Extra ニュース

ロイター「中国の株価大暴落に備える投資家たちの分析」

Photo 出典元

英国時間9月17日3:24 PM JSTReuters
by マーク・ジョーンズ
Marc Jones
ロイター通信(ロンドン)のグローバルマーケット特派員

Photo 出典元

日本語解説:WAU

中国の株価大暴落に備える投資家たちの分析

Analysis: Investors brace for a great fall in China

記事によると、近年、中国への投資を続けてきた国際投資家は、過剰債務を抱える不動産大手、中国常平の問題が頭をもたげてきたことで、中国の大暴落に備えています。

このデベロッパー(3333.HK)の苦境は、5月から雪だるま式に拡大しています。2兆元(3,050億ドル)の負債に加えて資源が減少したことで、同社の株価と債券価格は80%近く下落し、8,000万ドルの債券クーポン支払いが来週に迫っています。

今後どうなるかは不明ですが、銀行関係者は、同社が支払いに応じず、当局が介入して同社の資産の一部を売却するという、一種の仮死状態に陥る可能性が高いと述べているが、それは容易に起こりうることだとしています。

ロンドンにある 英国のグローバル投資会社アブラディーン(旧 Aberdeen Standard)の EM 社債の責任者である シド・ダハイヤ 氏は、「何が起こるか見守る必要があります。彼らはおそらく水面下で取引を進めているのでしょうが、はっきりとした情報はなく、前例もないので、未知の世界です」と述べています。

シド・ダハイヤ氏

Photo 出典元

中国常平(エバーグランデ)社は、2週間前に、現金を調達できなければ債務不履行に陥る危険性があると発表しましたが、それ以来、何の進展もないと言っています。

アナリストによれば、280以上の都市で1,300以上の不動産プロジェクトを抱えるEvergrande社が倒れれば、中国企業の中には大きすぎて潰せない企業があるという考えが根底から覆されることになるといいます。

もちろん、これは国家に関連する大企業にも当てはまるでしょうが、アリババテンセントなどの大手ハイテク企業に対する北京の締め付けが、今年初めに中国市場から1兆ドル近くを奪った後のことでもあます。

エバーグランデ社からの誘発は、主に中国の他の高負債の「ハイイールド」企業に限られており、これらの企業も低迷しているが、香港の重鎮企業であるハンセン(.HSI)も木曜日に10ヶ月ぶりの安値を記録し、多少の広がりがあることを示しています。

金融市場のデータとインフラを提供する世界最大の企業のひとつ、EMAXXのデータによると、欧州最大の資産運用会社であるアムンディは、Evergrandeの国際債の全体的な最大の保有者であったが、事態が本当に悪化する前に、少なくとも一部を売却したと思われます。

パリに本社を置くアムンディは、2025年6月に返済期限を迎える6億2500万ドルの債券のうち、9300万ドル弱を保有していたことがEMAXXのデータで示されています。UBSアセットマネジメントは、この債券の第2位の保有者で8,500万ドルを保有しており、全体的にも大きな保有者の1つとなっています。

アムンディのEMコーポレート&EMハイイールド部門の共同責任者であるコルム・ドサリオ氏は、多くの中国企業の基本的な状況は変わらないとした上で、「しかし今は、(エバーグランデの)再建プロセスの開始を待って、より多くの情報を集めたい」と述べています。

コルム・ドサリオ氏

Photo 出典元

「投資家が直面する損失の規模はわからない」

It remains to be seen the scale of loss that investors will face. UNWIND

4月当時、エバーグランデの社債は1ドル90セント前後で取引されていましたが、現在は25セントに近い水準です。

米国のファンド、エイゴン・アセット・マネジメントのエマージング・マーケット・デット部門の責任者であるジェフ・グリルズ氏は、「エバーグランデは常にリスクの高いハイイールド投資として価格設定されていましたが、今日の価格が物語っているのは、政府がエバーグランデを完全に手放すことに多少の驚きがあったということです。10%以上の金利に投資家が魅了された典型的な例」と述べています。

ジェフ・グリルズ氏

Photo 出典元

昨年末にエバーグランデ社が中国政府に提出した書簡によると、同社の負債には128以上の銀行と120以上の他の種類の機関が関わっているといいます。

エバーグランデ社の社債権者グループは、投資銀行のMoelis & Coと法律事務所のKirkland & Ellisを、ある社債のリストラの可能性についてのアドバイザーに選んだと、この件に詳しい2人の関係者が語っています。

この債券に投資しているファンドには、世界最大の資産運用会社であるブラックロックをはじめ、フィデリティ、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、PIMCOなどがあります。

ブラックロックやゴールドマン、ブラックストーンなどの米国の大手金融機関は、木曜日の後半に中国の中央銀行や銀行・証券規制当局の担当者と会談する予定です。

債券アナリストは、被害があまり広がらないことを期待しています。大手投資会社の全体の規模に比べれば、保有資産はごくわずかだからです。また、新興市場の大企業の債券購入者がショッピングリストのように使っているJPモルガンCEMBI指数には、200億ドル近いエバーグランデの債券のうち67.5億ドルしか含まれていません。

しかし、この問題がより大きなシグナルとなることを懸念する声もあります。

カーネギー清華世界政策センターマイケル・ペティス非主任研究員は、ツイッターで次のように述べている。

「これは、債務超過リスクの高まりが金融苦境コストを引き起こし、それが債務超過リスクを高めるという自己強化型の力学の一部です。規制当局が介入して、債務超過リスクに全面的に対処しない限り、状況は悪化する一方だろう」と述べています。

マイケル・ペティス氏

Photo 出典元

ベテランの新興市場危機ウォッチャーの中には、このトラブルはまだ続くと考えている人もいます。

EM債に特化したヘッジファンド、グレイロック・キャピタルハンス・ヒュームズ氏は、「この巻き戻しは、まだ本当の意味で始まっていない」と述べています。

ハンス・ヒュームズ氏

Photo 出典元

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です