フォックス・ビジネス

FOX BUSINESS「スペースX社の最初のツーリストが軌道上での3日間の滞在を終えて帰路に着きました!」

写真はスペースX社の最初のツーリスト。左から、ヘイリーアルセノークリストファー・センブロスキジャレッド・アイザックマンシアン・プロクター、7月にInspiration4ミッションの無重力飛行の訓練中。Credit:John Kraus/Inspiration4, via Associated Press

Photo 出典元

米国時間9月19日FOX BUSINESS
by デジャリス・ホルト
Dejaris Holt
FOX BUSINESSトラベル

Photo 出典元

日本語解説:WAU

スペースX社の最初のツーリストが軌道上での3日間の滞在を終えて帰路に着きました!

SpaceX’s 1st tourists homeward bound after 3 days in orbit

このフライトは、セント・ジュード小児研究病院のための2億ドルの寄付金集めに貢献しています

4人の宇宙旅行者を乗せたスペースX社のカプセルは、土曜日の夕方、フロリダ州の海岸沖でスプラッシュダウンを目指しました。

地球を周回する初のオール・アマチュア・フライトは、3日前にNASAケネディ宇宙センターからの打ち上げで始まりました。

フライトの費用を負担した億万長者のジャレッド・アイザックマン氏は、コンテストの優勝者2名と、小児がんを克服し、現在は治療を受けたセント・ジュード・チルドレンズ・リサーチ・ホスピタルで医師のアシスタントをしている女性を連れて行きました。


動画 出典元

彼らは、「Inspiration4」と名付けられたこのフライトで、セント・ジュード病院のために2億ドルの寄付金を集めようとしています。

3月までは他人同士だった彼らは、6ヶ月間の訓練を経て、自動化されたドラゴンカプセルに搭載され、万が一の事態に備えました。軌道上では、セント・ジュード病院の患者と会話をしたり、自分自身の健康診断を行ったり、ニューヨーク証券取引所の閉会ベルを鳴らしたり、絵やウクレレを弾いたりしました。

帰国した宇宙飛行士による大西洋でのスプラッシュダウンは、50年以上ぶりとなります。スペースX社が過去に行ったNASAの宇宙飛行士を乗せた2回のスプラッシュダウンは、メキシコ湾で行われました。

スペースX社は、NASAが国際宇宙ステーションに向けて行う宇宙飛行士の打ち上げの合間を縫って、年に最大6回のプライベートフライトを行うことを想定しています。

Inspiration4のコマンダーであるジャレッド・アイザックマンは、「あれは私たちにとって大変な経験でしたが、私たちはまだ始まったばかりです」と述べています。

スペースX社の創業者であるイーロン・マスク氏は、着陸後に、「Congratulations @Inspiration4x!!!」 とツイートしました。


Photo 出典元

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です