定を発表していないが、英紙フィナンシャル・タイムズは、事情に詳しい情報筋の話として、議長の今回の訪問はほぼ決定していると報じている。

NBCの情報筋が後に主張したように、彼女のアジア歴訪に台湾への立ち寄りが含まれるかどうかは不明なままであるが、興味深いのは、1997年に当時のニュート・ギングリッチ共和党下院議長が台湾を訪問していることだ。

しかし、その時は、ビル・クリントン民主党政権と対立する共和党の代表であったため、少し違っていたが、ペロシとバイデンは同じ党であり、反中国的な性格を持つワシントンの公式外交路線を体現することになる。

また、バイデン政権は、台湾政府とマーク・エスパー前国防長官との間で行われている交渉の中で、台北への武器・装備売却の第5次計画を確認した後、同議長の訪問に関する情報が流れた。

この前代未聞の措置に、北京は直ちに反応した。

外交部の趙 立堅(ちょう りっけん)報道官は、中国は米国当局と台湾島とのいかなる形の公式交流にも強く反対すると述べ、議会は米国の政治体制に不可欠な部分であるため、一国主義を遵守する要件と3つの米中共同声明の内容が完全に適用されると強調した。

これに従い、北京はワシントンに対し、訪米を中止し、台湾海峡の緊張を高めることをやめ、台湾の分離独立を支持する行動をとることをやめるよう要求した。

中国外務省によれば、もしアメリカが現在のような道を歩めば、中国は国家主権と領土保全を守るために強力で断固とした措置を取るだろうから、ワシントンはその行動によって起こりうるすべての結果を心に留めておくべきだということだ。

しかし、ホワイトハウスと国防総省は、世界第二の経済大国であり海軍を有する中国との関係において、長期的かつ予測不可能な結果を招くことに対して、おそらくまだ準備ができていないのだろう。

7月21日、バイデン大統領は、米軍高官はペロシの台湾訪問を現時点では良いアイデアとは考えていないと述べた。

4月にペロシ訪台の可能性が議論された際、中国空軍の飛行機4機が、台湾の自称防空識別圏の南西部に進入した。

一方、中国の王毅(おう き)外相は、フランス大統領顧問のエマニュエル・ボン氏に対して、米国は領土保全と国家主権に関する問題で二重基準政策を続け、国際関係の動揺を高めていると苦言を呈している。

同大臣によると、北京は米国の政治指導者の台湾への公式訪問を意図的な挑発行為とみなし、全世界に極めて危険なシグナルを発しているという。

この立場はさまざまなレベルで示された。

リック・ラーセン米民主党下院議員は、中国大使館の職員とサンフランシスコの中国総領事から、訪台を中止するよう議長に伝えるよう要求されたと述べた。

この問題は、首脳の間でも話し合われた。

ジョー・バイデンと習近平の電話会談に関する声明で、中国当局者は台湾に言及する際に強い言葉を使い、

「火遊びをする者は火傷する。米国がこの点について明確な頭を持つことが望まれる」

と述べている。

環球時報は、ペロシの訪問は戦略的な結果をもたらすと考える中国の専門家の見解を引用し、北京の反応も戦略的であるべきだから、その後の報復行動は、現在経済的困難にある米国にとって破滅的なものとなりかねないと指摘している。

中国社会科学院の研究者・呂祥氏は、

「ワシントンが議長を台湾に派遣する決意は、アメリカ当局が北京の忍耐力を試し、外交政策の行動許容の新しい基準値を設定したいことを示している」

と考えている。

軍事専門家の宋中平(ソン・ジョンピ)氏は、アメリカの民主党は11月に行われる議会中間選挙を前に、その地位を向上させるためにあらゆる手段を講じており、これには台湾の民主化に対する支持を示すことも含まれていると述べた。

中国人ジャーナリストの胡 錫進(こ しゃくしん )氏は、

「ペロシ氏の台湾へのフライトを護衛するために米軍は戦闘機を派遣し、台湾海峡に空母を配備することを提案している。台湾軍が発砲した場合、北京は脅威となる台湾のあらゆる目標を破壊する権利を有する。そして、もしアメリカがあえて救援に来るのであれば、それは解放と統一の時であろう」

と述べている。

アメリカのアナリスト達は、中国共産党が習近平にとって重要な第20回中国共産党全国代表大会を前に、アメリカとの不必要な対立を避けたいとして、北京の対応はソフトで象徴的なものになると考えているのかもしれない。

一方、共産党の軟弱さを当てにする理由は全くない。

王毅外相はインドネシア・バリ島でのG20サミットの傍ら、米国のアントニー・ブリンケン国務長官に「3つの共同声明は不可侵である」と警告した。

これは明確に解釈されるべきで、ワシントンの挑発が行き過ぎた時点で、北京との二国間関係は絶望的に損なわれることになる。

同時に、中国当局は、北京、台北、ワシントンが何とか妥協に達した1996年の「台湾危機」の時よりも、この件ではさらに踏み込む用意があるようだ。

今年6月にシンガポールで開催された「シャングリラ・ダイアローグ」で、中国の魏鳳和(ぎ ほうか)国防相は、

「台湾を中国から引き離そうとする者がいれば、北京は武力を行使し、徹底的に戦う」

と宣言している。

2021年5月、英誌エコノミストは台湾を「地球上で最も危険な場所」と呼んだ。

このイギリスの出版物によれば、中国の軍艦が常に島の周囲を機動し、航空機がその「防空圏」に侵入していることは、早ければ2025年にも予想される差し迫った侵略のための準備がなされていることの明白な証拠であるという。

バイデン政権になってから、米国で本当の反中ヒステリーが勢いを増しているのは極めて憂慮すべきことである。

ピュー研究所の調査によると、同国の成人人口の89%までもが、中国をライバルあるいは敵視しているが、友人ではないと考えており、その他の回答者も皆、中国に対して極めて否定的な見解を持っている。

バイデン大統領が大陸からの攻撃に備えて米国が台湾に軍事支援を行う用意があると発言したことを受け、政治家や専門家は、従来「戦略的曖昧さ」で成り立っていた台湾に対する公式見解を、より「戦略的明確さ」のあるものに変えるよう米国に強く求めている。

2021年1月、ドナルド・トランプ大統領の退任政権は、大陸からの侵略があった場合、ワシントンが台北を保護する意図を確認する文書を公表した。

本来は2042年にのみ機密解除の対象となる「米国のインド太平洋戦略フレームワーク」では、

「米国は『第一列島線』内で中国が海上、航空で優位に立つことを阻止し、台湾を含むこの地域のすべての国々を保護すべきである」

と提言している。

しかし、ワシントンと北京の間で紛争が起きたとしても、どちらかが「小規模な戦争の勝利者」になることはないだろう。

たとえ中国が台湾を速やかに占領できなかったとしても、アジア太平洋地域で米軍と戦うことに固執するだろう。

一方、島を失ったとしても、ペンタゴンは作戦を縮小しない。

中国軍の潜在力を無力化しなければ、これまでの努力が無意味になるからだ。

2021年12月、フォーリン・アフェアーズ誌はワシントンと北京に、

「台湾をめぐる紛争は自分たちとほとんどの東アジア諸国にとって破滅的なものになりかねない。なぜなら、主要参加国は敗北に直面すれば、核兵器を使用して状況を有利に変えることができるからだ」

と警告している。

米国と中国の争いには、イラン、北朝鮮、ロシアなど、米国が生産的な関係を構築できていない問題に関して、まだかなりの対話の余地があるのは間違いないだろう。

しかし、ホワイトハウスが「台湾問題」を含む中国の基本的な安全保障上の利益を脅かすことを止めなければ、北京は米国の覇権主義に屈せず、その拡張政策に苦しんでいる国との関係を強化せざるを得ないだろう。

同時に、これまで「一帯一路」構想による各国との経済協力や人道支援による友好関係の構築に頼ってきた中国指導部は、今度は安全保障の分野で多国間協力を強化し、中国の安全な環境作りに努める必要がある。

解説者からのコメント: ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。