Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「西側は一線を越えた:ロシアが出動態勢に入る」

写真は、ウクライナでの特別軍事作戦地帯にあるロシア空軍の野戦飛行場でのロシア軍人の様子©RIA Novostiフォトバンク

Photo 出典元

日本時間9月21日19:11 RIAノーボスチ
by レナト・アブドゥリン(Renat Abdullin) & ミハイル・カトコフ V(Mikhail Katkov. V)

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に紹介しています。

「西側は一線を越えた:ロシアが出動態勢に入る」

日本語:WAU

9月21日、ウラジーミル・プーチン大統領は、国防省の部分的出動案を支持した。

プーチンによると、モスクワは、西側の集団的脅威に直面した場合、あらゆる手段で主権を守る用意があるという。

RIAノーボスチが、ロシアの大統領が掲げた主要なタスクについて報じた。

■動員令

プーチンによると、動員されるのは予備役と、とりわけ軍隊に所属し、軍事的な専門性を持っている者たちだけだという。

特殊作戦の特殊性を考慮し、全員が必ず事前訓練を受ける。


写真は、プーチン大統領、部分動員を発表の様子© RIA Novosti

Photo 出典元

動員された者の金銭的手当は、契約軍人のものと同じになる。

軍産複合体の従業員については、動員を猶予されることが想定されている。

大統領によると、企業の物質的、資源的、財政的支援に関するすべての問題は、政府によって遅滞なく解決されるべきであるという。

動員活動は9月21日に開始される。

軍人が既に締結した契約は、部分的な動員期間が終了するまで有効である。

解雇の根拠は、年齢、健康状態、実刑判決のみとする。

■反ロシアの橋頭堡(きょうとうほ)

ロシアがより積極的に行動する理由について、大統領は再びウクライナ政権の交渉拒否に言及した。

さらに、ウクライナ当局の背後には、欧米の集団が存在している。

「今日初めて公の場で申し上げたいことは、イスタンブールでの会談を含め、特別軍事作戦の開始後すでに、ウクライナ政府の代表は我々の提案に非常に前向きな反応を示していたということ。そして、これらの提案は主にロシアの安全保障、私たちの利益に関わるものでした。しかし、平和的な解答が西側諸国の意にそぐわないことは明らかだった」

とプーチンは述べ、西側の仲介者は、ウクライナ政府に、ロシア領土に敵対行為を移動するよう直接命令を下したと言う。

「彼らは(西側諸国は)コーカサスの国際テロ組織を奨励し、NATOの攻撃的なインフラを我々の国境の近くに押しやった」

とプーチンは回想した。

「彼らは、数十年にわたり、主にウクライナでロシアに対する憎悪を意図的に醸成し、反ロシアの橋頭堡(きょうとうほ)の運命を準備し、ウクライナ人自身を大砲の餌食にするなど、完全なロシア恐怖症を彼らの武器としたのである」

プーチン大統領は、

「西側諸国は反ロシア政策においてあらゆる一線を越えている」

と指摘した。

また、頻発する原爆攻撃の脅威も指摘した。

「核兵器で我々を脅迫しようとしている者たちは、風向きが変わることを知るべきだ。ロシアは敵対的な動きに対応する十分な技術的手段を持っており、ある要素ではNATO諸国を上回り、主権を守るためにそれらをすべて使用する用意があることを、攻撃者は忘れてはならない」

と国家元首は付け加えた。

また、

「これはハッタリではない」

と大統領は強調した。

「今日、わが軍は、すでに述べたように、1000キロを超える接触線上で活動しており、ネオナチの組織だけでなく、実際には西側集団の全軍事機構と対峙している」

とプーチンは明言し、

「処刑人に引き渡されるようなことはない」

と述べた。

もう一つの重要な話題は、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポリージャ、ヘルソンの各州で9月23日から27日にかけて予定されている住民投票についてである。

ロシアはそれぞれの地域から支援を要請され、ロシア政府はこれらの地域の住民の意思を実現するためにあらゆる手段を講じるだろう。

ルガンスク人民共和国からはネオナチが完全に排除されたとプーチンは断言したが、一方でドネツクでは戦闘が続いている。

しかし、ロシアはすべての住民投票の結果を受け入れるだろう。

ザポリツィヤ州、ケルソン州、ルガンスク、ドネツクでは、ネオナチが掌握した領域で行っている残虐行為を今も見ているのである。

「バンデラやナチの懲罰者の後継者たちは、平和な市民を拷問し、投獄し、虐殺ししているのだ。私たちは、愛する人を死刑執行人の拷問に渡すことはできないし、道徳的に許されない。自分たちの運命を自分で決めたいという彼らの切なる願いに応えるしかない」

「世界征服を企む者、祖国を解体し奴隷にすると脅す者を阻止するのは、我々の歴史的伝統であり、我々の民族の宿命である。我々は今、それを実行に移す。そして、そうするのです。皆さんの支持を信じます」

と国家元首は締めくくった。

以上。

WAUメディアからのコメント:ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語訳について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。