Extra ニュース

NY POST「ニューヨーク市で抗議活動を行うワクチン反対派、タイムズスクエアに襲来!」

写真はワクチンパスポートの義務化に抗議するため、反ワクチン派のデモ隊がタイムズスクエアを襲来した様子。Photo 出典元

米国時間9月12日 12:27am NY POST
by ジェシー・オニール
Jesse O’Neill
ニューヨーク・ポストのライター/レポーター

Photo 出典元

日本語解説:WAU

ニューヨーク市で抗議活動を行うワクチン反対派、タイムズスクエアに襲来!

Times Square stormed by anti-vaxxers protesting in NYC

記事によると、18日土曜日、数百人の反ワクチン主義者がタイムズスクエアに押し寄せ、極彩色の抗議活動を行いました。

このイベントにはポールダンサーや、予防接種の取り組みをナチスのユダヤ人大量虐殺に例える看板を持った人も参加しました。

「ナチスはどうやったのか?ユダヤ人は病気だと言っていた」と書かれた看板を持った女性がいたことが、ソーシャルメディアの画像で紹介されています。

その女性がもう一方の手に持っていたのは、注射器で作られた鉤十字の絵で、画像によると「『never again』に何が起こったのか」というフレーズが添えられていました。

アメリカの国旗や、「恐怖よりも自由を。目覚めよニューヨーク」などのスローガンが書かれた攻撃性の低い看板も、「世界の十字路」に掲げられていたことが画像で示されている。

ワクチンの義務化に反対する集会のためにタイムズスクエアに集まる反ワクチンのデモ参加者たち。Erik Pendzich/Shutterstock

Photo 出典元

マスクをしている人はほとんどいませんでしたが、多くの人がニューヨーク市のワクチンパスポート義務化の廃止を要求しました。

この抗議活動は、ニューヨーク市民の3分の2以上がコロナワクチンを少なくとも1回接種したと保健所が発表したことを受けて行われました。

タイムズ・スクエアで行われた反ワクチン集会で、サインを掲げているデモ参加者の姿。Erik Pendzich/Shutterstock

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です