フォックス・ニュース

FOX NEWS「モデルナ社の分析:昨年ワクチンを接種した人はコロナに感染する確率が2倍高い!」

写真は、「セントルークス病院では自然免疫を持つ従業員がコロナワクチンを拒否できるようにします」と言う、ジェフリー・ジャーレ博士が「フォックス&フレンド」に番組に出演し、病院がこの決定を下した理由を説明し、病院は科学に従っていると語っています。
Photo 出典元

米国時間9月16日FOX NEWS
by カイル・モリス
Kyle Morris
Fox News政治担当

Photo 出典元

日本語解説:WAU

モデルナ社の分析:昨年ワクチンを接種した人はコロナに感染する確率が2倍高い!

Moderna analysis: Those vaccinated last year twice more likely to contract COVID-19

モデルナ社の調査によると、後にワクチンを接種した人は画期的な症例が少なかったとのこと

記事によると、モデルナ社は、同社のコロナ9ワクチンが「懸念される亜種」による重篤な健康被害や死亡を予防する効果があることを示唆する一連のデータを発表しましたが、その効果は時間の経過とともに低下し、昨年ワクチンを接種した人はコロナウイルス疾患の画期的な症例に感染する可能性が2倍高くなることを認めています。

今週水曜日にモデルナ社が発表したデータによると、「昨年接種した人(初回接種から13ヶ月後の中央値)よりも、最近接種した参加者(初回接種から8ヶ月後の中央値)の方がブレイクスルー感染のリスクが低いという研究結果が出ている」とのことです。

夏に行われたモデルナ社の試験(フェーズ3 COVE試験)では、「コロナの画期的な症例は、昨年接種したグループの162例(1000人/年あたり77.1例)に対し、最近接種したグループで88例(1000人/年あたり49.0例)発生した」ことが明らかになりました。

両方のグループで、「重篤な症例は19例しか観察されなかった」とモデルナ社は強調しています。一方で、「最近に接種したグループでは、重症患者の割合が低いという数値的な傾向が見られた」としています。

モデナ社は、症例数が十分に少なく、その傾向は 「有意ではない」と主張しています。

今回の調査では、早い時期にワクチンを接種した人は、遅い時期に接種した人に比べて、7月と8月の間に症状の出るブレイクスルー症例の割合が50%も高いことがわかりました。

このデータとともに発表された声明の中で、モデナ社のCEOであるステファン・バンセル氏は、このデータが「ブースター」接種の必要性を裏付けるものであると主張しました。

ステファン・バンセル氏

Photo 出典元

バンセル氏は、未発表の解析結果について、「モデナ社コロナワクチンの有効性に関するデータが増えている中で、臨床的・現実的な証拠が追加されたことは喜ばしいことです。昨年接種したワクチン試験参加者では、最近に比べてブレイクスルー感染のリスクが増加したことは、免疫力の低下の影響を示しており、高レベルの防御を維持するためのブースターの必要性を裏付けています」と述べています。

また、モデルナ社は、既存のワクチンの2分の1の量となる3回目のブースター注射の承認を米国食品医薬品局に申請しています。

一方、セントルークス病院の、ジェフリー・ジャーレ博士は、「自然免疫を持つ従業員がコロナワクチンを拒否できるようにします」と宣言しています。

ジェフリー・ジャーレ博士

Photo 出典元

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です