Extra ニュース

WJニュース「雨の中、トランプ氏の「アメリカを救う」という演説を聞くために、3万人のトランプ支持者が集まりました」

Photo出典元

米国時間8月22日The Western Journal
by ジャック・デイビス
Jack Davis
2015年7月The Western Journal入社。外交政策や軍事問題フリーライター。

Photo出典元

日本語訳・解説:WAU

「雨の中、トランプ氏の「アメリカを救う」という演説を聞くために、3万人のトランプ支持者が集まりました」

Despite Rain, 30,000 Trump Supporters Turn Out to Hear Trump Speak on Saving America

21日土曜、ハート・オブ・ディキシー州で行われたドナルド・トランプ前大統領への熱狂の火を、雨は消すことができませんでした。

アラバマ州に拠点を置く保守系ニュースサイト「イエローハマー・ニュース」によると、

雷雨と豪雨の中、トランプ氏の「Save America」ラリーのために、アラバマ州の人口約1,8000人余りのカルマンの町に3万人以上の人々が押し寄せました。

アラバマ州の共和党上院議員トミー・チューブビル氏は、このずぶ濡れの集会を「トランプの人気の現れ」と呼んだと報じています。

トミー・チューブビル上院議員

Photo出典元

このような悪天候の中での大々的な応援に、トランプ氏もとてつもなく驚いたことでしょう。

出席者の中には、トランプがアメリカを救えると信じていると記者に語った人もいました。

アラバマ州北部の光景は、2020年の大統領選挙戦を彷彿とさせるもので、トランプ氏の講演会場には溢れんばかりの観客が集まるのが常で、民主党の挑戦者ジョー・バイデン氏のイベントには参加者が少ないという状況でした。

AL.comによると、ケンタッキー州ファウンテン・ランに住む畜産農家のダリル・ムッターさん(48歳)は、「わが国はひどい状況にある。絶望的な状況だ。多くの人がそれに気づいていません」と語りました。

「トランプ大統領は、国の利益、労働者階級の人々のことを一番に考えていると思います。そして、それが私がここにいる理由です」と述べています。

トム・シャネイフェルトさん(66歳)は、テネシー州クリーブランドから、トランプ氏の話を聞くためにやってきました。

シェーニーフェルトはAL.comの取材に対し、「不正な選挙が行われていることが信じられません。私たちはそれを正さなければなりません。私たちはこの国を失ってしまった。過去4年間と今年の最初の半年間で、彼がしてきたことを比べて見てください。今起こっていることは、腐敗以外に説明がつかない」と語りました。

テネシー州トンプソンステーションに住むデビッド・フォーグル氏は、トランプ氏の話を聞くために車を走らせたと言い、「彼はすべてについて真実を語るからだ。私の子供たちにも経験させたい。この国がまだ戦っていることを知ってほしいのです」とAL.comに語っています。

CONNIE’S CORNER@CRRJA5
カルマン(アラバマ州)で行われたトランプ氏の集会の航空写真
人々は本物の大統領に飢え、渇いている。


ニューヨーク・ポスト紙によると、集会の中でトランプ氏は、ジョー・バイデン大統領のアフガニスタンでの屈辱的な大失敗を「アメリカ合衆国史上最大の外交政策の屈辱」とホワイトハウスの弱点を突いて、ベトナム戦争は「ジョー・バイデンの大失敗に比べれば、戦略のマスタークラスのように見える」と述べたと報じています。

「これは史上最大の軍事的敗北のひとつとして語り継がれるだろうが、そのようになる必要はなかった」とトランプは語りました。「これは撤退ではなく、理由もなく完全に降伏したのだ。彼は我々の空軍基地を明け渡し、武器を明け渡し、大使館を明け渡した」とトランプ氏は言いました。

「そうする必要はなかった。バイデンがしなければならなかったのは、我々の市民全員が退去するまで兵士を残し、武器を回収し、そして基地を爆撃して『バイバイ』と言うことだった」とトランプは述べ、国の屈辱は来月からさらに悪化するだろうと語りました。

ポスト紙によると、トランプ氏は「もうすぐに9月11日が訪れ、バイデンのせいでアメリカ大使館にタリバンの旗が掲げられることになるだろう」と語ったといいます。

「私が大統領に就任していれば、タリバンは私たちの飛行場を占領したり、私たちのアメリカ製の武器を持って練り歩いたりすることは夢にも思わなかったでしょう」と語っています。

Lee@VictoryDay_Hope 10時間
アラバマ州の集会でのトランプ氏。

「この国は彼らのものではなく、あなたのものであることを決して忘れてはならない。ここはあなたの家であり、あなたの遺産であり、私たちの壮大なアメリカの自由はあなたの神から与えられた権利です!” ❤️なんで、なんで、イギリスには愛国心のあるリーダーがいないの?💔」

イエローハマー・ニュースによると、スピーチの中で、トランプ氏はバイデン氏に対して、「アメリカに何と最悪など事が起こったのか?」という最重要な質問を投げかけました。

トランプ氏の描画力は、彼の人気の明確な証拠であり、2024年の大統領選挙でのカムバックキャンペーンの可能性を示していました。しかし、Fox Newsによると、トランプ氏はスピーチの中で、あるセリフを言い放ち、ブーイングを浴びたといいます。

それは、トランプ氏が支持者にCOVID-19の予防接種を受けるよう勧めた時でした。

「私は、あなたの自由を完全に信じています。私は、あなたが自由であり、あなたがしなければならないことをしなければなりません。しかし、私はワクチンを摂取することをお勧めします。私がやったのだから、いいじゃないか、ワクチンを受けなさい」とトランプ氏が言うと、珍しく会場からブーイングが起り、

「それで良いよ 大丈夫だよ。君たちの自由だ。だが、私はたまたまワクチンを摂取している。もし効かなかったら、君たちが最初に知ることになる。いいかな」と言いました。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です